40代からの大型二輪 〜成長しない自虐ブログ〜

ただいまレストアちう...と言うにはほったらかし過ぎだな>刀

全体表示

[ リスト ]

珍しく連投です。
 
牡蠣の続きから。。。
 


 
むら旦さん 5
がらさん 3
松風さん 3
kanarie 3
 
中山養殖所で頂いた生牡蠣の注文数です。
ちょっと抑えてこの数字だったけど、
kobaさんが入ってないのは、過去の苦い経験から、生は受け付けないそうです。
 

中山養殖所の混雑ぶりに、焼き牡蠣を諦めるかという話も出たけど、
皆さんの意思は、同じく行く気満々だったと思います。
 
 
パールロード沿いに年々林立してきた数ある牡蠣店の中から、
がらさんのチョイスは、なかなかロケーションの良いお店でした。
 

右を見ても、
 
イメージ 1

左を見ても、
 
イメージ 2

海が見える、尾根道沿い。
 
360度、の眺望が素晴らしい。
特にこの日は天気も良くて、殆ど風も無い良い日和だったので
うって付けの場所でした。
 

このお店には、およそ似つかわしくないライオンさんも居たり、
 
イメージ 3
 
お店の営業前は、ただ見晴らしの良い休憩所だったのか。
 
 
さて、問題の牡蠣ですが、
生も、焼きも7個で1000円と、1個100円の中山養殖所に比べると結構割高。
ところが、食べ放題でも同じく1000円という珍しい価格設定。
 
イメージ 4
 
過去に、1ダース食べても物足りなかった身としては、
たった7個で1000円って有り得ない気分。

+500円で牡蠣飯とヤドカリ汁も食べ放題らしいので、そのコースに満場一致です。
いつもの丸魚での昼食予定を返上し、ちょっと早めの牡蠣食べ放題が昼食と成りました。
 
 
KIRINの自販機だけど、Asahiが上位です。
 
イメージ 5
 
手書きの値札は、もちろん観光地価格
 
 

この奥が、焼き場になります。
 
イメージ 6
 
殆ど露天候。
強風時はどうなっちゃうんだろう。

大きなジャー?に入った牡蠣飯と、
釜戸で保温状態のカドカリ汁が置かれています。
燃料は山積みの「薪」
 
幼少期、風呂を炊くための薪割りをやらされた思い出が有ります。
 
 
この牡蠣飯が結構おいしくて、おかわり3杯。
但し、牡蠣の身は探す必要有(笑)
 
イメージ 7

ヤドカリ汁は、、、、
 
イメージ 8
 
味が良く判らない。

そもそもヤドカリってどんな味なのか。
ヤドカリが汁になるなら、ザリガニだって汁に成りそう。
 
ぬるくて、薄味で、刺激無く、ちょっと表現が難しい。
なんとも淡白で、記憶に残らない味でした。
 
それでも、もともと汁好きなので、おかわり3杯。
欲を言えば、もう少しアツアツの汁で頂きたかったかな。
 
 
 
焼き場から、焼牡蠣の炭灰も飛んできて入ってました。
次回来るなら風下は避けましょう。^^;

 

ヤドカリ汁も去ることながら、個人的にはこの
消えそうで消えてない、『海鮮漁師汁 無料サービス』の看板が、最も心残りです。
 
イメージ 9
 
ヤドカリ汁より美味しいに違いない。
 
 
 
飯と汁で繋いでるうちに、メインの焼牡蠣がドン!!
 
イメージ 10
 
一杯で、大小様々な殻付き牡蠣が、25〜30個位盛ってます。
 
 
これを空けたら、おかわり注文というシステム。
 
まぁ、各自の皿に分けるだけなんで、直ぐにおかわりな訳です。
 

焼き場の生産ペースは、中山養殖所に比べて格段に早い印象。
貝の蓋そのまま、小さいのも多い為でしょう。
たまに牡蠣が縮み上がってたり、稀にやや生っぽかったりするのはご愛嬌。
 
 
それでも味は文句無いので、焼き方や大小より、腹いっぱい焼牡蠣食いたい。
という目的なら、待ち時間も無いのでこちらの方が良いですね。
 
 
5人でこれを、4杯?
イメージ 11
 
 
一人20個以上は確実に食べたと思います。
 
 
 
 
11時前に昼食も済んで、予定が大幅に変わったので、
いつものコースより足を伸ばして、伊勢道の最南端、道の駅『紀伊長島マンボウ』まで行くことに。
 
 
ここからのR260のワインディングは、2年振り。
この快走路線は本当に快適でした。
 
途中のトンネル手前の道路整備箇所は数年前からなかなか進まないですね。
あれで終わりなんでしょうか。
 
 
 
 
バイクブログらしく、タイヤの写真とか載せて置きます。
 
イメージ 12
 
ジェントルに、端っこも未使用だけど、新品タイヤも皮むきは一応完了。のつもり。
 
でもフロントは、まだバリ付き。^^;
 
イメージ 13
 

12:50頃 道の駅『紀伊長島マンボウ』着
 
 
ここは、去年のGWに本州最南端の串本へ行く時に、
道の駅スタンプラリーで寄ったんだけど、駅数こなすのに一生懸命で殆ど素通りでした。
 

聞けば、マンボウの串焼きが名物ってことで、いつもは長蛇の列に並ぶらしい。
塩コショウとタレ焼きで、見るからに美味しそう。
 
 
実際食べてみれば、評判どおりで鳥肉に似てて美味。
イメージ 14
 
いや、鶏肉よりこちらの方が好みかも。
これお勧めです。
今度来る機会が有ったら、絶対リピートしそうです。

 
帰宅後カミサンにこれを話したら、
まさにその前日、名古屋の居酒屋で 『マンボウサラダ』 成るものを食べたとか。
サラダなのでマンボウも生な訳です、その食感は『こんにゃく』だったらしい。
 
居酒屋なら、マンボウ串の方が合いそうですけどね。
 
 
 
後は、高速でマッタリ名古屋を目指すのみ。
 
 
帰りの伊勢道で、津I.Cの辺りで去年のトラウマが過ぎりましたが、
今年はがらさんの配慮で、給油済みなのでその辺りの心配は無く、
16:00には帰宅出来ました。
 
 
 
【オマケ1】
因みに、去年の津I.C.での立ち往生。
その後、何をした訳でも無く。給油しただけです。
それで、東北2000kmも無事完走した訳で。
結果タダのガス欠だったと言わざるを得ません。

ただ、キャブ同調後アイドリングは好調に成ったものの、
ガス欠状態になる度に、あの一気筒死んだ様な不快な状態には陥るのは相変わらずで。
一昨年のキャブOH時に、何かやらかしてしまったのかという疑いは拭えないのでした。
それともXJRの特質なのかしら? 
 
 
 
【オマケ2】
帰宅後のフロントタイヤ。
 
400km以上走っても、この有様。
 
 
 
スリップサインが出るまでここに居座る気だろうか?
 

閉じる コメント(6)

牡蠣が旨そうですね〜q(^-^q)

マンボウも旨い〜♪

2014/2/10(月) 午前 7:54 ろくでなし

顔アイコン

お腹いっぱいの牡蠣、いいですね。今年はいけるんだろうか・・。

このひらひら、ビミョーなイチですね。結構永いこと居座りそうですね。

2014/2/10(月) 午前 8:08 haru

顔アイコン

ろくでなしさん>マンボウは、予想外に美味かったですw。

2014/2/10(月) 午後 11:36 kanarie

顔アイコン

haruさん>いつもはおさえてますけど、この日は弾けてましたね〜。

こんな大きなビラビラは初めてです。この先が楽しみだったりします(笑)

2014/2/10(月) 午後 11:42 kanarie

顔アイコン

この牡蠣屋さんは、やはり予約必須でしょうか?
土日は予約すら出来ない状況だったと記憶してますが、現在は
どうなんでしょ。遠いし、ふらっと寄れるなら、行きたいん
ですが。勿論、車で。。。

2014/2/11(火) 午後 4:08 oichan_rr

顔アイコン

こちらの牡蠣屋さんは、飛び込みでも待ちは皆無です。
中山養殖場も予約は受付てなかったと思いますが、今回の状態を見ると一時間くらい前に行って、ずっと生牡蠣食ってないといけないかんじですね。年々混んできてる感じです。

2014/2/12(水) 午前 0:40 kanarie


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事