きものを愛する和服仕立て人の・・・毎日

京都で修行をし、1985年全国和裁技術コンクールで最優秀賞を受賞。 現在、全国からの依頼をお受けしています。

ごあいさつ

すべて表示

今年もよろしくお願いします。

穏やかな年末年始ですね。 2016年は「静」から「動」への年となりました。沢山の方々に出会いお世話になりました。帰岡してからの私は、自身の頭の中を整理しながらいつもの仕事に夢中でした。ブログでの報告も怠り、長いお休みをいただいてしまいました。 皆々様には、感謝の念でいっぱいです。 今年の豆の色も香りも味も最高に仕上がりました。マイペースの私ですが、今年もよろしくお願い致します。

その他の最新記事

すべて表示

新しい羽織

2017/3/30(木) 午後 10:42

昭和の良き時代の羽織です。身丈は、肩から2尺ほどです。今時の長羽織への仕立てかえをご希望ですが、あまり長すぎず、着やすい丈をお任せ注文でした。 出来上がりはこちら。 羽織の衿の落ち ...すべて表示すべて表示

縞の柄

2017/3/24(金) 午後 6:28

縞柄着物で気をつけたいのは何? 仕立てをする上で考えることは、左右の身頃や衽、衿などの柄のつながり具合。 次の画像は、背縫い部分。 上の柄合わせは、両身頃の背縫い代を3分にしたもの。黒いたて縞が背縫 ...すべて表示すべて表示

ひさえ紐でこんなに変わる!

2017/3/22(水) 午後 2:14

私の仕立てではありませんが、袖丈直しとひさえ紐の縫い付け依頼をお受けしました。 このコートのことは、よその仕立てなので、私には言い出しにくかったようです。 着物の雑談をする中で仕立ての話になったとき、申し ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事