きものを愛する和服仕立て人の・・・毎日

京都で修行をし、1985年全国和裁技術コンクールで最優秀賞を受賞。 現在、全国からの依頼をお受けしています。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

東京での生徒さんを少しずつ紹介させて頂きます。

まずはTさんをご紹介します。

2017年11月からおよそ月1回のお稽古。

他所で数年和裁教室へ通われた経験あり。

袷の長着・羽織まで仕立経験あり。

趣味のブログを書かれていらっしゃる中で和裁のことも記されています。
その中のひとつをここに紹介させて頂きます。



ブログ名: 編み 縫い 木の実
http://aminuikinomi.cocotte.jp/


「エキゾチックな柄の紬」:http://aminuikinomi.cocotte.jp/ken/エキゾチックな柄の紬①/

昨日は月に一度の和裁の稽古でした。


イメージ 1



義母さんから譲っていただいたエキゾチックな柄の紬を、
私のサイズに仕立て直しています。

淡い色味なので、先生からのアドバイスで
長い時季着られるように胴抜きにします。



イメージ 3




お初めて背ぶせをつけました。



袖口布のまわしがけを教わったので、
今日は忘れないうちにノートして、復習。


イメージ 2




もちろん既に習っていることではありますが、
いろんなやり方を覚えたいし、より美しい仕立てができるようになりたいので
先生のもとで個人指導を受けています。

憧れていた先生に直接教わることができるなんて
本当に幸運です。

“ 手縫いで何かを作りたい ” 方の、
その人の技量と目指すところに合わせた指導をしてくださいます。

私の目指すところは、先生の技量に近づくこと。

〜 〜 〜 〜 * 〜 〜 〜 〜 * 〜 〜 〜 〜

Tさんこれからもよろしくお願い致します。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事