40代からの大型二輪 〜成長しない自虐ブログ〜

ただいまレストアちう...と言うにはほったらかし過ぎだな>刀
先月のこと、

携帯キャリアを、ソフトバンクからsimフリーのMVNOへ乗り換えまして、
知り合いの方々にメアド変更の連絡をしたところ、
意外や結構な反響で、皆さん如何にMVNOに興味をお持ちかと、改めて認識した次第です。
まだ、普及率は15%くらいらしいけど、すぐに5割を超えるのでは、と言う見方も有るそうだけど本当でしょうか。

MVNOのブログ記事のご要望も有ったので、余程そちらのネタにしようかとも思ったけど、、、
ここは前回のネタ振りどおり、当ブログの看板、中華の自虐ネタで御座います。

---------

中華猿のEG交換をしたのが2月15日。
その翌週にセルモーターのリレー配線を済ませ、セルの恩恵に預かる筈だったのが、、、

新品バッテリーとは言え流石に中華製。
と言うか、選択したバッテリーが若干容量不足だった様で、
真冬の朝のコールドスタートだと、

 キュルッ・・・ で終わり。^^;

まぁ、キックスタートしてエンジン温まれば、
その後はセルでも一発スタートするんだけど、
それって何の意味あるの? な訳です。

てな訳で、折角セル付に成ったのに、
翌日の通勤から、バッテリー温存のため、極力セルは使わない方針に。。。

この頃は、通勤の足さえ確保出来ればいいや的な感覚で、
暇に成りそうなGWまで課題先送りな気持ちでした。


そんなこんなで、やがて3月に。
自賠責保険の更新月です。

これまで更新の度に、「こんなに長く中華に乗る事になるなら、保険も長期にして置くべきだった」
と毎度の後悔が教訓と成り、迷った挙句折角エンジンも新品に成った事なので、

10年目にして、今更の5年更新。

イメージ 1

本当に、この先5年も乗るのだろうか。  ・・・中華猿。

平成32年って言えば、東京オリンピックの年ですね。

1964年の東京オリンピックの時、まだ2歳半でした。
我が家では、その頃初めて白黒テレビを買ったとか。
「まだ生れて無いよー」ってコメントは不要です。^^;



5年更新なんかするものだから、途端に事が起こります。
忙しい時に限って、悪いことは重なるもんです。
まさに、3月の繁忙期の事でした。


それまで何とな〜く動きの渋かったハンドルが、
重力だけでは操舵してくれなくったり、成らなかったりを経て
とうとう、力入れないと切れなくなっちゃった。

直線は何とか走れても、右左折は恐怖しかない。
それがたまたま土曜日だったので、その日は仕事を早めに切り上げて、
時速20km/hのノロノロ運転で家までたどり着き、
帰宅後、暗い中でストックパーツを探し出して、バラシ作業を開始。

翌、日曜の早朝

明るい所で、ステアリングステム一式にご対面。

イメージ 2

これ、中華猿で鎖骨骨折事故をやらかした時に、
ストックパーツを兼ねて購入したフロント周り一式のうちの一部で、勿論新品です。

中華10年目にしてやっと出番に成りました。
自賠責を5年更新したのも
こういうストックパーツを使い切ろうと言う潜在意識からかも。


して、トップブリッジの下からは、期待どおりの光景が。

イメージ 3

ステムベアリング破損でした。

イメージ 6

下側のベアリングは、まだ無事だけど、グリスはほぼ枯渇状態。

イメージ 4

丸9年間、一度もグリスアップした覚えがないので当然と言えば当然ですが。。。

イメージ 7

カラーは無事だったので、そのまま使います。

イメージ 5

新品パーツが有るので、本来なら交換するんでしょうけど、
プーラー持ってないし、ここに時間掛けてたら仕事行けないし。

アッシー交換なので、アンダーステムのバラしや打ち込みも無いので助かります。
そんな事してたら、オイラの腕じゃ多分一日じゃ終らない。

ストックパーツ様様です。


ここまで来たら、後は組み立てるだけなのだけど。。。
いつもの事でアレやコレやと手戻りしながら

イメージ 8

イメージ 9


何とか完成。


フロント周りが、ふらっふらに成りました。
ステダン欲しい位。


という事で、午後3時ころから出勤しましたとさ。

めでたしメデタシ??


で、終われば良かったんだけど、
悪いことは、重なるんです。


次のトラブルは、その数日後に起こりました。


次回へ続く。

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

お久しぶりです。

ここ一年余りの超多忙期で、3月のピーク時は毎週土日出勤で、
あれ?そういえば最後に仕事休んだのって何時だっけ? 
な辛い辛い日々を送っていたkanarieです、こんにちは。

そんな状態も、この4月でやっと終息し、GWの終り頃から少しづつブログ徘徊を再開してます。
他のSNS系は相変わらず放置ですが、そっちはこれからも放置でしょう(笑)
何のメールも飛んで来ないこのブログが、一番性に合ってる気がします。

徘徊して思ったのは、
同じ頃にヤフーブログを始めた何人かのブロガーさんが、
10周年の記念記事をあげて居て、
そんな時にもブログ休止中だった、この中途半端さが如何にも自分らしいと思った次第です。

都合1年半(骨折後半年+今回一年)もお休みしてたので、
10周年と言えないんですけどね。アタシの場合。


私生活でも、
地元のインテリア会社にWEBデザイナー(何ていうとカッコイイけど、ただの使いッ走りです)として
2年務めた長女が、4月から東京の某ゲーム開発会社へ念願の転職を叶えて引っ越してしまったり。

大学受験で、東京の志望校を目指してしいた次女が、
センター試験の点数が足りなくて第一志望を諦めて、幸か不幸か県内の4大に合格したので、
心配していた教育費が半分で済んでくれる事になってほっと胸を撫で下ろしたり。

5月から誰も住む人が居なくなる実家を処分するかどうするかとか。
去年から飼い出した猫が、とてつもなく凶暴だったりとか。

兎に角、激動の一年でした。



そんなこんなで、今年は割と長めのGWだったんですが、
今回ばかりは、兎に角骨休めがしたかったのと、
良く言われる「どこへ行っても混むだけだから〜」を言い訳に。
旅行などのお出かけ計画は一切無しでした。

それまで多忙を言い訳に、溜めてた家事や、車や、バイクの保全をこなしつつ、
残った時間は、最近バイクよりも入れ込んできた、新たな趣味の方に注がれていました。

そんな感じで、やりたい事だらけで一日24時間ではとても足りないここ最近ですが、
節目良く、先日母親の一周忌も終えて、気分的にもやっと落ち着いた気分で
ブログ更新です。




と、GWの出来事から、車・バイク関係のお話を少々。



娘が乗らなくなった軽自動車を、ヤフオクで売り払う予定だったのですが、
よりによって3月末に運転席ドアを電柱に擦ってくれました。

イメージ 2

これじゃ売れても二束三文だし、
何よりこの状態で人手に渡すのが不満。

板金修理を見積もり取ったら12万円って。
軽とは言え、走行キョリ12万km越えの中古車です。

ヤフオクで売っても10万にもなるかどうかという車にそれは無茶。
下取りでもせいぜい3万くらいでしょ。


ってことで、同色のドアから程度の良さ気なのを6000円で落札。

ヤフオク様々です。

イメージ 3

GWの初日はその修理で潰れました。


初めて知ったけど、
フェンダー外さないとフロントドアって外せないんですね。

イメージ 4

イメージ 6

実は、ドアよりフェンダ外す方が面倒だったり。

イメージ 7

塗装し直さないとやっぱり微妙に色が違うのが分かるけど、まぁ許容範囲かと。

イメージ 5


因みに、要らないドアの処分は、市ではお金払っても引き取ってくれないので
近所の金属処理会社へもって行ったら、kg当たり20円で買い取ってくれました。

そのお駄賃は、帰りのミニストップでソフトに化けて一瞬で終わり。^^



結果、\129,000で落札されて、本日京都へ引き取られて行きました。

イメージ 1

現車確認、引取りと、都度お土産まで持参してくれる落札者様は初めてでした。
自分でも、一度もそんな事した事無いけど、
いつもより引き渡しまでのサービスに気合が入ったのは確かです。^^;

今回は良い相手に恵まれましたが、相手は選べませんので、こればかりは運ですね。
過去に一度酷い相手も経験しましたけど、こういう良い取引で未だに付き合いの有る方も居たり、
良いところも多々有るヤフオクです。


実はこの車、2年前に9万で落札された車体ですが、
当時外装ボコボコで板金に10万と、新品タイヤ、
内外装のパーツもスペシャル仕様にグレードアップして貰ったんで、
全く儲かっちゃいませんからぁ。



そして5月に届いた、自動車税の通知書。
 アクア:34,300円  もうエコカー減税無くなった。
 ミラジーノ:7200円 27年度以前登録だからまだ安いのね。売却するけど一応納税済。
 中華猿:1600円   まだまだ乗ります。
 ina刀(不動):0円  ん〜、安い。^^;


ina刀はというと、未だ最後にバイクカバー開けたのいつだっけ、な状況。
 ガソリン腐ってます。
 クラッチオイル抜けてます。
 ブレーキオイルも抜けてます。
  バッテリーだけではセルすら回りません。

レストアするって言ってた頃の、あの意気込みはドコヘ?
モチベーション下がりきってましたが、
最近、ブロ友さんがちょっとやる気を復活してきた帰来も有るし、
自分も何とかしようかな。



それと、GW中、中華猿をちょっと弄りました。
エンジン載せ換えた後も、ご期待どおりに自虐ネタ満載だったので、これはまた別記事で。^_^)♪


この記事に

開く コメント(20)

開く トラックバック(0)

中華復活

中華猿のエンジン壊れてから、
修理できるまで、格安の中古原付スクータでも購入して繋ごうかと考えてたけど、

結局のところ。
中華エンジン買いました。


ヤフオクで中華パーツを探すと、大方MINIMOTO製を選ぶ事になる感じ。

MINIMOTOの箱の中から出てくるのは、中国製の軟なダンボール箱。
何年経っても相変わらずヤワな箱。


「セル始動方式、クラッチレバーなし」

これがエンジン換装に踏み切った動機の一つ
そう、完璧カブ仕様です。
どうせ載せ変えるなら、全く同じじゃつまらないから。


セル付なので、バッテリーも新調。
今回は、激安(\780)は避けて、格安(\2880)の中華バッテリー(12V 3Ah)を同時落札したら、
エンジン梱包に無理やり詰め込んであった。


発砲スチロール割れてるけど、ま 良いか。

しかし、期待もしなかった、配線図が付属とは有り難や。
2008年の配線図らしいけど。。。。殆ど同じでしょ、多分。

結果、2005年製のエンジンと、配線色は全く同じだった。


中華ハーネス(ボディ側)の色を書き込んで見た。
2005年式EGはギボシ接続。2014年式EGは6ピンハウジングに変わってた。
今回は、エンジン側をギボシに付け替えておく


ここまでやって、居間に展示。 ^^)v

定番の中華エンジン、LIFANです。


新品エンジン。
見てるだけで、萌え〜、なんです♪♪


今回は、オイルキャッチもオイルクーラーも省略して、このままで乗る予定。
今まで冬場はいつもオーバークールだったから。


9年前は、中華EGにセル付なんて無かった様な。


クラッチ無しなので、N→1→2→3→4 の逆シフト


オイルは一応入ってました。(そりゃそうだ)
これから300km、50㎞/h縛りの慣らし運転。面倒っクサ〜。


ソファーの隣に置いて。ニマ〜


まぁ、それだけでも新品エンジン買った効果は有り。

最後は、ベッドで一緒に寝る。
のは寒いので止めました。


日曜は、朝からエンジン交換。


先ずは、新旧比較から。


上から見ると良く分かる、幅の違い。


もしかして。遠心クラッチの分だけ分厚い?
だとしたら、クラッチ無エンジンは一次クラッチなのかしら。

このクラッチカバー形状の違いが、ちょっと面倒なことに。



ステップが、クラッチカバーに干渉して装着できません。


エンジン削る訳にも行かず、

ステップ削ります。


ヤベ。ちょっと削りすぎた。。。。

まぁステップ折れても、命に別状は無かったので良しとしよう。
足の置き場にちょっと困った位だったし。

後は、色々組み付けて、
セルは、セルスイッチが別売だったのでまた今度。


オイル潤滑に、何度かやさしくクランキングして、
一発始動の予定が掛かりません。
ちょっと焦ったけど、キャブの組立が間違ってただけでした。




【 試乗の感想 】
・始動性は、前のエンジンの方が良かった感じ。慣らし後に期待。
・逆シフトで混乱。いちいち頭で考えないと間違える。これは乗り手の問題ね。
・遠心クラッチは、初めてなのでインプレ出来ませんが、
 意外とエンジンブレーキが良く効くので、シフトダウンのタイミングを誤ると、エンジンが可哀想。


中華復活のために、最も安易な道の選択だったけど、
色んな意味で楽しめたから良かったかも。

実はこれで、新車からこれまで一度も交換していないパーツは、
 ハンドルと、
 ブレーキペダルと、
 ガソリンタンクと
 ステアリングブリッジと
 フレームの
5点だけに成りました。

あと一年乗れば目標の10年だけど、
そりゃぁ、エンジンまで交換してたら、10年どころか死ぬまでだって乗り続けられるわね。



この記事に

開く コメント(21)

開く トラックバック(0)

近況と、中華ネタ

皆様大変ご無沙汰しております。
お変わり御座いませんでしょうか。

随分長いことサボっていた様な気がする割に、未だ9ヶ月しか経っていませんでした。
それ程しか経っていないのが不思議なくらい、久しぶりな気がしてます。

最後の投稿記事が、「最終駅」だっただけに、このブログもやっと終ったか。
という雰囲気満点の中、訳有って突然の更新です。


                                                                                                                                                                 
本題の前にちょっと、近況など。

 昨年5月の連休明け、つい前日までピンピンしていた母親が突然他界して、
 それ以来、私生活が一変してブログもSNSも途絶えていた訳ですが、
 その2週間後には、XJRを売却しました。
 通常ならヤフオク出品でオークションを楽しむところ、
 いつもの様に赤男爵で査定してもったら、ちょっとゴネタだけでヤフオクの落札相場が出てしまったので、
 その場で即断即決。
 季節がら売却タイミングは良かったみたいです。
 その後聞いた話では、店頭では買い取り価格の1.5倍の値札がついていたらしい。

 一方、既に車検切れのイナ刀は、月イチ程度のエンジン始動で機関維持するも、
 去年の秋口には、何故だかブレーキオイルも、クラッチオイルも干上がってしまい、スッカスカ。
 最後にバイクカバーを開けたのは、もう2か月近く前の事かと思います。
 こうなるともう、カバー開けて見るのが怖い怖い。



そんな訳で、唯一中華猿だけが通勤の足として稼働中、
距離こそ2万チョットと多くは無いが、この2月で満9年を迎えました。
ところが、ここしばらくの多忙にかまけて、メンテナンスはすっかりサボり気味。
少なくとも去年のGW以前からオイル交換をした記憶がない。

湿式クラッチがジャダーを起こすようになって、初めてオイルが足りないのではと気づくお粗末さ。
帰宅後慌ててオイルを補充したところ、
規定量750mlのところに、300mlちょっと入ってしまう始末。
これが、今回の故障の一要因かと思う次第です。

そんな訳で、
1週間程前から、中華猿のキックが空振りするように成る。
しかしキック数回目には、何とか手ごたえが有ってエンジン始動可能な状態で、
エンジンが掛かってしまえば、普通に走れてしまうので、騙し騙し通勤を優先。

しかし、そんな状態で長く持つ筈も無く、
その2日後には、1速走行時にクランクケースから異音が発生する様になり、
その夜、とうとうキックしてもガリガリ音がするだけで圧縮感がまるでなく、
断念してレッカーのお世話になったのでした。


で、今日の夜、クランクケースを開いてみたところの動画がこれ。


これって、メインシャフト折れてるん?


と、いう事で、とうとう通勤用のバイクも無くしてしまったので、
暫くは、電車通勤の日々になりそうです。(ア〜、ヤダヤダ)

誰か、バイク貸してくれへんかな〜?♪


この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

最終駅 ケータイ投稿記事

イメージ 1

明後日から雨予報に成ったので、
予定を2日早めて本日午後2時過ぎから、急遽XJRで出発。

中部道の駅スタンプラリーも、5年がかりで要約完了です。
ここで最終駅となりました。
もう、二度とやらない気がします(笑)

でも、最終駅としては、天然温泉付きで良い巡り合わせだったかも。

さてと、今夜は何処で野宿する?
明日は、どこ行くべ?

この記事に

開く コメント(26)

開く トラックバック(0)

会社の同年の輩が、普通二輪の免許取得に通っている。
という噂を聞きました。
バイク乗りの平均年齢がまた上がりそうです(笑)
 
 
平成26年4月15日、我が家も?とうとう銀婚を迎えました。
四半世紀という月日も、過ぎて見ればあっという間。
年齢だって、あと数年で還暦だし。
 
25年も一緒に居れば、そりゃ夫婦関係存亡の危機だって有りました。
今だから言えるけど、この時なんて結構ヤバイ雰囲気な事も有りましたねぇ(笑)
自分の不徳の致すところです。
 
次女は今年大学受験生、長女は社会人2年生になり、
二人とも「この家に生まれて良かった。」なんて言ってくれるのは嬉しいけれど、
その割に、銀婚式のお祝いは無いな。^^;
そう言うアタシこそ、銀婚どころか結婚記念日すら忘れてて、その日は普通に残業して帰宅(汗)。
後は、ご想像どおりです。
 

結婚した年、思い起こせばなかなか激動の年でして、
 
イメージ 1
懐かしいですね。小渕さん

年の始めに年号が変り、年の瀬にはベルリンの壁も崩壊したり。
 
初めて消費税が導入されたのもこの年の4月。
当時は3%だったけど、それまで消費税が無かったなんて、今ではもう夢のような話です。
 
 
平成景気に踊らされ、消費税導入前に「土地買わなきゃ」って息巻いて、
貯金も無いのに中古住宅を購入したのが間違いの始まり。
2年後にはバブル崩壊。
 
購入時4%だった住宅ローン金利が、あれよあれよと言う間に8%を超え、
月々の返済額では利子すら返せず、
ローン残高がどんどん増えていくという恐ろしい事態に直面する中で、
迎えたのが長女の誕生でした。
 
 


●去る者は追わず
 
それから21年。
収入を得るようになった長女が、去年から一人暮らしをしたいと言い出して、
先週の土曜日に引っ越しをしました。
いや、引っ越した、と言うよりは引越しを始めた?というのが正しいか、今も引越し途中(笑)
何日も掛けて引越し完了するつもりらしい。
 
決めてきたアパートは、家から車で10分程度のご近所で、一人暮らしと言っても目と鼻の先。
いざと成ればいつでも帰ってきて親のスネかじるつもりでしょう。飯事の延長レベルですナ。
 
 
実際、ベッドが組み立てられないとか言って夜の10時に電話してくるし、
それを聞いて、いそいそと応援に駆け付ける親の方も、子離れしてないもいいとこです。
 
とは言え、産まれてこの方ずっと一緒に暮らしていた娘が、
「アパートに帰るね」と言って、夜に家から出て行く姿を見るのは、
成長というより、どこか寂しいものを感じたものでした。
 
 
 
そんな娘の引っ越し祝いに、お掃除ロボットのルンバ760を買ってやりました。
試に使ってみたら、暴れまくってこの始末。^^;
 
 
結構、力強いです。
 
挙句、ローボードの下の隙間に挟まって敢え無くエラー(笑)
 
 
見ている分には面白く、ある程度実用にはなりそうですが、
これが4諭吉とは高いおもちゃです。

 
 
 
●来るモノは拒まず
 
19年間飼ってた猫が腎不全で亡くなってから、早3年。
日々の仕事に疲れ果て、癒しを求めてまた猫を飼おうかと本気で思うようになり、
 
 
3月ころから、自分の携帯の待ち受け画面がこんなのに。^^;
 
 
こんな血統書付のセレブなネコちゃんには縁がないので、
探していたのは、里親募集の雑種です。
 
 
本気で探せば早いもので、
里親募集のボランティアさん?からの、良さ気な猫ちゃんの縁談が見つかったので早々応募。
事前審査を通過したので、先週(4/12土)三重県津市へお見合いに行ってました(笑)
 
お見合いでは。
ネコとの相性や、里親の適性なんかをチェックされ、
なんとか里親として認めて頂けた様で、
その翌週(4/20)にめでたく我が家の一員に、娘の引越しの翌日でした。
 
 
 
トラ白♀雑種、生後2カ月半くらいでしょか。
 
 
ボランティアさんが保護した捨て猫の様で、
数週間?のケアとワクチン接種まで終わったところで里親募集をされていたらしいです。
里親の自宅の確認を兼ねて、三重から態々車で届けて下さいました。
(勿論、交通費やワクチン代はこちら持ち)
 

今日で4日目の朝を迎えましたが、もう、元気いっぱいの、やんちゃ娘で、
「癒しどころか、格闘の日々だ」と、カミサンはボヤいてますが、
来るモノは拒まず、お世話お願いします(笑)。
 

この記事に

開く コメント(34)

開く トラックバック(0)

DUCATI Hyperstrada - 2014

お久しぶりです。
 
iPadを買ってから、益々パソコンの前に座らなくなり、
めっきりブログから遠ざかってるこの頃です。
 
そんな中、先週末に会社のバイク仲間で久々に新車の投入があり、
この週末にお披露目会をするって事で、冷やかしに行って来たので、ブログも久々の更新です。
 

13年発売のニューモデルだけあって、
見れば見るほど楽しいバイクでした。
 


 
2014年3月29日(土)
 
お披露目会の発起人は、さすらいのSさん。
 
 
他人の新車に跨って余りに良い笑顔だったので、オーナーさんより先に、TOP写真に採用です(笑)

その肝心のオーナーさんは、
トライアンフタイガーから乗り換えのJackさん
 
また、この写真の後ろに写ってる、赤いドカと、黄色のR6は、
kobaさんのマイミクさんという事で、アタシはここでお初にお目に掛かります。
初めは何処のどなたかサッパリ分からず、
その後、お昼ご一緒させて頂いて、色々とお話聞かせて頂いたのだけど、
結局お名前もお聞きしなかった様な(汗)
 
 
 

さて、本題です。

DUCATI Hyperstrada - 2014
 

恥ずかしながら不勉強で、このバイクの存在自体を知ったのが、つい先月ころでした(汗)

このブログを書くに当たって、今初めて仕様から調べてる有様で、
何を書いても嘘八百に成りかねないので、写真だけ並べて終わりになりそうです。
 

とは言え、今回このハイパーストラーダを見ていて、
どこかで749R('06式)をフラッシュバックしている自分に気が付くところもあり、
 
SSとモタードを比べるのも変ですが、
少しだけ、そんなエッセンスも加えてみようかと思います。
 
 
 
今回のお披露目会は、ストリートファイター(848?)との2ショットにもなって、
これも良い比較対象でした。

 
 
シートの、赤色ステッチがいい感じ。
DUCATIって、やっぱり美しい。
 

個人的には、ハイパーストラーダに749系のタンクとテールカウルとエンジンを載せたら、
ストリートファイターの出来上がり。的なイメージが有ります。
DUCAってどのモデルもどこかしら似てますよね。
 

重さは、  ストリートファイター(169kg) < ハイパーストラーダ(181kg) < 749R(183.5kg) で
シート高は、ストリートファイター(840mm) > ハイパーストラーダ(810mm) > 749R(780mm) 
パワーは、 749R(120HP) > ストリートファイター(117HP) > ハイパーストラーダ(110HP) だけど大差なし

 
でも跨った印象では、749Rよりもハイパーストラーダの方が、圧倒的にコンパクトで軽く感じたのは、
小さなタンクと高めのハンドルの為でしょうか。とても安心感が有ります。
 
 
最近、この手の口ばし系バイクが増えてきましたが、
全体的なフォルムがかなりスマートなハイパーストラーダは、個人的には好みです。
 
 

こちらは、お隣のストリートファイター
 
 
かなり、ゴージャスにカスタマイズされてて、見ごたえがありますネ。
 
 因みに、749と999、RとSの違いなら直ぐに分かるんだけど、
 これは、848とSのどちらなんでしょう。サッパリ見分けが付きませんでした。
 

このクラッチカバーを見てて、Jackさんにクラッチカバーも何れはオープンに?
なんて、お馬鹿な質問をしてしまった自分が恥ずかしい。
 
 
よく見れば、ハイパーストラーダは湿式でした(汗)
 
ヘタレな自分が、749Rの坂道発進でてこずったジャダーとは無縁の湿式クラッチのドカなのね。
ちょっと興味あり。慣らしが終わったころには、是非試乗させて下さいませ。
 
お陰様で「Testastretta 11°」の刻印の意味も、
今更ながらやっと分かりました。これまでずっと「TestastrettaⅡ」だと思ってたし。^^;
 

6速ギア有るのですが。。。
Jackさんから、60km/h程度だと、3速か4速までしか入らない。って話が聞こえて来ました。

749Rもそんな感じで、高速道路を走っても、6速に入れるには115km/hは必要だった記憶です。
カタログでギアレシオを見てみると、700〜800クラスのドカのエンジンって、
どれも全く同じなんですね。10年前の749Rと比べてもまるで同じ。
有る意味完成されてたという事かしら。
 
ただ、一次減速比×最終減速比は、ハイパーストラーダの方が高いので
その分、低速域では乗りやすいんじゃないでしょうか。
 
 


既に、あちこちプチカスタマイズされてたJackさんのハイパーストラーダ。
その、プチカスタムの一例。
 
先ずは、「窒素入ってます」の証のエアバルブ。
 
 
 
キャップの頭には「N2」と書かれてます。
 
 
倒立サスと、ラジアルマウントのBrenboは、
自称フロントホイルフェチのアタシには、これ溜まりませんネ。
 
フェンダーとタイヤのクリアランスの少なさは、如何にもDUCATIっぽいですが、
カーボンパーツは、少ないですね。
ハイパーストラーダは、フェンダーのカーボン化が定番カスタムになりそうな予感。
 
なおべぇさん、ビジネスチャンスです!(笑)
 
 
他にも、プチカスタム。
 
 
この写真だけで、AELLAが2つ。

 
それにしても、「DUCATI」ってロゴの多いバイクです。
上の写真に1箇所。
 
タンクに3箇所
 
 
グリップにも
 
 
 
クラッチカバーは勿論のこと
ステップにも
 
 
 
その中で、Jackさんの気にしていたのがエンブレムの浮きでした。
 
 
写真じゃ分かりにくいけど、
 
 
前から見ると、Rの付いてる曲面で、Aの文字が僅かに浮きかけて見えますね。
 
押さえても、また浮いてきます。

クレーム処理して貰えるそうです。
(新車の特権ですね、アタシには一生無い事かも。^^; )
 
 
 
ハイパーストラーダって、
ハイパーモタードと、ムルティストラーダの、相の子?

その、ツーリズモバイクの特徴と言えば、このパッセンジャーグリップでしょう。
 

このグリップったら、見るからに平らな板がそのまま固定できそうで、
マジでアイリスの箱でも何でも載せられそうな期待をしてしまいます。
これにサイドバニア付けたら最強だろうなぁ。
 
 
標準装備のセンタースタンドは、片持ちサスには重宝しそう。
 
 

最後に、この日一番気になったのが、ブレーキマスターの刻印で、
 
 
アタシが知らないだけかもしれないですが、
これって「DOT3+5」か「DOT3÷5」か、どっちでしょう。
 
ちょっとググってみても、それっぽいのはここしか見つけられず。

2007年のducati-monsterに、既にこんな表記有るようですが、
これって、DOT5さえ使わなきゃ、DOT3でもDOT4でも良いって事なんでしょうかねぇ。。。
 
プチ疑問符でした。
 
 
 
お披露目会の、道の駅「瀬戸しなの」から、重い腰が上がってやっと走り出し。
 
 
 
道の駅2軒を、走ってるよりバイク談義の方が多いツーリング?をして、
 
 

Jackさんは、道の駅「おばあちゃん市山岡」から、家庭の事情で途中離脱でした。
 
 
お疲れ様。

 
3軒目の「らっせいみさと」では、残る4人で1時間以上ものんびり昼食していた割に、
バイクの話題は一度も出なかったんじゃなかったかしら。

 
そんな、ゆる〜くて、楽し〜い。
お披露目会を有難うございました。

この記事に

開く コメント(21)

開く トラックバック(0)

珍しく連投です。
 
牡蠣の続きから。。。
 


 
むら旦さん 5
がらさん 3
松風さん 3
kanarie 3
 
中山養殖所で頂いた生牡蠣の注文数です。
ちょっと抑えてこの数字だったけど、
kobaさんが入ってないのは、過去の苦い経験から、生は受け付けないそうです。
 

中山養殖所の混雑ぶりに、焼き牡蠣を諦めるかという話も出たけど、
皆さんの意思は、同じく行く気満々だったと思います。
 
 
パールロード沿いに年々林立してきた数ある牡蠣店の中から、
がらさんのチョイスは、なかなかロケーションの良いお店でした。
 

右を見ても、
 
イメージ 1

左を見ても、
 
イメージ 2

海が見える、尾根道沿い。
 
360度、の眺望が素晴らしい。
特にこの日は天気も良くて、殆ど風も無い良い日和だったので
うって付けの場所でした。
 

このお店には、およそ似つかわしくないライオンさんも居たり、
 
イメージ 3
 
お店の営業前は、ただ見晴らしの良い休憩所だったのか。
 
 
さて、問題の牡蠣ですが、
生も、焼きも7個で1000円と、1個100円の中山養殖所に比べると結構割高。
ところが、食べ放題でも同じく1000円という珍しい価格設定。
 
イメージ 4
 
過去に、1ダース食べても物足りなかった身としては、
たった7個で1000円って有り得ない気分。

+500円で牡蠣飯とヤドカリ汁も食べ放題らしいので、そのコースに満場一致です。
いつもの丸魚での昼食予定を返上し、ちょっと早めの牡蠣食べ放題が昼食と成りました。
 
 
KIRINの自販機だけど、Asahiが上位です。
 
イメージ 5
 
手書きの値札は、もちろん観光地価格
 
 

この奥が、焼き場になります。
 
イメージ 6
 
殆ど露天候。
強風時はどうなっちゃうんだろう。

大きなジャー?に入った牡蠣飯と、
釜戸で保温状態のカドカリ汁が置かれています。
燃料は山積みの「薪」
 
幼少期、風呂を炊くための薪割りをやらされた思い出が有ります。
 
 
この牡蠣飯が結構おいしくて、おかわり3杯。
但し、牡蠣の身は探す必要有(笑)
 
イメージ 7

ヤドカリ汁は、、、、
 
イメージ 8
 
味が良く判らない。

そもそもヤドカリってどんな味なのか。
ヤドカリが汁になるなら、ザリガニだって汁に成りそう。
 
ぬるくて、薄味で、刺激無く、ちょっと表現が難しい。
なんとも淡白で、記憶に残らない味でした。
 
それでも、もともと汁好きなので、おかわり3杯。
欲を言えば、もう少しアツアツの汁で頂きたかったかな。
 
 
 
焼き場から、焼牡蠣の炭灰も飛んできて入ってました。
次回来るなら風下は避けましょう。^^;

 

ヤドカリ汁も去ることながら、個人的にはこの
消えそうで消えてない、『海鮮漁師汁 無料サービス』の看板が、最も心残りです。
 
イメージ 9
 
ヤドカリ汁より美味しいに違いない。
 
 
 
飯と汁で繋いでるうちに、メインの焼牡蠣がドン!!
 
イメージ 10
 
一杯で、大小様々な殻付き牡蠣が、25〜30個位盛ってます。
 
 
これを空けたら、おかわり注文というシステム。
 
まぁ、各自の皿に分けるだけなんで、直ぐにおかわりな訳です。
 

焼き場の生産ペースは、中山養殖所に比べて格段に早い印象。
貝の蓋そのまま、小さいのも多い為でしょう。
たまに牡蠣が縮み上がってたり、稀にやや生っぽかったりするのはご愛嬌。
 
 
それでも味は文句無いので、焼き方や大小より、腹いっぱい焼牡蠣食いたい。
という目的なら、待ち時間も無いのでこちらの方が良いですね。
 
 
5人でこれを、4杯?
イメージ 11
 
 
一人20個以上は確実に食べたと思います。
 
 
 
 
11時前に昼食も済んで、予定が大幅に変わったので、
いつものコースより足を伸ばして、伊勢道の最南端、道の駅『紀伊長島マンボウ』まで行くことに。
 
 
ここからのR260のワインディングは、2年振り。
この快走路線は本当に快適でした。
 
途中のトンネル手前の道路整備箇所は数年前からなかなか進まないですね。
あれで終わりなんでしょうか。
 
 
 
 
バイクブログらしく、タイヤの写真とか載せて置きます。
 
イメージ 12
 
ジェントルに、端っこも未使用だけど、新品タイヤも皮むきは一応完了。のつもり。
 
でもフロントは、まだバリ付き。^^;
 
イメージ 13
 

12:50頃 道の駅『紀伊長島マンボウ』着
 
 
ここは、去年のGWに本州最南端の串本へ行く時に、
道の駅スタンプラリーで寄ったんだけど、駅数こなすのに一生懸命で殆ど素通りでした。
 

聞けば、マンボウの串焼きが名物ってことで、いつもは長蛇の列に並ぶらしい。
塩コショウとタレ焼きで、見るからに美味しそう。
 
 
実際食べてみれば、評判どおりで鳥肉に似てて美味。
イメージ 14
 
いや、鶏肉よりこちらの方が好みかも。
これお勧めです。
今度来る機会が有ったら、絶対リピートしそうです。

 
帰宅後カミサンにこれを話したら、
まさにその前日、名古屋の居酒屋で 『マンボウサラダ』 成るものを食べたとか。
サラダなのでマンボウも生な訳です、その食感は『こんにゃく』だったらしい。
 
居酒屋なら、マンボウ串の方が合いそうですけどね。
 
 
 
後は、高速でマッタリ名古屋を目指すのみ。
 
 
帰りの伊勢道で、津I.Cの辺りで去年のトラウマが過ぎりましたが、
今年はがらさんの配慮で、給油済みなのでその辺りの心配は無く、
16:00には帰宅出来ました。
 
 
 
【オマケ1】
因みに、去年の津I.C.での立ち往生。
その後、何をした訳でも無く。給油しただけです。
それで、東北2000kmも無事完走した訳で。
結果タダのガス欠だったと言わざるを得ません。

ただ、キャブ同調後アイドリングは好調に成ったものの、
ガス欠状態になる度に、あの一気筒死んだ様な不快な状態には陥るのは相変わらずで。
一昨年のキャブOH時に、何かやらかしてしまったのかという疑いは拭えないのでした。
それともXJRの特質なのかしら? 
 
 
 
【オマケ2】
帰宅後のフロントタイヤ。
 
400km以上走っても、この有様。
 
 
 
スリップサインが出るまでここに居座る気だろうか?
 

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事