和太鼓演奏とドイツ・フランスの旅

いよいよフランスに〜〜〜

と言っても、パスポートチェックがあるわけでもなく 橋を渡ると国境を越えましたが

実感はありません。。。。  

多摩川の丸子橋を渡った感じ。。。(ローカルな話で・・・)

フランスと言ってもアルザス地方 ドイツとの国境沿いにある コルマールという町

この日は、ツールドフランスの何キロコースのゴールか分からないけど この町がゴール地点

町の中心部にはことごとく車両通行止めで入ることができず迂回の連続で、予定していた

プチトレインの観光電車の時間をずらしました。
イメージ 1

イメージ 2
この電車(?)に乗って 町を1周します
イメージ 3
1列4人乗り・・・・・ 少々大型の方々が乗ってしまい、檻に入ってる感じあり

こんな所通る??くらいの細い小道まで電車は走り、おもちゃのような可愛い町を満喫です
イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

一行は、プチ電車を降り  薄いピザのようなフラムクーヘンとビールとワインでお腹を満たし

それぞれのお楽しみにバラバラに散っていきました。
イメージ 8

イメージ 9

コルマールと言う町は 本当に小ベニスと言われる場所があったり、戦火の影響が少なく

中世からルネッサンスの街並みが保存されておりました。

アルザス地方のシンボル、  コウノトリ  ショップには沢山マスコットやぬいぐるみが売っていた!

勿論、買った

イメージ 10
翌日のオーベルネではもっと良く見えます! コウノトリ

本当は、この町コルマールに1泊する予定でしたが そのツールドフランスの影響で

泊ることができず、約50kmはなれた オーベルネという・・これまたド田舎町に3泊します。

ミニコルマールといった感じの小さなかわゆい町です。

夕食は、ほとんどの人が 「Sauerkraut Roya」 (ザワークラウトの上に8種類のソーセージや肉乗っけ料理)

もう、これでもか〜〜〜と言うほどのボリュームでした
イメージ 11

中心の広場では、毎週水曜日恒例の村祭り(?)

老若男女問わず 楽しんでいるところに 私たちも乱入

イメージ 13




イメージ 12
狂喜乱舞の世界です  この後さらにエスカレート
イメージ 14

イメージ 15
途中、WMCAが流れだし 私たちも一緒に手の振りをした所から なんで平たい顔の日本人が??

とインタビューを受け なんとS木さんは我々太鼓メンバーだとセールス

急に演奏は無理でしたが、来週の水曜日に演奏OKと言われましたが、、、、、

もう、日本だよ〜。  

来年の水曜日に行けば演奏出来ますよ







その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事