ここから本文です
ピルを飲むと様々な不安や疑問があるようですが、ピルは薬であり副作用もあるので慎重になってしまうのも無理はありません。
不妊に繋がることがあるという子宮内膜症ですが、その子宮内膜症を予防する事ができる薬ができる薬があります。
一般的には避妊のために使われる事が多いのですが、ピルという薬が子宮内膜症を予防します。

ピルを飲むと、排卵がストップしますから子宮内膜が膨らまず、剥がれにくくなりますので、子宮内膜症のリスクを小さくする事ができるのです。

子供ができにくい女性は結構多いようですので、ピルで予防してみるのもいいんじゃないでしょうか?

生理の周期を安定させる事もできますし、生理痛や月経前症候群も軽減しますので、きっと役に立ちます。

生理痛が酷くて仕事に行くのもツライ・・という方もいらっしゃるはずですから、まずは婦人科を受診し、相談してみましょう。

ピルは色んな意味で良い薬
通販で購入する事ができるので、定期的に購入してしっかりと服用しているという女性は多いようです。

「私はピルを飲んでいる」なんてわざわざ人に話す事ではありませんから、本当に飲んでいる方が多いのかどうかは分からないと思いますが、ピルは様々な効果があり、病気も予防してくれるという魅力的な薬ですので、生理不順の方や避妊したい方、生理痛を軽くしたいという方にもオススメしたいと思います。

避妊薬がなくなるたびに婦人科を受診するとなると、面倒になって通わなくなってしまうという事もあるはずですから、薬に慣れたら個人輸入を利用してみるといいでしょう。

生理をコントロールするピル薬
ピルを飲めば生理をコントロールする事ができるのですが、稀にストレスを感じたときに不正出血してしまう事があります。

ピルは毎日同じ時間に飲むという決まりがあるんですが、二時間とか三時間程度の飲み遅れで出血してしまうというようなこともありますから、なるべく時間がズレてしまわないように気を付けましょう。

生理とは違う出血があると驚く方も多いはずですが、ピル服用中に変わった症状がある場合は、定期検診を受けるようにした方が安心です。

ピルの服用は副作用があるようですし、体に合うかどうかも気になりますから、数ヶ月おきに婦人科を受診しましょう。

特に副作用がない方も、年に1回は子宮がん検診に行くのが理想です。

私は大丈夫!と思っている方も多いはずですが、念のためと考えていただきたいと思います。

飲み忘れると出血がある
避妊をするためにピルを服用する場合は、毎日飲むことになります。

同じ時間に飲んだ方がいいと言われていますが、数時間ズレてしまっても問題ないという情報もあり、緩い感じで飲み続けている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、1日の飲み忘れで出血してしまうというパターンもあります。

飲み忘れることが多くなってしまうと、せっかくの高い避妊率も下がってしまう事になります。

低用量ピルは、飲み忘れると一気に効果が落ちてしまうという薬ですので、ピルを飲む時間にアラームをセットしておくなどして、飲み忘れ防止をしてみるといいでしょう。

この記事に

ピルを飲むとしばらく吐き気や頭痛などの副作用のような症状が出るのですが、どのぐらいの期間続くのか気になりますよね?

このような症状がおさまるのは個人差があるらしいんですが、体が慣れてくると吐き気などの症状はなくなると言われています。

二ヶ月ぐらいでおさまる方もいれば、半年かかる方もいるようなのであまりにもツライ場合は種類を変えてもらうという方法もあります。

ピルはいくつか種類があり、副作用の出方もそれぞれ違うようですから、違う種類を処方してもらって様子を見てみるのもいいんじゃないでしょうか?

婦人科で相談していただければ対応してくれるはずなので、無理に続けず一度相談してみましょう。
副作用なのか体調不良なのか疑問
ピルを飲み始めてから副作用の吐き気を感じる・・という方も多いんですが、胃腸炎などの病気になっているのではないかと考える方もいらっしゃいます。

胃腸が弱い方は特に気になると思うんですが、不安な時は専門医に相談するのが一番です。

吐き気がするというのも人によって症状の度合いが違います。

軽い吐き気なら我慢できるはずですが、周囲の人が驚くほどの症状となると、薬が合わない可能性が高いので、使用を止めて医師に相談しましょう。

体調不良かどうか知りたいという方は、一度薬をストップしてみるという事もできるので、休薬期間として1週間薬を飲むのをやめてみるといいでしょう。

今は通販で薬を購入できるので、医師に相談せずにピルを飲む方もいます。

副作用のリスクや飲み方にも注意点がありますので、初めての方は必ず一度受診するようにしましょう。

この記事に

ピル服用で蕁麻疹!?

ピルを服用する女性が増えていますが、一般的な副作用とは違う症状が出る方もいらっしゃいます。

一般的には、吐き気・頭痛・乳房痛・下痢という症状が挙げられますが、蕁麻疹が出たり、むくみ・イライラ感など、体がいつもと違う状態になったりする事があります。

一般的な副作用とは違うので、不安に思う方もいらっしゃるみたいですが、長く続くようであれば医師に相談した方がいいと言われています。

蕁麻疹が出るのはアレルギー反応だったりするので、服用を中止した方がいいのか悩んでしまうところだと思います。

重いアレルギーだった場合、アナフィラキシーショックを起こしてしまう事もありますから、気をつけなければなりません。

避妊目的なら低用量ピルなので、そんなに重い副作用が出る事はないはずなんですが、万一の事もありますので、気をつけましょう。

湿疹や皮膚そう痒感に悩む方も・・
全てがピルの服用に繋がるのかどうかは定かではありませんが、肌が弱い方は合わないものが皮膚に症状として現れるという事もあります。

目に見える症状はとても気になります。

痒くて寝られないというような感じになってしまうと、生活に支障が出てしまいますので、軽い症状なのか重い症状なのかを見極めて、医師に相談してみるといいかもしれません。

通販でピルを購入する方も、種類を変更してから副作用が出るようになったというようなこともあるようなので、注意しなければなりませんね。

この記事に

ピルを服用して避妊している方が増えていますが、ピルを飲みながら脱毛サロンに通うことは可能かどうかという疑問があります。

薬の服用があるかどうか、質問されたりする事もあるので気になる方も多いはずですが、万一のことがあると大変ということで次の症状には気をつけましょう。

めまい
吐き気
頭痛
乳房の痛み
これらの症状は副作用といわれています。

長く続くと良くないと言われていますから、しっかりと自分の体の状態を確認しながら服用する必要があります。

体が慣れると副作用の症状もおさまります。

脱毛に通いたいと思っている方も、サロンで判断される事になりますから、脱毛NGと言われた場合は他を当たってみるといいでしょう。

脱毛は多少肌に負担をかける事になりますので、通販でピルを購入している方も、これからは自分の体調もしっかりと整えて準備万端にしましょう。

ピル初心者は気分が悪くなる事も・・
ピルを飲み始めて間もない方が脱毛施術を受けると、気分が悪くなるというケースがあります。

大丈夫なのか気になるという方もいらっしゃるはずですが、脱毛したから気分が悪くなったというわけではなく、ピルの副作用ですので脱毛したのがよくなかった・・というわけではないと思います。

副作用がある状態で脱毛を開始するのは不安を大きくしてしまうことが多いはずなので、ピルに慣れてから通い始めるのが一番です。

慣れたら通販でピルを購入する事もできるので、今はとても便利な時代です。

この記事に

ピルを飲むとキレイになれるという情報があるようですが、マーベロンというピルは他のピルでニキビができたり毛深くなったりする方にはピッタリだと言われており、男性ホルモンの作用が弱いためではないかという情報があります。
キレイになるためにピルを飲もうと考える方もいらっしゃるはずですが、生理周期を整えたり、生理痛の改善にも効果がありますから、キレイになる以外の効果にも期待できますから、試しに飲んでみてもいいかもしれません。
結構多くの方がピルで避妊しているようですので、まだ子供は欲しくないという方には婦人科でピルを処方してもらう事をオススメします。

ピルは100%に近い避妊が可能なので、性行為の際に大丈夫かな?と不安になる方にもオススメです。

結婚前の女性に重要な存在
ピルは、望まない妊娠を避ける事ができるので、今はまだ結婚しないと考えているならピルでしっかりと避妊しておく事をオススメします。

最近は、女性もバリバリ働くようになり、大事な仕事を任されているというような事もあります。

絶対に失敗するわけにはいかないというような場合も、予想外の妊娠となってしまえば困ります。

そんな事にならないためにも、ピルを服用していただきたいのです。

望まない妊娠をして中絶してしまうという悲しい事はない方がいいに決まっていますから、よく考えてみて下さい。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事