水平線の先にある夢

過去の記事にもコメント大歓迎です!

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

2/16(土)に友人の結婚式があったので、その週末はライブには行きませんでしたが、
2/23(土)に初めての=LOVE(イコラブ)のライブに行くことが出来ました。
1月の握手会でなーたん(齊藤なぎさ)とだけ握手していたのですが、ライブにやっと行けます。
ファンクラブに入って代アニの定期公演なども応募しましたが、この時点では落選ばかりでした。

=LOVE天王洲銀河劇場公演(夜)

銀河劇場へはりんかい線か東京モノレールで行けます。
家からは新宿からりんかい線が早かったのでりんかい線で行きました。

りんかい線の天王洲アイル駅からは少し道路を横断して向かいます。
初めての現場なのでGoogle Mapを見ながら行きます。

イメージ 2

その先に列に並んでいる人がいたので、何の列か聞いたところ、イコラブの列だというので並びました。

案内を見つけました。

イメージ 1

入口に来ました。意外と小さい。
ここで、電子チケットを見せましたが、他の人はみんな紙チケットのようでした。

イメージ 3

入ってみると、ちょうどいい感じの広さで座席も快適です。
この日はなんと?!1階3列目。しかし、右サイドの2番目だったので最高の席とは言えませんでした。
この日は望遠レンズを持っていっていませんでしたのであまりアップの写真はありません。
それと、すぐにカードがいっぱいと出てしまい、少ししか撮れませんでした。

開演して驚いたのがみんな座っていたことでした。
あとからわかったことですが、銀河劇場はスタンディング禁止の劇場なのだそうです。
基本的には芝居を観るところメインで設計されてるそうです。

開演して、SHOWROOMでしょこちゃんに教わった黄色とオレンジのペンライトを振ってました。
イコラブは人数が多いので2色セットになるんだそうです。

以下は撮影タイムになったところです。

イメージ 4

みんなだらだら歩いてます。

イメージ 5

少し整列しかかってる。

イメージ 6

少しづつ整列。舞香と樹愛羅ちゃん。この日はこっちサイドでこの二人がメインで見れてました。

イメージ 7

下の写真、奇跡的になーたんだけがこっちを見てくれてます。

イメージ 8

スポーツモードで連写したので、まだなーたんが見てくれてます。

イメージ 9

まだ、なーたん見てくれてます。

イメージ 10

ここで、なーたんは正面を向いてしまいました。

イメージ 11

このあたりではこっちを向いてくれてる人はいません。

イメージ 12

ここではしょこちゃんがカメラ目線になってます。2人の推しがこっち見てくれて奇跡!

イメージ 13

まだ、しょこちゃん見てくれてます。

イメージ 14

あー、しょこちゃん天使。

イメージ 15

こんどは莉沙が見てくれてます。

イメージ 16

ここではみんな目線ずれてるかな?

イメージ 17

みんなこっちみてよー!

イメージ 18

また、莉沙ちゃんが見てくれてます。

イメージ 19

梨紗ちゃあーーーん!

イメージ 20

梨紗ちゃあん(^.^)

イメージ 21

梨紗ちゃん、また見てくれてる。

イメージ 22

しょこちゃん、また見てくれてる。ホント天使。
この日は、黄色とオレンジは僕のところが目立ってたので見てくれてたのかも?

イメージ 23

しょこちゃあああーーーーん!(^.^)

イメージ 24

しょこちゃん、うれしいよーーー!(^^)!

イメージ 25

しょこちゃん、もう大ファンだよ。しょこら。

イメージ 26

しょこら、失神($・・)/~~~

イメージ 27

整列しました。

イメージ 28

樹愛羅ちゃん、良く見える。

イメージ 29

舞香、莉沙

イメージ 30

一番右の樹愛羅ちゃんしか判別できない。

イメージ 31

舞香の胸が色っぽい。!(^^)!

イメージ 32

舞香ですかね?

イメージ 33

セットリストです。

イメージ 34

イメージ 35

この日は、ノイミーちゃん披露前最後の公演でした。
お尻に火が付いてるなんて杏ちゃんが言ってたのかな?

途中で抽選みたいなのやってたんですが、これ、紙のチケットの半券のみでした。
次からは紙のチケットにしようと思いました。

最後に掃ける前にはしょこちゃんが近くに来て、黄色とオレンジを振ってる僕を指差してくれました。
(いわゆる指差しレスとかいうやつ)

それから、この日は終演後にお見送りがありました。
しょこちゃんに、ニックネームを言いました。
SHOWROOMでいつも読んでもらってるから、分かってもらえてると思うんだけど。
梨紗の前まで来て、じっと見つめられてしまいました。
もう悩殺されそうでした。
そしたら次のなーたんはほぼスルーになってしまいました。

帰りは東京モノレールで帰りました。
浜松町の駅で嬉しい発見がありました。
壁の広告にシーナ・イーストンの文字があったのです。
幕張のイベントに来るらしい広告でした。
JRに乗り換えて、検索してみました。
すると単独ライブもやるらしい。
ビルボード東京の単独ライブをすぐに予約しました。

シーナ・イーストンと言えば、人生で初めてコンサートに行った人なのです。
前から5列目の中央。僕のために歌ってくれてるような席でした。
今でもあのときの記憶は鮮明です。
懐かしい青春の日々がよみがえる。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

親友の結婚式

2/16(土)は=LOVEの1stコンサートが開催される日だったのですが、
大事な友人の結婚式ということで、当然のように結婚式に出席しました。

場所は渋谷。おしゃれなところでした。
友人はサッカーチームの仲間です。
創設期に一緒にチームを作ってきた仲間で大事な親友です。
僕も最近、試合に行けてないので、みんなと会うのは久しぶりでした。

本当に久しぶりに会う友人が多くて、友達っていいなぁと思いました。
同じ趣味でつながってるし、ずっと仲間として会えるのは素晴らしいことです。

ただ、残念なことに創設時の仲のいい仲間二人が不幸にも亡くなってしまったことが残念でなりませんでした。
一人は知っていましたが、もう一人はこの日聞いてびっくりしました。残念です。

先に結婚式がありました。
程なくして結婚式が終わり、披露宴会場に料理が運ばれてきました。

グラスがたくさんありますが、僕はアルコールは1摘も飲みません。

イメージ 1


途中は省いて、肉です。

イメージ 2

そして、ここで記念に新調されたユニフォームのお披露目がありました。
なかなかカッコいいです。

イメージ 3

コーヒーとデザートが運ばれてきました。ハート型のコーヒーカップがいいですね。

イメージ 4

披露宴が終わってからみんなでカラオケに行きました。
みんな歌わないので、ほとんど僕が一人で歌ってました。

イメージ 5

カラオケのあとも新郎新婦を含め4人で別の飲み屋に行きました。
癌が再発したけど、アイドルを観に行くようになって癌が自然消滅したことなどを話しました。

結局遅くなってしまい。
案の定、モノレールの最終には間に合わず、途中駅まで連れ合いに車で、迎えにきてもらいました。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年の振り返りの音楽ランキングをやってます。
(前回)のつづきです。

21位 心のメモリア / 衛藤可奈美(本渡楓)、十条姫和(大西沙織)、柳瀬舞衣(和氣あず未)、糸見沙耶香(木野日菜)、益子薫(松田利冴)、古波蔵エレン(鈴木絵理) 

イメージ 1


備考:TVアニメ「刀使ノ巫女」エンディングテーマ

「刀使ノ巫女」には、みゅーちゃん(高木美佑)と一緒に「のびしろにょきにょき」に出ている木野日菜ちゃんが
糸見紗耶香役で出ています。
それと、主役が本渡楓さんということで見ていました。
ただ、僕の苦手な戦う系の内容だったので、非現実的な世界を2クールも見ているのはちょっと辛かったです。
歌はオープニングもエンディングもいいです。


20位 きみの名前 / 藤川千愛 


備考:TVアニメ「盾の勇者の成り上がり」エンディングテーマ

まねきケチャを去年の9月の武道館公演を持って脱退した藤川千愛さんのソロとしての楽曲です。
正直、まねきケチャの歌唱は彼女によって支えられていました。
それだけ歌唱力には定評があるので、このような曲も軽々と歌いこなして、いい曲と感じるように聴かせてます。

アニメはまったく知らないです。
アニソンはアニメのイメージが強いのでアニメを見ることでまた歌の良さが引き出されるかもしれません。


19位 Thank you, FRIENDS!! / Aqours 


備考:Aqours 4th LIVEテーマソング

この曲は前にも記事に書きましたが、東京ドームに向かう時に聴いていた曲です。
その後、ウォークマンにも入れていないかもしれません。
最近、Aqoursの新しい曲を仕入れていないような気がします。
調べて集めなくちゃいけませんね。
5Th LIVEのメットライフドームが落選してしまったので残念なのですが、
運よく、チケットが余る人が出たら譲ってもらえるかもとかすかな望みを捨てていません。

WUG、つりビットが解散した今、アニメ、アイドルを本格的に追いかけ始めた頃の生き残り、
最後の砦がAqoursなのです。
Aqoursも長くはないと思うので今のうちに楽しみたいと思います。


ランキングのすべてを見るにはここをクリック!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年の振り返りの音楽ランキングをやってます。
(前回)のつづきです。

24位 Jewelry Wonderland /  I-1club 

イメージ 1


備考:Wake Up, Girls! 新章 第13話挿入歌

この曲は、オリジナルの声優ユニットI-1clubとしては、
2017年12月10日の
「Wake Up, Girls! Festa.2017 TRINITY」
で披露した曲です。
その後は、Wake Up, Girls!がカバーして、
「Wake Up, Girls! FINAL TOUR -HOME- Part II FANTASIA」
のときに各会場で披露されました。
I-1clubの曲は声優さんの声がいいのか?いい曲に聞こえるので好きです。


23位 福山雅治 / 甲子園 


備考:NHK高校野球テーマソング「甲子園」

さて、ちょっと今までと違う傾向の曲がランクインしました。
男性ボーカルでアニソンでもありません。
実は福山雅治さん、好きなんです。
それはイケメンなことと、故郷の1つである長崎出身だからです。

それと、自分自身野球をやっていたので、やはり甲子園というのは憧れの地でした。
小学生、中学生のときは熱心に見てました。
今から考えると、野球をやっていた頃が第一の青春時代でした。


22位 地平線ストライド / あおい(井口裕香)、ひなた(阿澄佳奈)、かえで(日笠陽子)、ここな(小倉唯) 


備考:ヤマノススメ サードシーズン  オープニングテーマ

去年のanime japan2018のときに、ヤマノススメサードシーズンが夏に放送されるということで
監督のトークイベントなどをやっているのを見ました。
それから秋になってサードシーズンを録画で見ました。

最初に富士山への再挑戦を掲げていましたが、秋を迎えている場面設定だったので翌年の夏までお預けの富士登山リベンジはありませんでした。
それでも、群馬県の『ロックハート城』が出てきたりと、山登りだけではないレジャーや日常が描かれていました。
こういう山登り一辺倒じゃないところがこのアニメのいいところかもしれません。
『ロックハート城』にはFairy-AIDの大川里菜さんも行ってました。
僕は以前からいろいろなレジャーで近くを通っていますが、さすがにここには行ったことないです。

レジャーでの行先は自分の年齢、家族構成、男性、女性、カップルなどによって変わります。
人生のそれぞれのステージで行くところが変わるんですね。
カップルで行くところ、結婚して小さい男の子がいて行くところ、小さい女の子がいて行くところ、
子供が小学生、中学生、高校生などそのステージによって変わります。
旅行のスタイルも違うわけです。

やっぱり、恋人も出来ない、結婚もしない、子供がいないとなると行かないところも多くあるので、
そのあたりはかなり人によっても違うかもしれません。
でも、楽しみはそれぞれあるでしょうから、人生何がいいかわかりませんね。


ランキングのすべてを見るにはここをクリック!

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

4回目のまねきケチャ

つりビットを渋谷マルイで見た2日後の2/13(水)はまた、葵ちゃんに会いたくなってまねきケチャを観に行きました。

まねきケチャNEWシングル『いつかどこかで/ワンチャンス』リリース記念イベント at ニコニコ本社

この日は、CD購入はしないで無料観覧のみとしました。

無料観覧のリリースイベントでは初めて特典会に参加しませんでした。

通常はミニライブが無料なので参加費としてCD1枚ぐらいは買うのがマナーかな?とも思うのですが、実際無料でお金を使いすぎる癖もやめたいのでCDは買いませんでした。
他のアイドルのリリースイベントと違って、まだ買っていないソロCDがあるのでいいんですけど、1回無料観覧のみで参加してみたかったというのもあります。

しかし、聴きたかった「タイムマシン」はこの日も聴くことはできませんでした。



開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事