きものを愛する和服仕立て人の・・・毎日

京都で修行をし、1985年全国和裁技術コンクールで最優秀賞を受賞。 現在、全国からの依頼をお受けしています。

全体表示

[ リスト ]

今年の夏は異常な暑さでしたね。

日本各地で災害もあり、心配事が多い。

そんな中、ここをご訪問くださりありがとうございます。

私は元気です。




この夏は2度帰岡し、お仕立のご依頼のお客様宅を訪問したり、和裁教室のご依頼を受けて出向いたり。

針一本の半衿つけのWSも数回開催(個人宅への訪問開催)


イメージ 1


個人のお宅への訪問ですので、半衿つけの針を進めながらお手持ちの着物の話になります。気になる着物をタンスから出してくるたびに針の手が止まるのです。簡単な半衿つけのはずなのに長いながい作業になったりします。笑


イメージ 2


でも仕上った襦袢の衿もとを目にして皆さん笑顔!
お気に入りの半衿がピタッと綺麗に仕上がって早速身にまとう。鏡に映る姿にちょっとポーズを決めてうっとりしている様子を見ている私も嬉しくなります。

針を持つのが楽しくなると次に自分でできることを考える。
次回年末(予定)には、替え袖襦袢の和裁教室をご希望されました。


お仕立ものでは、3年に1度開催される烏城紬の展示会に先生の作品は勿論ですが、生徒さんの習作紬も展示されます。
その生徒さんの作品のお仕立依頼の相談にも行って来ました。(全ての生徒さんではありません。)
(このブログ3年くらい前の過去記事にもそのお仕事の記録があると思います)


たまにブログを書き始めると長くなってしまいます。

私自身もお勉強させていただいたWS談もまた記事に書きます。


とりあえず今日はこの辺で。


そうそう明日9/20(木)は世田谷で半衿つけのWS開催します。当日参加も大歓迎です。詳しくは前回記事を。



ここで残念なお知らせ:今年のサローネには出店いたしません。去年サローネでご縁をいただき、次回のお約束をさせていただいた(口約束ではありますが)皆様にお詫び申し上げます。

針一本の半衿つけのWS ご希望の方は是非お問い合わせを。(コメント欄への投稿でもかまいません。)
wafuku43 &gmail.com
&を@に変えて送信して下さい。


被災された皆様方が一日も早く元の日常に戻れますようお祈りいたします。

閉じる コメント(3)

お詫び。
今年のサローネには、私の都合で出店いたしません。
去年サローネでご縁をいただき、半衿つけのWSをお誘い致しました皆様には申し訳ございません。

世田谷笑恵館での活動は続けておりますので今後ともよろしくお願い致します。

2018/9/19(水) 午前 11:14 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

顔アイコン

まったく今年はいろいろと・・・・(/_;)

さぁ、美味しい秋、楽しい秋が始まります(*^^)v

2018/9/19(水) 午後 8:09 ゴルゴ 返信する

> ゴルゴさん、台風の影響はないですか?
心配していましたが、ここへこうしてコメントくださるのできっと大丈夫何でしょうね。
芸術の秋と気取りたいですが、食欲の秋には勝てません。😝

2018/9/19(水) 午後 8:44 wafuku.ko-bo-hisae 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事