自己満足?ブログ

なかなかご訪問できなくて申し訳ありませんm(_ _;)m

全体表示

[ リスト ]

困った顔

「ニュースサイトの転載」はサービス終了になりました。

どこかで聞いたような名前だと思ったら、アステカの 神様にちなんでつけられたのね(笑) わたしが翼竜と聞いてまず思い浮かべるのは 『プテラノドン』ですね♪ 小学生の頃クラスの図書コーナーにあった恐竜の本に 載っていたんです。 当時はまだ『ケツァルコアトルス』の化石は発見されて いなかったので、翼竜の代表といえば『プテラノドン』 だったんですよねぇ・・・。

イメージ 1

ケツァルコアトルス (Quetzalcoatlus northropi) は、白亜紀後期に生息していた翼竜の一種。化石は北アメリカで発見された。名前はアステカの羽毛の生えたヘビ形の神ケツァルコアトルにちなんでつけられた。

【化石の発見】
ケツァルコアトルスの最初の化石は、1971年に、ダグラス・A・ローソンによってテキサス州のビッグベンド国立公園から発見された。化石は翼の一部分で、12メートルあったと判断され、新種として登録された。

【生態】
ケツァルコアトルスの生態は、まだ詳しく分かっていない。長い首、長い歯がない顎を持っていることから、アオサギのように魚を捕らえ、常食していたという説がある。もしくは、ハゲタカのように腐肉を漁っていたという説もある。
推測だが、ケツァルコアトルスは自身の力のみで離陸することができたと言われている。しかし、その場合は上昇に多くの時間を費やしたかもしれないと言われている。なお、地面においては、恐らく四つ足で歩いたと推測されている。

【最大の翼竜】
ケツァルコアトルスは最大の翼竜だが、翼幅の上限に関してまだ相当な討論がある。
最大の説では、18メートルに達すると主張する学者がおり、ミネソタ州には、その説に基づいた展示を行っている博物館がある。しかし、そのような翼幅は、生物学的に飛行できる限界を超えているとも言われる。
複数の科学者は、この議論に関しては12メートルという説に賛成している。だが、9メートルの翼幅を持った最大のプテラノドンは、ケツァルコアトルス発見以前には生物学的に飛行できるサイズを超えていたとされていた。この問題に対する回答は、まだ明確になっていない。

体は軽いつくりになっていて、人間の大人よりやや重いくらいだった。

(出典:フリー百科事典『ウィキペディア』)

この記事に

閉じる コメント(54)

顔アイコン

マミりんさん>仲間♪o(^▽^*)人(*^▽^)o仲間♪(笑)
両者は、共にジュラ紀後期の地層から発見された別の恐竜です(一目で判る違いは頭の特徴)
また、ブロントサウルスは現在では 「アパトサウルス」 が正式な名称とされています。

2008/6/30(月) 午前 11:59 わごんR 返信する

顔アイコン

れこわんさん>あんまりお好きじゃないんですね(^^;)
確かに現代に蘇ったらとても共存は無理でしょうし・・・(笑)

2008/6/30(月) 午後 0:03 わごんR 返信する

顔アイコン

みらーさん>(*^‐^)(*。-。)(*^-^)(*。-。) うんうん・・・ほんと鳥肌ものでした(笑)
わたしの町にも恐竜展来て欲しいです。 傑作ポチしてくださってありがとう♪ヾ(^v^)k

2008/6/30(月) 午後 0:05 わごんR 返信する

顔アイコン

のんびりさん>誰も実際に見てないのですから、いろいろな説が次々と浮上してくるのでしょうね。。

2008/6/30(月) 午後 0:08 わごんR 返信する

顔アイコン

hige洋さん>いろいろ調べたのですが、はっきりしません(^^;)
今のところ、「ムクゲの親戚」 が一番無難そうです。。
わたしも一瞬同じことを考えましたよ(笑)

2008/6/30(月) 午後 0:10 わごんR 返信する

顔アイコン

みーたんさん>そうですね・・・でもこんな動きにくい体型で空を飛べなかったら
あっという間に絶滅ですね(^^;)

2008/6/30(月) 午後 0:12 わごんR 返信する

顔アイコン

ウランさん>傑作ポチ☆⌒(*^∇゜)v どうもありがとう!
好きだからこそ詳しいだけなんですよ〜♪(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ

2008/6/30(月) 午後 0:14 わごんR 返信する

顔アイコン

kissさん>傑作ポチ☆⌒(*^∇゜)v どうもありがとう!
大抵の人はそうですよ、きっと!

2008/6/30(月) 午後 0:16 わごんR 返信する

顔アイコン

IWAGISHIさん>W傑作ポチしてくださってありがとう♪
あの時代に鳥さんはいませんから(^^;)

2008/6/30(月) 午後 0:18 わごんR 返信する

顔アイコン

じゅんべいさん>澄み切った綺麗な空を飛んでいたんですよねぇ♥♥
現在濁った空を飛んでる鳥達が知ったら羨ましがるでしょうねぇ(^^;)

2008/6/30(月) 午後 0:22 わごんR 返信する

顔アイコン

Keiさん>おお!〜〜〜(/ ̄▽)/\(▽ ̄\)〜〜〜仲間じゃぁ♪(笑)
傑作ポチしてくださってありがとうございま〜す♥♥

2008/6/30(月) 午後 0:23 わごんR 返信する

顔アイコン

ぴろっスさん>(*^‐^)(*。-。)(*^-^)(*。-。) うんうん・・・同感で〜す♪

2008/6/30(月) 午後 0:24 わごんR 返信する

9メートルや12メートルの恐竜が空を飛ぶ時代に生きてなくて良かったです(汗
おちおち外歩けません・・・

2008/6/30(月) 午後 5:18 pompu2004 返信する

顔アイコン

>(〃^∇^)o彡☆あははははっ・・・まったく同感です♪

2008/6/30(月) 午後 9:55 わごんR 返信する

顔アイコン

名前だけだと、アンデスのほうの蛇に翼のある神様の名前みたいですね
10メートルも翼無いと落っこちちゃうんですね…

2008/7/1(火) 午前 9:29 シャルママ 返信する

顔アイコン

>はい、その神様にちなんで名づけられたそうです(^−^)
現代の鳥のような飛び方はできなくて、グライダーの飛び方に近かったようです。

2008/7/1(火) 午後 10:44 わごんR 返信する

初めまして!
お台場日本科学未来館の『世界最大の翼竜展』に行きました。
ケツァルコアトルスの復元骨格は迫力ありましたよ〜!
TB残していきます。

2008/7/15(火) 午後 4:46 やっくん 返信する

顔アイコン

>いらっしゃいませ♪ TBありがとうございます。
本物をご覧になったんですか・・・羨ましいです(^▽^;)

2008/7/15(火) 午後 8:50 わごんR 返信する

顔アイコン

こんにちは、メッセージありがとうございます。ビッグベンド国立公園にて私が見た化石はきっとケツァルコアトルスに違いないとこのブログを読んで思いました。地球上に恐竜が生息していた時代があったことが信じられませんね。 JINさんの夢(アメリカ自然探訪記)

2009/1/29(木) 午前 1:39 [ jzs**7r32 ] 返信する

顔アイコン

>いらっしゃいませ♪ まさかコメントいただけるなんて☆・゚:*(人´ω`*)ぅ。れ。し。ぃ。。
おっしゃる通り、現代の地球から恐竜時代はとても想像できませんね・・・。

2009/1/29(木) 午後 0:31 わごんR 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事