9月23日撮影分
シモツケ
イメージ 1























花期が長い

サイヨウシャジン
イメージ 2























白花はどこに行った

シラヤマギク
イメージ 3
























何故かノコギリソウ
イメージ 4























素ノコギリソウとは違う

レモンエゴマ
イメージ 5
























ウスイロツユクサ
イメージ 6
ここにはずら〜っと咲いている

ミシマサイコ
イメージ 7

























シオガマギク
イメージ 8























トモエ状になってるものも多い

オオバショウマ
イメージ 9







































サラシナショウマはまだだった

この記事に

開く コメント(7)[NEW]

3種のラン、その2その3

その2
●カゲロウラン
 山野の常緑林に生える多年草。茎は直立し高さ20センチ。葉は卵形でふちは波打ち、ビロード状で光沢がある。総状の花序に2〜10個の花がつく。
葉柄は短い
側がく片は披針形で左右に開き、長さ5ミリ、ふちは内側に巻く。
花弁は白色。
分布〜関東南部以西 四国 九州

イメージ 1







































イメージ 2







































イメージ 3







































上掲載、3画像とも葉柄がほとんどないですね

イメージ 4








































その3
ヤクシマアカシュスラン
暖地の照葉樹林床に生育する常緑の多年草。茎はやや匍匐し3 - 5枚の葉をつける。
葉は互生し,倒卵形で鋭頭,基部は円形で深緑色で,両面無毛、葉柄は長さ2 - 3 cm葉赤色を帯びることがある。
茎頂に3 - 15個の帯紅色の小花をつける。花序の軸に短毛がある。苞は披針形で縁毛がある。
背萼片は広卵形,側萼片は斜卵形,側花弁は白色,半切卵形,背萼片と同長。唇弁は僧帽状卵形,背萼片と同長,長さ3 - 4
花期:8 - 9月
分布:伊豆七島(三宅島・神津島)・九州南部,屋久島,種子島,沖縄;台湾・ベトナム
イメージ 5







































イメージ 6























この画像で特徴がわかるかと思います

イメージ 7







































イメージ 8























ヤクシマアカシュスランの株に蕾は何度か見ていますが咲いてるのを見たのは初めてです

この記事に

開く コメント(10)

ヒュウガギボウシ
紀伊半島から四国、九州東部にかけて自生するソハヤキ要素の植物
花は白〜淡紫色で花被内側の脈は着色しない、
花筒の透明線は短い線状で葉下面は淡緑色で脈は隆起し、苞は草質で花茎が伸びる時には瓦状で開花時にも開出しない等が特徴。
からじわじわと水が流れる、殆ど直角に切り立った崖地に8月半ば過ぎ、イワタバコの開花と競うように淡紫色の花が咲き始める
イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

イメージ 3


モミジコウモリ
山地のやや湿った常緑林下に生育する多年草で高さ70 - 80 cm。
茎は上部に縮れた毛があり、茎の中部の葉は,腎形で掌状に5浅裂し,長さ10 - 15 cm,幅12 - 18 cm,縁には微鋸歯がある。
葉には翼のない6 - 12 cmの長い柄がある。柄の基部は耳状に茎を抱く。
頭花は茎の上方に総状の円錐花序につき,小花は6 - 7個で白色,長さ2�5mmの柄がある。
花冠は長さ約1cm,冠毛は長さ8 mmで,赤褐色。総苞片は5個,狭筒形で長さ約9 mm。
花期:8 - 10 月
分布:九州(宮崎,熊本,鹿児島)
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6


オオバヌスビトハギ
名のごとくは葉が普通の物より大きい
イメージ 7


サツマイナモリ
イメージ 8


不明
エーデルさんよりタニワタリだそうです
イメージ 9


イメージ 10
この日同行していただいた花友さんより名前を聞いていたのですが忘れてしまってましたました

この記事に

開く コメント(11)

3種のランその1

1回目は
ツユクサシュスラン
葉がマルバツユクサに似ているという
四国、九州、琉球諸島、伊豆諸島、小笠原諸島に分布し、常緑広葉樹の、谷沿いなど湿った林床に生える。
茎は、匍匐して立ち上がり、数枚の葉をまばらにつけ、花期の高さは15〜30cmとなる。
花は淡紅色をおびた白色で、5〜12個つける。
花序・子房・萼片・苞葉などに腺毛あることで、アケボノシュスランと区別することができる。
花期は9〜10月

イメージ 1
























イメージ 2























イメージ 3







































イメージ 4







































イメージ 5







































イメージ 6







































イメージ 7
























この記事に

開く コメント(8)

レイジンソウ
イメージ 1
















イメージ 2























イメージ 3







































イメージ 4








































タンナトリカブト
イメージ 5























イメージ 6























イメージ 7























イメージ 8

























この記事に

開く コメント(12)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事