九州王朝「倭国」は、なぜ “根こそぎ・東遷” したか

九州王朝「倭国」は、広大な北部九州全域から秘密裡に “根こそぎ・東遷”( ・住民大移動 ・建物大移築 ・遷都 )した

全体表示

[ リスト ]





●  2010年4月20日
新羅の『ひどん(毘曇)の乱』は、新羅が善徳王(632〜647女帝)の時、和白の筆頭伊食毘曇が唐に唆されて、女王ではダメだといって廉宗と共謀し王位を狙い、647年正月反乱を起こし、この時、王子の金春秋(=中大兄皇子)と重臣の金庚信(=中臣鎌足)が比曇(=蘇我入鹿)を誅殺した。
'Tue Apr 20 02:14:21 +0000 2010'



閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事