故郷納税制度など【必要】ありません?

 
故郷納税制度を利用している地方自治体は、ただ単に税収を増やすのが目的です。
 
税収を増やしたければ、地元に 「新産業を興し」 企業の収益を増やし、また雇用も増やせばよい事です。
 
さらに地域の資金を新産業につぎ込み利潤を増やせば、様々な金融が、触手の伸ばしてきます。
 
たとえば地元で消費している電気やガスに代わる物を、生産して地元の産業にすれば良いでしょう。
 
自ら知恵を出さずに、大都市の税収を横取りするような制度に、しがみついていてどうしようというのか。
 

開く コメント(0)

 
車体が衝撃を受けるとエアーバッグが開いて、運転席と助手席の安全を確保します。
 
さらにキャブレターからエンジンに送られているガスを遮断し、同時に急ブレーキがかかるようにすれば、かなりの事故は減らせるでしょう。
 
少なくとも縁石や壁を壊して、突っ込むように事故は無くなります。
 
 

開く コメント(0)

日本が開発した【アンモニア】燃料?

 
アンモニアの生産には 「高温・高圧」 を必要としていましたが、日本の技術は 「高温・常圧」 で生産する事に成功しました。
 
またアンモニアは燃えにくいガスですが、これもクリアできたようです。
 
さらにアンモニアは低沸点媒体です。
したがって 「バイナリー発電」 の原料になります。
 
アンモニアの動画。
 

開く コメント(0)

帆船式【風力発電機】は世界を救う?

 
帆船の両舷に発電用の水車を取り付け、強い風の吹く中を航行すれば、大量の電力を得られます。
 
直径が100mもある風力発電機の羽は細く、吹く風のほんの一部しか利用していません。
 
いっぽう帆船は広い帆に、いっぱいの風を受けるのですから、効率よく発電できるのは当然です。
 
さらに発電に適した海域に出かけて、発電を行うのですから、航海の間中電力を生産できます。
 
電力を使って 「オオマサガス」 を生産すれば、電力を必要な時はいつでも、ガス発電機で電力を生産できます。
 
世界には仕事が無くて困っている人々が大勢います。
彼らの力を借りて帆船を建造し、さらに航海に出て電力を生産してもらえば、クリーンなエネルギーを安価に生産できます。
 
 

開く コメント(0)

小型風力発電機は【ロボット化】に適しています?
 
トンボに似せた羽、これに風レンズを取付け、さらにプラズマアクチュエーターを張付けます。
 
すると驚くほど効率よく電力を生産できます。
構造は至ってシンプルですから、保守点検に手間をかける必要はありません。
 
したがって放って置いても、電力をドンドン生産できます。
余った電力で 「オオマサガス」 を生産し、需要が増した際はオオマサガスを使って、ガス発電機で電力を生産します。
 
電力の生産をロボット化できれば、エネルギーコストは低下します。
 
エネルギーは産業の基盤ですから、エネルギーコストが下がれば、すべての物価は値下がりします。
 
当然ですが、多くの消費者は喜ぶ事でしょう。
 

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事