百姓の田舎暮らし

手打ち蕎麦と薪ストーブは必需品。ニホンミツバチと共にネット時代を生きる百姓の実践的田舎生活情報満載

十割蕎麦を打つ

すべて表示

夕食に一打ち

昨日松本で購入した栃材の木皿と砥部焼の片口を使い、夕食は蕎麦膳に。店でこの皿を見た瞬間、百姓の打つ蕎麦にぴったりだろうと感じましたね。こういうシンプルかつスマートな木皿はなかなかありません。素晴らしいですね。片口も、今まではあまり使う機会がなかったんですが、これってすごく使いやすくていいですね。今夜は蕎麦湯を入れて使ってみました。おー、素晴らしい。蕎麦と器が絶妙にマッチして、見た目にもいい蕎麦膳になりました(喜)。もちろん味は最高。満足、満腹、幸福でした。

その他の最新記事

すべて表示

薪仕事の前に

2018/11/16(金) 午後 1:02

力をつける、力が出る、食べ物といったら、やはり餅でしょう、ということで、朝一で今シーズン初の餅つき。昨晩から水に浸しておいた1.5升の新米もち米(カグラモチ)を機械にセット。楽ですね。1時間でできました。少しとって、あんころモチに。いやー、 ...すべて表示すべて表示

さて、やるかー明日から薪仕事

2018/11/15(木) 午後 5:46

午後は公務。さすがにだんだん公務も減ってきましたが、年度末に向けもう一山越えなければなりません。まあそんなことですが、野良の仕事は終わってるんで、残るは薪材の片付け。今年はとにかく薪の当たり年で、これでもかというくらいゲットできました。嬉し ...すべて表示すべて表示

一日も早く食べたいので

2018/11/14(水) 午後 4:55

浅漬けもいいですが、やはり糠漬けのように、本格的な漬け物がいいですよね。ただし、やや時間がかかるのが問題。ならば、速成でやってしまおうと、今年は、小さな大根だけは別樽に仕込んで早く仕上げ、早く食べ始めようと思ってます。速成でも、結構いける味 ...すべて表示すべて表示


.


みんなの更新記事