Nao5531のブログ

Wikipedia利用者nao5531のブログ

全体表示

[ リスト ]

ざっと。

こんにちは、nao5531です。
ウィキペディアタウンサミットに参加しています。
取り急ぎ、午前中にメモしたものを放り投げまーす。

13:56追記:指摘のあったところを修正。
3/6 17:30追記:名前の抜けを修正。
21:25:名前修正。是住さんゴメンナサイ

* 10:00 定刻スタート。実行委員長青木さん挨拶
* 10:02 OpenGLAMJAPAN 岡本さん挨拶
開催のきっかけは長野県立図書館平賀館長(いないけど)
* 10:06 府立図書館 館長丸川さん挨拶
* 10:10 府立図書館 福島さんから
「蓋のある飲み物以外はだめだよ!」
「プロレス以外は何してもOK」(!?)
「部屋の外ではお静かに。」
* 10:12 ウィキペディアタウンとはなんぞや 海獺さんから
「自分のこと知ってる人?」挙手たくさん
「Newsな2人 11月11日」でググるとどんな人か分かる
あなたの「クラスタ」は?
まちぶらりやOSMなど、生業とリンクしてる人も多いだろう
旅先で「これウィキペディアにあるかな?」と思ったらペディアン by海獺さん
ペディアンの事例:Swaneeさん
コミュ障を自称
今までに新規記事を650くらい作成
「ウィキペディア街道」によく参加している
一人より大勢でやった方が達成感

WikipediaのAlexaスコア、日本で9番目
ウィキメディア財団は1年で7700万ドル募金を集めた
つまり7700万ドルで運営
一方、Facebookは330億ドル

Wikpediaの記事数
英語版 643万
日本語版 105万

日本語版へのアクセスは1日2000万、月にすると6億
良質な記事1208(0.1%)そのうち1000本は精鋭150人
去年ウィキペディアイベントは35回
イベントの後に全く編集をしない人 (?)人
イベント当日+翌日で編集が止まったアカウント 104

動画(ウィキペディア:#真実が重要)

* 10:28 続いて事例報告 日下さん、青木さん
青木さん オープンデータ京都実践会
*その前に日下さん
「運営側になった人」挙手 半分くらい
「図書館関係」挙手 もうちょい多い
「ペディアン」挙手 ちょっと
等々・・・

*Code for 山城 青木さん
オープンデータ京都実践会の活動
ウィキペディアタウンとOSMマッピング
アヤシクナイヨー
特徴:二つを一緒にやっている
町歩きでWikipedia+OSM
地域の知られざる文化を発信しよう(要約)
知ったことを自分の頭の中だけに置いておくのはもったいない。
4年前スタート
特徴:ライフワークとしてやっている
主催15回、協力16回
特徴:公共図書館を会場に定期的に開催
府立図書館では7回
NDLでも
図書館を会場にできる→禁貸出を出典に使える
昨日は「酒ペディア」やったよ

*ウィキペディア街道 Code For Kawasaki 小俣さん
タウンではなく街道
旧街道沿いの名跡旧跡の情報をウィキペディアに
テーマ
大山道、水戸道中などなど
今は、大山道を中心的に
これまで10回開催
2年前スタート
もくもく会(編集だけに絞ったイベント)を2回
5回に1回くらい
新規記事27本
メディアにも紹介された
https://wikipedia-kaido.github.io
次回は厚木
掛川でもイベントを行った

*我らが諸田さん! ウィキペディアタウン×高遠ぶらり
伊那市立図書館 諸田さん
「伊那谷の屋根のない博物館の屋根のある広場」
高遠ぶらりプロジェクト
2010年から
知る楽しみの場をデザインする
町中探索、町歩きガイドツアー、学校・学習プログラム等
限界を感じた
共創の場へ
ウィキペディアタウン in INA Valley
→ウィキペディアタウン @GEO
今までに10回
次回は5月

*ウィキペディアタウンin東久留米 藤井さん
九州じゃないよ、東京だよ
東のくるめとウィキペディア(写真は角川がおこかも)
昨年9月に実施
2014年の図書館総合展でOpenGLAMの話を聞いたのがきっかけ
2015年いかに事業化するか
1.ファシリテーター講座に丸腰参戦
2.秘密のFacebookグループで参謀会議
3.館内へ布教
念仏&資料作戦
4.館外への布教
「こんなんありますよ」
2016年「そこまで言うなら」
他の事業で信頼を得ていると始められやすい
\チーン/
終わっちゃった
次回3/26

*ウィキペディアタウン in 伊丹 三鼓さん、山路さん
本業は古本屋さん
伊丹空港があるよ
大阪府伊丹市(!?)
清酒発祥の地(諸説あり)
NDL関西館であったウィキペディアタウンに参加
伊丹市立図書館の「ことば蔵」で2回開催
山路さんに交代
OSMをやっていた
第3回は2週連続で開催
紆余曲折あってまちづくりプラザと市立図書館の共催に
なぜ連続?
→参加者層を広げるため
\チーン/「まだ全然終わってない・・・」
成果
町歩きが充実

*ウィキペディアタウン市川 加藤さん
1年半前に市川に引っ越した
どちらかというと、コモンズ
チーバくんの口の辺だよ
Code for Ichikawa
昨年10月立ち上げ
11月に早速実施
市の文化会館で実施(文化の日だったから)
参加者のうち中学生1人
駅南口図書館長さんの協力
写真撮るのも楽しいよ
碑文を見つける→資料探す→たーのしー!
お昼はサイゼリヤ
サイゼリヤは市川市が発祥
写真はコモンズに

感想
対象を決めるのが大変
勢いでやるのは大事
Photowalkもありかな
大学を巻き込みたい
2月に中央図書館で報告
協力を得られた
次回は4,5月に中央図書館で

*ウィキペディアタウン筑波山 筑波大 関さん、高久さん
ねらい
つくば市と協力をして、Wikipediaを編集
対象
筑波山神社、梅林、小田、北条
これまでに2回開催
ファシリテータ 高久さん、小池さん(緑IT事務所)
参加者20人くらい(うち大学生10人)

午前散策、午後編集
成果
常陽新聞に掲載

アクセスログを調査
観光案内所にQRコード
あまり数は少ない
設置の工夫が課題

水戸市でおこなれたウィキペディアタウン3回目に協力
水戸市とUDCが主催

*ウィキペディアタウンin都留 都留文科大学 日向さん
学芸員科目『博物館情報メディア論』(デジタルデータとはなんぞや、を学ぶ)
データの活用例として、講義の中に導入
ねらい
参加型イベント
地域情報再発見
インターネット上の情報発信
調査、記述スキルを参加者(学生)につけてもらいたい
中・高にも応用できるだろう

手応え→高い
日常的に使っているからか、学生の興味が高い
成果への喜び

気づき
事典項目としての記述が難しい
スマホから写真取り出すのが面倒
「完全」を目指さない→学生は完成を目指したがる
地域の人が関わることの良さ
欠点:しゃべりが止まらない、何でも書こうとする

*OpenGLAM JAPANシンポジウム 博物館をひらく 東京工業大学 阿児さん
東工大博物館の記事作成、加筆、収蔵品の写真撮影を行った

事例報告は以上

*細かい発表
この辺から散らかります

*岡本さん
校正がすき
スタイリスト
「講師やって」→「困る」

*ブラタハラ 府立図書館是住さん
Code for Mikawaの人たちとブラトヨハシ、ブラタハラを開催

*NDL関西館 伊藤さん
南陽高校の授業の一環として
文章を作るのが難しかったようだ

*質疑応答
千葉県立中央図書館子安さん「高校へはどう売り込めば?」
関西館伊藤さん「先生がすでに関心を持ってくれていた」、「図書館が後から合流した」
日下さん「ペディアンは?」
伊藤さん「青木さんが」
青木さん「学校から声がけがあった」「どうせやるなら近所だしNDLと」

海獺さん「らっこにわかることないよ」
直後
「あ、知ってるわ」

ウィキペディア街道には中学生ペディアンがよく出没
親と一緒に→親が来なくなった
目がキラキラしてる

海獺さん「寺社仏閣をテーマにすることが多かった」「庚申塔を見てたら、坊やが『何してるの?』」

なんと、お誕生日の方が!

岡本さん「ウィキペディアタウンを評価するときの指標は何?」
諸田さん「実行委員会で運営しているけど、アウトリーチの数等」

意見があちこちから。打つのは諦めた(^_^;

日下さん「うさんくさい名前で呼び合ったら、ペディアン同士で話してる」
ここで「カンタくん」(Asturio Cantabrio さん)のご紹介

\チーン/ 日下さん「じゃあ、終了」

12:00 午前の部、終了

感想とかは明日くらいに書きますね。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事