きものを愛する和服仕立て人の・・・毎日

京都で修行をし、1985年全国和裁技術コンクールで最優秀賞を受賞。 現在、全国からの依頼をお受けしています。

全体表示

[ リスト ]

袖口のコツ

以前 和裁教室で仕上げた紬の着物で袖口の仕上げの違いをお見せしました。

「仕上がりましたよ〜♪・・・急ぎの紬」・・・http://blogs.yahoo.co.jp/wafukukoubouhisae/46726792.html

このときは すでに仕上がってしまっていたものを最後の仕上げで外からのコテ当てでした。

本当は 仕立てをしている段階できちんとコテを当てれば もっと簡単に最後の仕上げが出来ます。

今日は それを紹介します。 


理屈は簡単。

袖口合わせ(表袖と裏袖の袖口を縫い合わせること)をした時 裏からしっかりコテを当てます。

裏から 平コテです。 コテの面全部を使いません。 ベタッと面使いをするのではありません。

コテを当てた後の画像です。 裏から見たところ  どの画像もポイントクリックすれば大きくなります。
イメージ 1



次が 表からの画像です。 
イメージ 2

花の柄があるのが表袖 濃い地色が袖口布です。 その境目が袖口合わせの箇所です。


仕上げのコテ当ては 最後に全て出来るのではありません。

要所、要所できちんと始末をすれば次にかかりやすいのです。

その一手間、一手間を惜しまず、そしてしっかりと。

「 肝心要 」 とは、こんなことを言うのでしょうか。

一枚の着物が仕上がる間に こんな「 要 」 は 沢山あります。

拘らなければ、そこまでです。

でも、拘ってみてください。

きっと、今まで以上に美しい着物が仕上がります。

  * でもね。肝心なそのコテ当ての加減は 此処では伝えられないのが残念です。

袖の躾をかける前です。 画像をクリックしてみてくださいね。
イメージ 5


次が 躾をかけた後です。 これから仕上げのコテを当てます。 すごく簡単です。
イメージ 6


最後に 仕上がった袖口です。 

イメージ 3

身頃の準備をし裏表縫い上げ、袖をつけるときまで圧しをします。






今回は 袖口の「 要 」だけです。  その他のことは また後日。



外からいくら取り繕ってもだめなものはだめ。

  見えないところに そのものの本質があるのです。   人も同じかな。





日切の仕事が重なり・・・・こんなことしていては。ね。。。。

今日の仕事場では こんな曲が 〜 ♪  10代の頃の私って。。。笑

イメージ 4






* 袖の画像は どれもクリックすれば大きくなります。

 画像は 片方の袖で全て通そうと思ったのですが、画像のピント具合は様々で何とか見られそうな
 ものを選びました。

 針を進めながらのことなのでご容赦ください。<(_ _)>

 撮りっ放しの画像を整理し、このように処理するだけで時間がかかってしまいますね。








 それでは 皆様 今しばらく 御機嫌よろしくお過ごしください。





    






     

この記事に

閉じる コメント(13)

顔アイコン

この記事には もうひとつ書き足したいことがあります。
「伸子張り」・・・のことですが、その影響で気になる仕上がりです。仕方ないといえば、そうですが。

書けば長くなるので、また次回の課題にします。 <(_ _)>

2009/3/29(日) 午後 10:06 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

きれいですよね
うっとりする仕上がりというのか 技術ですね

2009/3/29(日) 午後 11:03 [ さほ ] 返信する

顔アイコン

さほさん、きれいですよね。。。この小紋の着物。
こんな色柄なら さほさんにもお勧めかも。手描きで、二つと同じ柄がありません。裁ち合わせに苦労しました。

一枚の反物を手にしたとき、それをどのように仕上げるか・・・・「最大限生かしてより美しく」そんなことばかり考えてしまいます。

この小紋は古い反物で、結構色やけ、しみがあったのです。そのお話もまた後日記事にします。

今朝も気温が低いです。そちらはきっと真冬ですね。今日も良い一日を。。。

2009/3/30(月) 午前 6:22 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

画像と本文を書き足してみました。

2009/3/31(火) 午後 0:05 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

小紋の着物、手描き、絵がまた美しいです、

そして二つとない絵、素晴らしいですね。

その柄を見、出来上がりを想像し。裁ち、

仕立てていく、縫い方には、外には見えない技術、和の美、

奥ゆかしさ、がありますね。投稿しようと思ったのですが、

判らなくなり、御免なさい。お久しぶりです。

2009/3/31(火) 午後 2:09 [ nob*run ] 返信する

顔アイコン

ひさえさん今晩は、
素人の私が見ても綺麗ですね!!!

2009/3/31(火) 午後 7:17 [ ヒロユキ ] 返信する

顔アイコン

nob*run*zak**8202*04さん、お元気ですか。ネット楽しんでくださいね。
コメントありがとうございます。ゆっくり、ゆっくりお散歩してください。
気が向けばお話もしましょう♪ またきてください。

いつもいつもお褒め下さり恐縮します。<m(__)m>
こうして和の文化の一つである和裁というものを皆さんに知っていただきたいだけなのです。残してゆきたいです。

2009/4/1(水) 午前 11:18 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

ヒロさん、おはようございます。
いつもいつも・・・・ありがとうございます。
どんな世界にもいえますね。美しいものを見る目は同じでしょうか。
バイクも車も・・・美しくかっこいいのが良いじゃんね(^^♪

2009/4/1(水) 午前 11:21 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

ポチです!!
袖口下・・・割り縫いじゃないですよね?
私も割り縫いから このやり方にかえてやっとキレイに仕上げられるようになりました。。。今頃(;・∀・)

2009/4/2(木) 午後 3:28 フサハン 返信する

顔アイコン

ざぶさん、割り縫いなんて考えたこともないです。こうしてきせをかけるから余計難しいような気がします。
四つ縫いです。そして、割り縫いではないですが、針目は細かいです。またの機会に中身の画像も・・・。
納得できなければ出来るまで、いろいろ工夫してみる。そして、美しいものが生まれる!
万人にはわからなくても昇華するだけの価値はあります。
あくまでも自己満足ですが。。。笑

2009/4/4(土) 午後 10:04 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

もう一つ!
どんなに美しく仕上げても、これは着るもの。
飾り、眺め、鑑賞するための美しさではありません。

着てくださる方が居るから、在る仕事なのです。

2009/4/4(土) 午後 10:06 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

いや〜職人です。
こういう技術は次の世代に伝承することは日本の良き文化を残すことでもあります。すばらしいですね〜!

2009/4/8(水) 午後 0:11 DANKAI magazine 返信する

顔アイコン

日本の文化、和の文化はすばらしいです。
四季がある日本だから・・豊かな感性を持ち、繊細な心を持つ日本人だから・・・存在する文化です。
大切にしたいです。

2009/4/8(水) 午後 11:04 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事