wai**kaのブログ

埼玉南部でマンゴー、ジャボチカバ、アボカドなど熱帯果樹を育てています。

さらに厳しい低温予想

先日の予想より、さらに厳しい予想に変わっています。

25日の下限値マイナス9度って、、、

メキシコーラも枯れる低温ですね。。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

大雪の後日、晴れるのは良いのですが寒波の影響で最低気温予想が酷い状況になっています。

連続のマイナス5度って、、(最悪マイナス7度ですw)

あ〜アボカドの花芽は、無事春を迎える事ができるのでしょうか?

自信がなくなってきました。。
イメージ 1

この記事に

開く コメント(9)[NEW]

開く トラックバック(0)

大雪のため、今日は会社が3時ごろに早退可になり、庭の様子が心配だったので急いで帰ってきました。

案の定、木質が柔らかいアボカドが危機に陥っていました

雪の重みでメキシコーラの木全体が右側に傾いています。。
イメージ 1


3本ある大枝も重みでしなって今にも折れそう
イメージ 2


急いで積もった雪を叩き落し、木を左側にある椿の木に紐で固定しておきました。
イメージ 3


日付が変わる頃には降り止むようですが、それまでは枝にたまった雪を書き落とす必要がありそうです。


ちなみにフエルテの木は大きすぎて、手がつけられないので、そのままにしています。

木がメキシコーラより大きいからなのか、傾きは大丈夫そうです。
イメージ 4

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

去年導入した熱帯の竹、緑竹ですが埼玉の寒波に何度も晒されています。

特に週末にマイナス5度の強い寒波が2度ほど訪れました。

それでも、緑竹は枯れずに耐えています。
イメージ 1

葉っぱは寒さでカラカラに感想気味で、ちょっと痛んでいます。

が、このくらいであれば越冬に問題は無いですね。
イメージ 2

ネット上でも耐寒性の情報が殆ど無く、越冬の可否が未知数だったので、これで一安心です。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

今までフェイジョアの苗には手をだしていませんでした。

というのも、これまでヤフオクで買ったフェイジョアの実があまり美味とは思えず、購入する意欲が湧かなかったためです。

実も小さいし、甘みも少ないし、へんな苦味があるしで。。。


ところが今年買ったフェイジョアは大当たり
イメージ 1


商品説明にアポロとあり品種ものだったのもあるのでしょうが、これが甘くて旨いのなんの

実も大きく食べ応えもあります。とくにゼリーの部分が甘くて美味しいんですね。
イメージ 2


今まで購入していたフェイジョアは実生とかだったんでしょうが、品種物とは別物だと改めて思いました。

これはもう苗購入決定です


この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

この時期、熱帯果樹は水遣り以外にやる事はないのですが、

週末にアボカドのフエルテの枝先に、芽の部分が膨らんでる事に気が付きました。

このふくらみ具合は春先に見た花芽に良く似ています。
イメージ 1

これはどうみても花芽です

今の時期から花芽が出てくる事は今までなかったので、これは良い兆候です。
イメージ 2

なんせこのフエルテは今年やっと初めて開花したものの、一部の枝しか花が咲かず結実などまったく不可能でした。
イメージ 3

まだ全ての枝に膨らみがあるわけではありませんでしたが、木全体的にみられました。

春まで時間はあるので、この調子で木全体に花芽が付いてくれるでしょう。


この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

越冬準備完了

先週末の時点で、氷点下に下がる可能性があったため

耐寒性の無いマンゴー、ライチ、グァバは全て室内に取り込んでしまいまいました。イメージ 1
イメージ 2


イメージ 3


来年の春まで続くながーく退屈な日々の始まりです

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

今年の夏は9月から気温が低かった事も有り、初に続き秋も大量に収穫できました。

最近は気温も一段と低くなってきたので、収穫はそろそろ終わりを迎えます。
イメージ 1

週末に残っていた色付いた実だけ収穫してしまいました。

残りの青い実はちょっと収穫には間に合わないでしょう。また来年ですね。
イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


先日購入した糖度計ですが、その後グァバが一つ収穫できましたので、早速糖度を測ってみることにしました。イメージ 1

まずはグァバの果肉で一番甘い中心部から測ってみます。
イメージ 2
イメージ 3

次は、周辺部です。
イメージ 4
イメージ 5

中心部:17.0度
周辺部:9.4度
という結果になりました。中心部は結構甘いと感じましたが、数字としても高い値が出ていますね。
まさかここまで高いとは思ってもみなかったので、ちょっと疑心暗鬼ですw

念のため、もうちょっと詳しく見てみます。

写真のように、中心部、種のところ、周辺部と果肉を分けて測ってみようと思います。
イメージ 6

中心部は、糖度15.6度
イメージ 7
イメージ 8

お次は種のところ。13.5度
イメージ 9
イメージ 10

最後に周辺部。11.6度
イメージ 11
イメージ 12


先ほどとはちょっと数値が違いますが、はやりそれで中心部は思ったより高いですね。

自分の舌で感じたコクのある高い甘みは間違いではなかったようで安心しました。

周辺部も中心に比べると低い糖度ですが、この部分は適度な酸味があり

甘みと酸味がバランスよく、美味しいです。

まだ幾つか実が残っているので、追試してみたいと思います。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

新兵器を投入します

以前から気になっていた糖度計を

今回思い切って購入してしまいました。
イメージ 1

面倒な計測の手続き無しに、ワンタッチで直ぐに糖度が図れる優れものです。

金属部先端にセンサーがあり、そこをを試料に押し当ててスタートボタン一発で図れます。

その分ちょっとお値段が張りますが・・・


早速次に収穫するグァバでも図ってみようと思います。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事