センブリ
イメージ 1
























イメージ 2
























今年は不作だった
2年草ということⅮから来年は見れるかも


キッコウハグマ
イメージ 3
























イメージ 4









































イメージ 5
























これも近くの自生地では激減、来年jはどうなることやら



コウヤボウキ
イメージ 6
























イメージ 7
























イメージ 8
























イメージ 9
























虫がついてた

これはあちこちに群生している



ツワブキ
イメージ 10



























オマケはウリクサ
イメージ 11


























この記事に

開く コメント(10)[NEW]

近所の木の実

堂を隔てた隣のの家のブロック塀越しにニシキギ
イメージ 1


























ビナンカズラ
イメージ 2


























ツルコウジ
イメージ 3


























ヤブコウジ
イメージ 4


























フユイチゴ
イメージ 5


























ハスノハカズラ
イメージ 6


























マユミ
イメージ 7



























ヒヨドリジョウゴ
イメージ 8



























テイカカズラ
イメージ 9



























ヤブムラサキ
イメージ 10


























シロダモは間違って前の記事に載せちゃいました


この記事に

開く コメント(12)[NEW]

近所の花

アキノキリンソウ
イメージ 1


























野菊はわかりません
白ヨメナ?
イメージ 2

























ヨメナ?
イメージ 3


























せり科の花はわかりません
シラネセンキュウ
イメージ 4


























田んぼのあざに
ウメバチソウ
イメージ 5
























耕作放棄で荒れてしまい数が少なくなった



キクバヒヨドリ
イメージ 6
























これはずいぶん増えた


ヤクシソウ
イメージ 7
























道路わきで幅を利かしてる



シマカンギク
イメージ 8



























シロダモ≪花と実と)
イメージ 9



























ヤマラッキョウ
イメージ 10
























1,2,3、10株ほどの大株だった


センボンヤ(秋の閉鎖花)
イメージ 11












































この記事に

開く コメント(6)

ナラタケ

ナラタケは広葉樹の枯れ木や切り株に群生または束生する
美味しいけど食べすぎると中毒を起こす
以下画像
イメージ 1
























イメージ 2


























イメージ 3
























イメージ 4



























昨日10年ほど山を一緒した女性とHGの霊山で一緒になった
そして午後、飼っての職場の後輩で山を共にしていたものから電話がかかって、彼の知り合いがキノコの名前を知りたいというので見てくれないか、浮いては電話番号を教えてもいいかということだった

素人ながらキノコには興味があるので承諾した夕方、彼の知り合いから電話がかかってきてキノコを持ってくるので見てほしいということⅮった
夕方から孫と一緒に食事をすることになってるので明日こちらから出向くということにした

訪問先は我が家から目と鼻の先の団地の保育園だった
保井嬬円の隣接の山は保育園が所有しており、子供の自然学習の場となっていた
素の山には依然栗の木が植わっており、朽ちた切り株にたくさんのキノコGついていたが子供が触って万が一のことがあると大変なので見てほしいということだった
これは大変だ、子供の命にかかわるような判断を素人の私にできるわけがない

実物を見て乏しい知識を絞り出した結果、該当するキノコはナラタケと思えたが少し生で齧ってみたら僅かな苦味と辛味を感じた
持ってる図鑑2冊にネットでは苦味や辛味の事は書いてない
俺はナラタケではないのかも?

結論してはキノコの生えてるところで遊ばせない方がいいだろうということにした

キノコに詳しい諸先輩、どうか判定のほどをよろしくお願いします




この記事に

開く コメント(9)

ヒメヒゴタイなど

1か月以上前に撮ったものです

ヒメヒゴタイは 日当たりのよい草原に生える二年草。
大陸系の植物で,日本列島での分布は西に行くほど多い傾向がある。
よく似たヒナヒゴタイより,総苞の付属体が大きい。
総苞片の先端が鼻と同じピンク色で頭花全体が豪華に見えます
丈は30〜150センチ、葉は羽状深裂〜全裂曾、下部の葉は慧のある柄状で茎の翼に続く
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3



ハバヤマボクチ福島県以南の本州・四国・九州に分布する多年草で和名は草刈場(葉場)に生育する火口アザミの意味とのこと。
大形の草本であり、高さ1メートルを超え全体に紫色を帯びて花や茎は黒紫色となる。花は10月に咲く。
色が濃いので、すでに花が終わって枯れているのかと思えば、花の盛りであった。
花は直径4〜5cmと大きく、触ると総苞片が痛い。花茎には葉は少なく、根出葉が主である。
葉身の長さは10〜20センチで、裏面には綿毛が密生しており、ホクチアザミなどと同様に、利用されたのであろう。
イメージ 4












































神輿草≪現に証拠)
イメージ 5



























セイタカアワダチソウ
イメージ 6



























センブリ
イメージ 7




























ムラサキセンブリ日当たりのよい草原や岩場に生える1年草。センブリに似ているが,花はひとまわり大きめ。花の色が紫色になる点がもっともわかりやすいポイント。
関東以西に分布するが,どこにでも生えているというほど普通のものではない。蛇紋岩地帯の崩壊地周辺や,山焼きされて草原が維持されているような茅場に生えていることが多い。
センブリは苦味の強い胃健薬として有名だが,ムラサキセンブリはセンブリに比べて薬効が弱く,葉を噛んでも苦味が弱い。
イメージ 8



























フシグロナデシコ科の越年草。茎は直立し、高さ30〜80センチメートル、毛はない。
葉は広披針(こうひしん)形。夏、茎の上部に小花をやや密につける。花弁は白色、先は2裂する。
日本全国の日当りのよい草地に生え6月から9月に咲く
名は、節が暗紫色を帯びることによる
イメージ 9



























ノヤナギは中国地方以西、四国北西部、九州の山地の草原に生える
丈は50センチほどで葉は長さ1〜3センチ、幅2〜6ミリの狭長楕円形〜広披針形で鋸歯はない
葉裏は粉白色で短毛がある
若枝には短毛が密生する
4月霧はが展開前い花をつける
イメージ 10











































この記事に

開く コメント(7)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事