ここから本文です
http://www.laism.com/
カスタム&SPパーツ 信頼のミッションリビルト

書庫サンバー取り付け説明

記事検索
検索

全1ページ

[1]

取付説明を更新します。

基本トラックもバンも同じです。

イメージ 1



外す部品です。

前後バンパー
アンダーガード一式
フューエルホース
ステアリングシャフト
エアクリーナーサイレントケース(助手席ピラーの)
エアコンリキッドタンク
エンジンのアース線
エンジンルームの配線類、バキュームホース固定しているクリップ
マフラーの吊り金具と遮熱版の固定

etc

フレームとキャビンを分離しますので、ワイヤーの固定などよく見て固定部分を外して下さい。

イメージ 2


イメージ 3



イメージ 4

イメージ 5
イメージ 6



一通り外しましたら、ボディーとフレームを連結しているボルトを外します。


外しましたら、ボディー側にリフトをかけて、4インチでしたら13センチほどボディーを切り離します。



イメージ 7




そこにボディーブロックを入れます。

イメージ 8

イメージ 9

 
イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

その後、フューエルホースの延長

イメージ 13


マフラーステーの延長
イメージ 14


ステアリングシャフトの延長

イメージ 15


シャフトブーツは少し位置をずらして固定します。
ステアリングシャフトの抵抗にならない位置に。 

イメージ 16


フロントバンパーにフレームが当たるので、仮にバンパーを当てて
フレームに当たる部分を罫書いて切り取ります。

イメージ 17

イメージ 18

 マフラーステーを取り付けて




イメージ 19

イメージ 20


各部ハーネスやホース、ワイヤーを固定し直して完成です。


ノーマル

イメージ 21



完成 4インチアップ

イメージ 22


イメージ 23


先日、大人4人にて手でボディーを持ち上げて、このKITを取り付けた強者の連絡がありました。

なんでも角材を15センチに切って、それを手で持ち上げて4か所に差し込み
ブロックを装着したらしいです。


追加項目

バンだと一ヵ所番だとリアシート取付ブッシュを加工します。

イメージ 25


イメージ 24






お問い合わせ

044-987-4110

laism@sky.plala.or.jp
サンバーKITのパーツリストです。
 
ボディーブロックと 8x130ロングボルト 10個 
 
フレームとボディーの間に入れます。
 
イメージ 1
 
 
 
ステアリング延長ブロック 
 
ステアリングシャフト下とギアBOX連結ゴムの間に入れます。
 
イメージ 2
 
 
 
 
給油口パイプ延長用パイプ
 
給油口下のゴムホースを外して、このパイプセットで延長します。
 
イメージ 3
 
 
 
 
マフラーダウン用ステー
 
マフラーと、遮熱板をダウンさせるステーです。
 
イメージ 4
 
 
 
 
 
リアタイヤハウス内の、前方に挟み込むブロックです。
 
 
フレームとボディーの間に、挟みこむだけのブロックです。
荷物をいっぱい積まない車両は、必要無いかもしれません。
 
 
 
イメージ 5
 
 
 
以上で御座います。
 
 
イメージ 6
注意書き
 
取り付けは整備資格者推奨
サービスマニュアル参考にて取り付け、ネジ規定トルクで取り付け願います。
リフトアップ後公道での走行は、構造変更等検査をして下さい。
軽自動車の全高は190CMまでです。
組み付け後、10キロぐらい走行後、まし締めして下さい。
 
 
イメージ 1
 
 
 
 
 
まずはフロントバンパーから外します。 
イメージ 9イメージ 10
グリルを外し、
ドア内側のクリップを外し
バンパー下のネジを外す。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11アクセルワイヤーをボディー側に寄せて
仮止めする。ボディーを上げる時に
フレームに引っ掛かります。
注意して下さい。
 
その他、ホースやA/Cパイプなど吊られる可能性の
ある物は、事前にたるませる、外すなどしておきます。約、10センチぐらいフレームとボディーを離します
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12イメージ 13イメージ 2イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
 ステアリングコラムから、ギアBOXに連結している
シャフトを外しておきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5次に下回りです。
10センチ隙間を作って、釣られないか各部品を
確認します。
 
何本かのワイヤーが吊られそうなので
外します。
 
 
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後にエンジンルームです。
 
ここは、色んな配管や、配線、アースコードがあります。
 
イメージ 7イメージ 8吊られそうな物は
全て外します。
(固定金具から)
取り回しを変えたり
外してインシュロック
などで、固定し直します。
 
 
 
ワゴン、バンはリアバンパーはボディー固定なので、何もしません。
 
マフラーも3箇所ステーを外しておきます。
 
 
 
 
では、その2へ 
 

その2

注意箇所
 
フューエルホースを外します。
火気厳禁です。
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ連結を外します。
 
ボディーマウントは左右に10箇所あります。
 
パンタジャッキや、リフトでボディーを垂直に上げる準備をします。
 
ボディーとシャシを止めているネジを外します。
イメージ 1イメージ 4イメージ 5
 
イメージ 6
フロントバンパー辺り
スライドドア前方
リアシートステーとも締め
リアタイヤ前部
リアゲート間口付近
上記場所にフレームとボディーの固定ボルトがあります。
 
 
見逃しがちな、エンジンルームアース線に注意!
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全ての固定ボルトを外したら、垂直にボディーを5センチぐらいゆっくりと
上げてください。
 
そして、吊られている場所が無いか、再度確認します。
 
イメージ 8左写真(リアシート部分のラバーブッシュ
を、左右外します。
 
外しましたら、 ボルトが通る部分のネジを
8.5ミリぐらいのドリルでネジ穴を揉みます。
ネジ溝を無くします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 2
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その3へ

その3

各部吊られの確認後、 8センチまでボディーを上げます。
 
イメージ 1
 
10箇所ブロックを入れます。
 
ロングボルトにて固定します。
 
ブロックギリギリまで隙間を無くさないと、ボルトは届きません。
 
イメージ 2
ブロックが固定出来たら、まずフューエル
ホースから延長します。
延長パイプとホースで延長します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3イメージ 4
次にエンジンルームアースを、アース線が届く穴に、固定しなおします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5マフラーを付属のステーとカラーで延長します。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 6イメージ 7続いてステアリングを延長します。
付属のブロックで延長します。
締め付けトルクに注意。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後にフロントバンパーです。
 
イメージ 8イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バンパーのリップ部分をカットします。
合わせながら、お好みでどーぞ。
 
 
 
 
 
 
完成しました!
 
イメージ 10
 
 
 
 
PS
 
トラックはエンジンフードのステーを加工して下さい。
 
イメージ 11
イメージ 12

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事