バテバテ山日記

大汗や冷や汗をかきながら登った山の記録

全体表示

[ リスト ]

山行日:2013.2.10
目的地:半月山、阿世潟峠
コース:歌ヶ浜(7:20)〜半月山道路〜砥沢(7:30)〜半月山道路・中禅寺湖南岸尾根・狸山入口(8:30)〜狸山(9:20)〜半月山道路第一駐車場(9:30)〜半月山(10:30)〜展望台(休憩)〜半月峠(11:20)〜(12:10)阿世潟峠(12:30)〜阿世潟〜歌ヶ浜(13:50)


前回、プチラッセルで時間を食い、茶の木平から半月山の車道に降りた所で敗走してしまった。今日はその続きを歩きたいのだが、半月山の車道を辿るのは余りにもカッタルイ。地図をよくよく見たら、砥沢と言う沢がイタリア大使館別邸の手前から中禅寺湖南岸尾根に緩く突き上げている。これを利用して、前回の敗走地点に向かおう。


イメージ 1
無風・快晴の歌ヶ浜。あとで知ったのだが、この時すでにデイダラボッチさんが外山尾根を登っていた。


今回は、時間に余裕を持つため久しぶりに車でやって来た。中禅寺湖まで道に雪は無し。ラッキーだった。

歌ヶ浜の雪は激減。ちなみに(社)雪センターの情報では、中宮祠の積雪は僅か10cmで平年値を大幅に下回る。例年だと中宮祠が最大積雪深になるのは2月初旬。但し、中宮祠と湯元では別世界なので、中宮祠が少ないからと言って、湯元も少ないとは限らないから注意を要す。


歌ヶ浜から半月山の車道を登りだす。ムムッ、踏み跡あり。さらにスノーモービルのワダチが数本。雪は激減。歩くに全く支障無し。


イメージ 2
半月山の車道。先々週に比べて雪は激減していた。


このまま、車道を歩こうかとも思ったが、予定通り砥沢に進入した。砥沢左岸の段丘状を登る。ツボ足でスネ程度の積雪。快適な登り。上に車道が見えだす。本谷左側の小尾根に移り登る。車道下10mが急斜面で氷結。危険を感じ、アイゼンを着ける。急斜でのアイゼンの取り付けに手間取る。

アイゼンを着けると簡単に登れた。ガードレールをマタギ、車道を左に進み、堰堤のある小沢に進入し堰堤を渡る。渡った所より左に斜上し小尾根を登る。僅かで再び車道に出た。車道を右に行くと、前回の敗走地点狸山登山口に到着。


イメージ 3
狸山登山口。

車道を辿っていた踏み跡は、茶の木平に向かった。従って狸山への踏み跡は無い。無いが、どうやら大した積雪でもないようなのでお気楽に登り始めた。
所が、すぐにズボズホとなる。膝上程度の雪だが、急速にバテる。


イメージ 4
狸山への登り。


イメージ 5
さえない狸山山頂。

狸山入り口から山頂まで50分を要してしまった。ワカンを着けるべきだった。
何故か、狸山山頂から踏み跡が現れた。


イメージ 6
そして、半月山道路第一駐車場に到着。凄い天気だ。


イメージ 7
白根山だけに雲がかかる。

一服後、出発。半月山へは明瞭な踏み跡が。それも一人や二人ではなさそう。一体何処から登ったのだろう。


イメージ 8
北八ツ並みの深いトレース。これは楽である。夏道より歩きやすいワ。

しかし、半月山にニセピークがいくつもあるとは・・・。


イメージ 9
これまたサエない半月山山頂。

取り敢えず、尾根伝いに有名な展望台に向かう。


イメージ 10
有名な展望台から。

イメージ 11
有名な展望台から、良くお目にかかるショット。


イメージ 12
有名な展望台から、マニアックな尾根尾根。石塔尾根、塔ノ峰、小法師尾根か?。


展望台には、無口な男が佇んでいた。
やがて、歌ヶ浜駐車場にいた気さくなオッサンがやってきた。半月山道路を歩いてきたとの事。地道に歩いても大した時間差は無かったようだ。


イメージ 13
中禅寺山手前。


中禅寺山を越えた所で、踏み跡が無くなった。アレレッ・・・?
足尾に向かう尾根に乗ってしまたのかな。昨年たそがれさんが下られた尾根か?
右にトラバースすると、すぐに本ルートに復帰できた。

半月峠で休憩。結構な人数が行き交った。今日は絶好の登山日和だものなぁ〜。


イメージ 14
社山が正面に。阿世潟峠は近い。


イメージ 15
阿世潟峠着。雪は少なめ。無数の足跡が社山に向かっている。今登って行った御夫婦がいた。帰りは日暮れ直前か。

阿世潟峠で握り飯2個を食う。焼きソバ分をあけておかなければ。


阿世潟峠直下に出現する吹き溜まりは、現在大したこと無し。吹き溜まり回避ルート入口に赤テープがつけられていた。ただし、現在は回避する必要なし。それでも、ここに深いトレースが刻まれていた。


イメージ 16
阿世潟からの湖畔歩き。茶の木平かぁ〜。


途中の民宿は、影も形も無くなっていた。少なくとも、歌ヶ浜から半月荘までは多少の楽が出来たのだが、今後は除雪の期待は薄そうである。


イメージ 17
イタリア大使館別邸付近。再び日光白根から雲が取れていた。


半月山からトレースがあったので、思いがけず早めに下山できた。
こうなりゃ、清滝の焼きそば屋に行くしかないでしょ。
乾いたイロハ坂を下り、レンガyaに滑り込む。

ドアを開けると、何となく見覚えのあるお方が店の人と熱心にお話し中。取り敢えず席に座る。ムムッ、多分ディダラボッチさんではないのか?昨年大日尾根でお世話になった時は一日中サングラスを掛けられていたのでハッキリはしないのだが。
そして、くだんのお方が、よーよーよー、と言った感じでやって来た。やはりデイダラボッチさんであった。一年ぶりに固い握手を交わした。
デイダラボッチさんは、本日白根山日帰りだそうだ。冬だと言うのに早朝5時からの歩きだしだそうだ。う〜ん、心構えが全く違うのである。雨巻山周辺の事や今後の山行予定などをお聞きした。ぐーたらなおいらとはまるで違うねぇ〜。

山も楽しかったが、デイダラボッチさんとの再会が嬉しかった。なにしろ焼きソバ屋通いのきっかけはデイダラボッチさんなのだから。

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こんばんは。
展望台からの石塔尾根、塔ノ峰、小法師尾根は魅入ってしまいましたよ。
このところ山は奥日光、前日光の山々が続いていますね。
ぶなじろうさんは決してぐーたらなどではありませんね。
この時期大変な雪山を避けている自分に比べれば雲泥です。
そういう意味ではみー猫さんやデイダラボッチさんは格別素晴らしいですね。 削除

2013/2/11(月) 午前 1:29 [ ハイトス ] 返信する

顔アイコン

晴天の半月山展望台からの眺めはこの時期もいい絵になりますね。
この界隈をくまなく歩かれているぶなじろうさんからの眺めはやはり凡人とは違い、石塔尾根、塔ノ峰、小法師尾根等のマニアックな方に目が行くのですね。
白根山の白さが際立ってましたが、阿世潟峠付近の雪の少なさにはちょっと引いてしまいました。
平年値を大幅に下回る積雪量は、もうこの時期になってしまうと取り返しがつかないので近場はかなり諦めモードに入っています。

2013/2/11(月) 午前 11:02 徒然 返信する

顔アイコン

ハイトスさん、ありがとうございます。
ハイトスさんにしたって、岩登りや沢歩き等々、新しい領域を広げているように見えますよ。あえて、藪に突っ込んでいく姿勢も凄いもんだと感心しております。
私の場合は、現状に甘んじる、が座右の銘に近い感じです。いわゆる、ぐーたらな感じですね。つらそうな事からは、逃げ出しちゃいますから。
デイダラボッチさんは、地域に貢献し喜寿を迎えなおハードな山をこなしていらっしゃる。確かに「格別」に素晴らしいお方でありました。

2013/2/11(月) 午後 10:13 [ ぶなじろう ] 返信する

顔アイコン

徒然草子さん、ありがとうございます。
かなり前から中禅寺湖南岸尾根が好きで、何回もこの辺は歩いているのですが、足尾側の景色を注目するようになったのはここ数年です。
ハイトスさんやたそがれオヤジさんといった人々のネット情報で知った山々です。どの尾根もとびきり美しく且つ人影が殆ど無いので安心してぐーたら感丸出しで歩けます。
戦場ヶ原以東はもともと積雪が深い所ではないので、湯元以西はどうなのでしょうか?今冬は湯元に行っていないので判りません。
デイダラボッチさんが10日に日光白根に登られたようなので、近々ブログでその状況が判ると思います。
できれば4月の初め頃に県境の尾根に上がってみたいと思っています。

2013/2/11(月) 午後 10:34 [ ぶなじろう ] 返信する

顔アイコン

ぶなじろうさん、こんにちは。
れんがyaで大よその話を聞いて承知はしていたものの、
素晴しい写真の連続に改めて驚いてしまいました。
中禅寺湖を中間に鋏んだだけの同じ奥日光山域なのに、
日光白根山の上空は鉛色、半月山の上空は青空だったなんて!
多分、ズ〜ッと通い詰めているぶなじろうさんへの日光の山々から
のプレゼントだったんでしょう。
私は昨日も奥久慈ミステリーツアーで丸まる1日が過ぎてしまい、
今日も降雪による倒木と裂木の伐りだし作業をしていてやっと昼食
を摂ったところ。
これから日光白根山レポに取りかかります。
あっそうそう、デイダラボッチは「格別」なんかじゃなく
「酔狂」なんです。 削除

2013/2/12(火) 午後 2:05 [ デイダラボッチ ] 返信する

顔アイコン

ハイトスさん、訂正です!

デイダラボッチさんは、喜寿では無く古希を迎えられました(汗)。
訂正し、お詫び申し上げます。

2013/2/12(火) 午後 10:02 [ ぶなじろう ] 返信する

顔アイコン

デイダラボッチさん、ありがとうございました。レンガyaではコーヒーまで頂いてしまって。

ディダラボッチさんのブログ、ただ今拝読いたしました。国境稜線とそれ以東では、全く様相が違う事が良く判りました。半月山から見た白根山にはチョットした薄雲が懸かっている程度かと思っていましたが、現地ではかなり厳しい様子がうかがえました。
にもかかわらず、短時間での登頂には驚かされました。
加えて、奥久慈ミステリーツアーに登山道整備とは恐れ入るしかございません。
「格別」でないならば「別格」でしょう。さらにさらに「酔狂」はさらなるあこがれです。

追申
ハイトスさんへの返信で、ディダラボッチさんの年齢を間違えて記述してしまいました。お詫びいたします。

2013/2/12(火) 午後 10:33 [ ぶなじろう ] 返信する

顔アイコン

ぶなじろうさん、了解です。
古希で厳冬期の日光白根を日帰りですか・・・。
自分はまだ還暦前ですが赤城の一般ルートしか行ってませんよ。
ぶなじろうさん同様「酔狂」にあこがれます。 削除

2013/2/12(火) 午後 11:21 [ ハイトス ] 返信する

顔アイコン

同じ日、爺達は大日尾根から社山〜阿世潟峠を歩いてきました♪
阿世潟峠付近でニヤミスでしたね♪
大日尾根には雪庇がみられました♪
大日尾根を登る登山者は皆無、社山では多くの登山者が下山した後で静かな山歩きができました♪

2013/2/13(水) 午後 9:14 [ アキjiiji ] 返信する

顔アイコン

アキ爺さん、ありがとうございます。
またしてもニアミスでしたか!お会いしたかっです。
昨年大日尾根を登った時は、最初のピーク直下、南岸尾根手前、社山直下が深雪で、3人ラッセルで社山まで6時間を要しました。今年はどうなのだう?アキ爺さんの記録を見に行きま〜す。

2013/2/13(水) 午後 10:12 [ ぶなじろう ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事