犬と銀

こんにちは!スコットランドからです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

   音楽会 & 上映会 PartⅡ       
イメージ 5
 
またまたエディンバラ教会でのミュージック・コンサートに呼んで頂き、今回は何と!
ゲスト・ミュージシャンが私一人だけということで、
独占状態で演奏してきました。
 
「また聴きたい!」と私を選んで下さった方々の期待にお応えして、
みっちり練習を積んで臨みたいところでしたが、
依頼されたのが月曜日の夕方、演奏会は土曜日のお昼、
と1週間を切っていました。
「前回とは違うミュージシャンを探していたけれど承諾をもらえず全滅、
なら同じミュージシャンで、ということでこんなに日が迫ってしまった」そうです。
 
私もピアノの生徒たちやヴァイオリニスト
1曲だけでも!声をかけてみましたが、
こちらも空しく全滅。
 
結局、私が一人で4曲演奏することになりました。
観客を厭きさせず、イベントに適した選曲を、と依頼者さんが吟味して下さり、
 
1曲目は、国際的に旋律が知られている坂本龍一さんの
戦場のメリークリスマス
を青山しおりさん編曲のジャズ・バージョンで。
 
2曲目は、前回に引き続きクロード・ドヴィッシー、
彼が愛娘の為に作曲した『子供の領分』から、
私の大好きな『雪は踊っている』を。
 
3曲目は、地球の美しさと私たちへの警告を詠う谷山浩子さんの
ほうき星の歌』を弾き語りで。
依頼者さんからのメールの引用ですが、
これは‘人間への空から、水から、自然からのメッセージ’であると。
 
そして4曲目は、この『ほうき星の歌』を検索して谷山浩子さんを知った、
と仰る依頼者さんのリクエストで浮上した
テルーの唄』の弾き語り。
またまた依頼者さんの言葉をお借りすると、
‘心に大きな穴を抱えたかもしれない多くの震災を経験した人々の心に重なる’
とのことで、
 
これら4曲に決まりました。それが水曜日の夜でした。
 
でも頑張って練習に励みました。
そしてイベントの前日、メールを確認してみると、
日本語合唱団のピアニストが新しい曲を伴奏できないと言ってきた〜!
今、ソプラノの子が引き受けて練習しているけど、
やっぱり駄目だ〜、ピアノ伴奏を1曲、お願いしてもいいですか?!
といった経緯で、
追加曲『世界に一つだけの花』の楽譜が準備できたのは、金曜日の夕方5時。
しかも7時にピアノの生徒がレッスンにやって来る・・・。
 
そんなこんなの綱渡りコンサートでしたが、無事に5曲、演奏を終えました。
前回より大きなホールだったので、マイクまで設置して頂き、少し緊張しましたが、
観客たちも満足顔で喜んで下さり、沢山の方からお礼を言われました。
 
イベントの詳細は、スコットランド日本会館をご覧下さい。
海外のサイトなので、私の顔写真もバッチリ載っています。
 
ドキュメンタリー『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』も
今回は無事に上映されました。
より多くの方に観て頂きたいので、
久しぶりに映画のレビューも投稿してみました。
 
この日(27日)は眩しいほどの快晴で、大勢の観客が集まり、
340.58ポンドの寄付金が寄せられました。
上映できなかった大雪前回は、寄付金が47.80ポンドでした。 
 
今回は、エディンバラ日本語教会の牧師さんご夫妻(韓国の方々です)が
日本と韓国のお料理やデザートを全て手作りで担当して下さり、
これが本当に豪華でした!!!
 
いなり寿司やおでんは久々に、チャプチェなるものは初めて食べました。
そこに玄米茶とごぼう茶が用意されているのも嬉しい組み合わせ。
 
又、お茶の時間はケーキ屋さんにいるような色取り取りの種類が並び、
どれも綺麗で美味しくて、皆の会話が弾みました。
弾みすぎて、会場を借りている時間を押してしまったようですが。
 
今回は子供さんもいらっしゃって、小さな男の子Mくんが抹茶味のマカロンを
ちょっとずつ齧っているのが可愛かったです。
 
帰り際、ある老紳士から
「亡き妻のグランドピアノを弾きに、邸宅までお越し頂けないか」
と申し出を受けました。
妻に先立たれて以来、空っぽの家で、誰も弾かないピアノを眺めながら
一人で寂しく暮らしている、
来てくれるのなら調律もしておくし、ヨーキーとトイプーも連れておいで、と。
 
主人が帰宅したら、犬たちも連れてお伺いさせてもらうことにしました。
それまでに、フランツ・リストの『愛の夢』を弾き込んでおこうと思います。
今、一緒に練習しているチェコ人のヴァイオリニストにも話をして、
いつか彼も一緒に連れて行けたら、もっと喜んで下さるかも、とも考えています。
 
さて、犬ちゃんは今月、2度に亘る痛々しい目の手術を経て、
見事、完治いたしました!
1週間、片方が白目(充血してくると赤目)で視界も片目だったのですが、
すっかり治ってこの通りです!
イメージ 2
 
医者要らずの銀ちゃんも一応、載せておきます。
イメージ 1
 
5月11日のお誕生日には、この回復を兼ねて、
美味しい(かどうか定かではないけれど、普段のより高価な)ドッグフードで、
イメージ 3お祝いしてあげようと思っています。イメージ 4
 
 
イメージ 6  
 
 
 

3月11日を記憶に

イメージ 4
 
イメージ 3
イメージ 2  教会のホールでピアノを弾いてきました
 
 
昨日、エディンバラの教会で開催された『3月11日を記憶に』に参加してきました。
日本語合唱団の歌と映画『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』を鑑賞する企画です。
 
その余興として私もゲスト・ミュージシャンに加えて頂いたので、中島みゆきさんの『泣かないでアマテラス』をピアノ弾き語りで、続けてドヴィッシーの『月の光』を演奏しました。
 
残念ながら、映画の方は作動不良で上映できなかったのですが、ちょっとした音楽会のようで楽しかったです。
『泣かないでアマテラス』が気に入ったという中国人のピアニストと仲良くなったり、『月の光』を褒めてくれたチェコ人のヴァイオリニストからピアノ伴奏を依頼されたり、主人も日本人のバグパイパーと交流できたので、なかなか有意義な一日でした。外は大雪でしたが。
 
皆で持ち寄った手作りのクッキー、菓子パン、各種ケーキも美味しかったです。私は巻き寿司を持って行ったのでちょっと浮いていましたが、携帯で写真を撮っている人たちも結構いて、大皿2枚分があっという間に空っぽになりました。中でも盛り付けの隙間を埋める為に作り足した赤ちゃんパンダおにぎり(鮭入り)が人気で、若い女の子たちよりも大人の男性(スペイン人かな?)が「このパンダ見て!」とはしゃいでいたのが可笑しかったです。
 
♬ 次回に備えて又、ピアノの練習に励みたいと思います。 
 
 
イメージ 1
 
 
ビーズマニアさんで購入したキットです。
特小ビーズがあちらこちらで大活躍する作品で、きっちり編み込んでいくと、
コジカの細かい部分やボディラインが綺麗に整います。
ピアノの方は、鍵盤の辺りがちょっと大変で、難しい訳ではないのですが、
隙間なく並んだビーズの間にテグスを通していく際、ピアノ本体が歪みそうで苦心しました。
レシピに何箇所か疑問点があって、ここはこうじゃないですか?とメールで問い合わせてみたところ、
早急にデザイナーさんに確認を取って、訂正レシピを送信して下さいました。
この1作目はクリスマスのプレゼントとして友達にあげることにしたので、
自分用にまた1セット購入する予定です。
イメージ 1
 
ついでに、最近せっせと作り続けていた白雪姫と7人のこびとたちも撮影してみました。
イメージ 3
 
白雪姫を含め、帽子、服、ズボンに使用したビーズは、全て色を変えました。
6種類の茶色、6種類の青、4種類の黄色、3種類の黄緑、という具合に。
肌の色も5種類、髭は大・中・小と3種類あります。帽子も尖がったのと垂れたのが混じっています。
しかも、こびとさんたち一人ずつにそれぞれ特徴があって、
ディズニー好きの主人に現物で試してみたところ、見事、全員正解でした。
虫眼鏡持参で、英語名での解答ですが。
イメージ 4
 
この写真の方が分かりやすいので、こちらで紹介していきますね。
他の皆より赤ら顔で、服まで赤いのが‘おこりんぼ’。
半袖で眼鏡をかけているのが‘せんせい’。眼鏡はワイヤーを丸めて作りました。
細長で髭なし、耳が大きいのが‘おとぼけ’。ズボンは密かに水色です。
鼻だけちょっとピンクなのが、いつもくしゃみばかりしている、名前もそのままの‘くしゃみ’。
目が半分しか開いていなくて、眠そうな顔をしているのが‘ねぼすけ’。瞼には特小を加えました。
ほっぺがうっすら染まっているのが、恥ずかしがりやの‘てれすけ’。
茶色のベストを着ているので、一人だけ身頃と袖の色が違うのが‘ごきげん’。
愉快な仲間たちが揃いました。
イメージ 2
 
実はこの通り、2セットを一気に編み上げていきました。
こちらも1作目は叔母にあげる約束をしているので、
今後また作る時の為のサンプル(保管)用にと、全く同じ色でもう1セット作りました。
さすがに肩が凝りましたね。
白雪姫も、購入したレシピは靴がサファイヤ色だったので、その通りに作ってみたのですが、
アニメ画像を検索してみると、黄色い靴を履いていたので、首から下を編み直しました。
スカートの裾に使っていたシトリン色を靴に使って、スカートはイエローマットで仕上げました。
イメージ 5
 
‘おこりんぼ’がサンタクロースみたいだったので、サンタさんにも挑戦してみました。
7人のこびともこちらのサンタクロースも全長2.2cm、100円玉の直径ぐらいのサイズです。
白い眉毛や帽子の縁(耳から首にかけてのライン)、
服の裾やズボンの裾も、白にしてみたり赤に戻してみたりと、
5回ぐらい試行錯誤の編み直しの末、この2作品が納得のいく出来となりました。
分かりにくいと思いますが、眉と髭は光沢のある白で、衣服の白とは違う色です。
この二人のサンタクロース、どこが違うか気付きましたか?
イメージ 6
 
後ろから見ると分かりやすいですね。そう、袖口の色です。
ビーズアンドパーツさんで、真鍮古美色の鹿を買ったので(実家に配送なので、まだ見ていないのですが)、
帰国したら、このサンタさんと一緒に付けて、携帯ストラップにしてみようと思っています。
イメージ 7
 
白雪姫と7人のこびとは、〜uraraのびーずくらふと〜さんでレシピや完成品が購入できます。
uraraさんのレシピで作った作品を最後にもう一つ。
星の王子さまです。2箇所ほど、自分の好みで(本の挿絵に合わせて)変更しましたが、
オリジナルはもっとゴージャスで、マントにもかなり広がりがありました。
イメージ 8
 
まだまだ写真撮影が出来ていないビーズ作品が多々あるので、少しずつ掲載していきたいと思っています。
が、スコットランドは太陽の出る日や時間がこの季節から滅多になくて、
撮影日和に私の手が空いているという条件がなかなか・・・。ま、ぼちぼち頑張ってみます。
 
わんこビーズさんのレシピで作った作品、この機会に全て掲載しておこうと思います。
 
まずはF1、カッコイイでしょ。裏側もこんな感じで、ミニカーみたいです。
イメージ 1
 
こちらはテニスラケットと竹刀。部活シリーズですね。
これからサッカーボールや野球バット、楽器などが増えていくことでしょう。
イメージ 9
 
だるまさんもまん丸で可愛いです。
そして、干支の動物も紹介されています。最初はねずみ。
イメージ 13
 
ねずみは猫と同じく2種類あって、こんな立ちポーズも作れます。
イメージ 14
 
お次は牛さん。後ろに並ぶのはアイスクリーム、これが美味しいのは牛乳のおかげです。
オレンジ・レモン、ストロベリー・ヨーグルト、チョコ・ミントにしてみました。
ホルダーは業務用クリップをペンチでくりくり巻いて作ったもの。めっちゃ指が痛かったです。
イメージ 15
 
これは猫のレシピで強引に作った虎の赤ちゃん・・・のつもりですが、やっぱり黄色いトラ猫でしかないですね。
他にもフクロウ、イルカ、セキセイインコ、カピバラが作れます。
小さくてよく見えないと思いますが、インコの鼻のところ、白い特小ビーズが2つ並んでいます。
カピバラの耳もビーズ一つで表現されていて、写真ではうまく伝わりませんが、実物は本当に愛らしいんです。
イメージ 16
 
こちらが、寅として紹介されている凛々しい虎。そして、うさぎ。
雪うさぎに続き、耳が一部ピンクで口元とお腹が白い子と、口元としっぽがパールの子も作ってみました。
このうさぎ、完全立ち(雪うさぎ)と中間立ち(その他のうさぎ)が出来るんです。
母の日のカーネーションも一緒に添えてみました。
イメージ 23
 
うさぎの白パールしっぽもなかなか似合っています。
イメージ 20
 
さて、龍です。これより小さなちび龍というのもいて、レシピ公開は2月の予定。
でもこの龍自体が結構ちびで顔も幼げなので、
手のひらに乗せていると、この小ささで親龍なのか、と不思議になります。
イメージ 17
 
先日、ちび龍のレシピもメールで頂いたので、早速 作って仲間入り。
子 丑 寅 卯 辰 巳 と並べてみました。 
イメージ 24
 
因みにこれ、毛虫でもガチャピンでもありません。
ちび龍を正面から見たところです。この手足が何とも愛らしく、生まれたての赤ん坊みたいですよね。
親子での撮影は新年のお楽しみに。その頃には、色違いのおちびちゃんが増えているかもです。
イメージ 25
 
ここからは季節もの。
ですが、これは私が勝手に色を変えて作った節分のお面。ハロウィンのコウモリのレシピで作りました。
赤鬼、青鬼に扮しているのは誰と誰でしょう?
イメージ 18
答え:フクロウとカピバラ
 
こちら、まめわんのお雛様。すごく小さいです。
雪洞や屏風は、TOHOさんのひな祭りキットに付いていたもの。
イメージ 21
 
TOHOさんの‘ゆめおひな’です。 
イメージ 22
 
兜は前々回の記事に載せましたが、ちゃんと写っていなかったので、もう一度。
柏餅が一つ足りないので、団子で我慢してねー。
イメージ 19
 
梅雨のアイテム、紫陽花とカタツムリ。
イメージ 2
 
ウェディングドレスのヨーキーも紹介されていたので、ヨーキーの結婚式も撮ってみました。
新郎はネクタイもしているのですが、分かりますでしょうか?
イメージ 3
 
結婚祝いはこんなに大きな骨。まぁ、どうしましょう。
しっぽは作らないというレシピだったのですが、
しっぽを通す穴がある犬用のウェディングドレスとタキシードということで。
新婦はリボンの位置にパール、頭にクリスタルのベール、
真っ白いドレスにも、肩から一周、シースルー素材としてホワイトオパールを配しました。
イメージ 4
 
ハロウィンのかぼちゃ、お化け、コウモリ。このお化けがまたキュート!裾がチョロンとしっぽのようです。
イメージ 5
 
そして音符。作りましたよ、いろんな色で。いっぱい要るので丸小ビーズにしました。
まだまだ作って、ピアノの部屋のクリスマスツリーにも飾ろうと思っています。
この丸小は、日本のホームセンターで売っていた怪しいビーズ(右下3つ)、スコットランドの文具店で見つけた奇抜なビーズ(左4つ)ですが、やっぱりTOHOさんやMIYUKIさんのビーズ(右上3つ)が一番、粒が揃っていて作り易いですね。安物のビーズよりも小さいけれど、変なビーズを避ける手間がかからない分、早く仕上がります。
イメージ 6
 
中心にいるのは、ピアニカでガーシュウィンを弾く有名なマングース(わんこビーズさんの作品ではありせん)。
このマングースはレシピを購入したのですが、頭部の配色やTピンの使い方などをかなり変更、中でもピアニカが全くそれらしくなかったので、竹ビーズやワイヤーを使って自分で考案しました。
レシピも一から書き直した自分用なので、
テグスを通すビーズを‘ラの白鍵、ソの白鍵、ファ♯の黒鍵’などと説明しています。
イメージ 7
 
しっぽが太いので、一人で立てるんです。
これは2作目で、1作目はストラップにして、ピアノとコントラバスをやっている義妹にプレゼントしました。イメージ 8
 
指は特小ビーズで、ラプソディ・イン・ブルーの出だし、ファとソの長〜いトリルを奏でているところ。
ですが、鍵盤が少なすぎて、それしか出来ない可哀想なマングース。
それでも私の自信&自慢作です。
イメージ 10
 
                                                     イメージ 11イメージ 12

 わんこビーズさんから、プレゼントを頂きました 

と言っても、私は海外在住なので、母へのプレゼントとして、日本の実家に贈ってもらいました。
下の写真は私が作ったものですが、これだけある中から、好きな犬種を選んで下さいとのこと。
レシピ公開が中止された犬種もあり、この他にもまだまだ色んなワンちゃんがいました。
 
さて、皆さんなら、どの子をお家に迎えますか?
 
私は悩みすぎて決定できず、結局は主人に選んでもらいました。
私の母と主人は、好みのセンスが同じなんです。
 
イメージ 1
 
トムの選択はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、下から2列目、右から3番目の子です。
わんこビーズさんのサイトではもうちょっと優しい色目、このまめわんの完成品を頂きました。
現物は手元にないので写真は撮れませんが、電話の向こうで、母は大喜びしていました。
 
「可愛らしい(かいらしい)、ホンマに可愛らしいビーズの犬やで」と。
「よう、こんな可愛いに作りはること!」
「娘さんからのプレゼントやて手紙で説明してくれてはるけど、この人、男の人みたいやで!!」
「男の人が作りはったん?!!!」
 などなど、かなり感心して驚いておりました。
 
「なんか付属品があってよう分からんけど、犬だけ大事に飾ってんねん。
部品もちゃんと保管しとくから、帰って来たら、アンタ 見て作りぃな」
 
部品て・・・。
取り外しが可能な首輪のストラップ付きと書いてあったので、多分 そのことだと思います。
作るものではなくて、まめわんに着けるものではないかと。
ま、それを見て、同じものを自分でも作れるかどうか、これが帰国時の楽しみとなりました。
 
わんこビーズさん、この度は、愛らしいワンちゃんを有難うございました。
 
イメージ 4 
 
わんこビーズさんでは、まめわんよりも大きいわんこのレシピも公開されています。
こちらは、わんことまめわんペアでの集合写真。
 
イメージ 2
 
 
イメージ 5
 
そして、私の最近のお気に入りは、この8部音符。
結構 大きくて、お稽古バッグのアクセサリーにぴったりなので、
いろんな色でたくさん作って、生徒たちに配ってあげようと思っています。
  
イメージ 3
 
♪に添えたのは、ショートヘアの犬ちゃんと銀ちゃん。
前回も何枚か撮ったのですが、どれもピントが合っていなくて、ブログ掲載を断念。
ビーズの作品は本当に小さいので、撮影が一苦労です。
 
 
イメージ 7
 
実は、この記事を書く前に、母へ頂いたプレゼントを一目、拝見できないものかと、
PCでのビデオ通話を試みようと思いました。
母は、何ヶ月か前にやっと部屋にPCを置いてくれて、
メールやビデオ通話ができるよう、弟が全てセッティングしてくれました。
弟の話では、母に電話でコンピューターの電源を入れるように伝えて、数分間 待っていればよいとのこと。
 
ちょっと前の話ですが、私も早速、試してみました。
見事、繋がりました。きちんと通話ができます。
が、ビデオが映らない・・・。
私と犬たちは見えている、と母。
でも、私は母の姿が見えない。
あれこれクリックやなんやと指示して、どうしてもビデオ通話ができないので、
また弟が帰省した時にでもみてもらおう、と諦めかけた時、なにやらごそごそと画像が動いたような気が・・・!
 
母、鏡台のように、PCにカバーを被せていたのです。
「あ、このカバー?とったろかぁ?」
「うん、それがカメラのレンズを覆ってる筈」と私。
 
そんなこんなで、ようやく何か映りました。
が、お化け探知機みたいな画面で、殆ど黒、グレー、ところどころ青っぽい影。
なーんとなく、これが母かな?と胎児の映像を解するように、ざらざらの白い動きを追う私。
 
「ひっどいカメラやなぁ。どこの安モンや?色が全然 出てへんし」と言うと、
「あ、電気、点けたろか?」
「え?!部屋、真っ暗なん?!!!」
 
点灯後、普通にビデオ通話ができました。
疲れました。
 
なので今回も、ちょっと躊躇。まめわんやその‘部品’がちゃんと見れるかどうか、
母を相手に長い道のりになりそうなので、母の感想のみで、ご報告させて頂きました。
 
わんこビーズさんのサイトはこちらになります。
 
ビーズが作れない方も、完成品を注文することができます。
(チャッピーパパさん、パピヨンも作ってみましたが、めちゃくちゃ可愛いですよ!
蝶のような耳がリアルで、出来上がった時、思わず「チャッピーちゃん♡」と声をかけてしまいました)。
 
イメージ 6

全18ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事