若竹屋日記

福岡県田主丸町より日本酒情報を発信する若竹屋酒造場のスタッフブログ

全体表示

[ リスト ]

セバン・スズキ(1) ケータイ投稿記事

イメージ 1

ご存じの方もたくさんいらっしゃると思います
日系4世 カナダ生まれのセバン・カリス・スズキさん 1992年 ブラジル リオデジャネイロで開かれた地球環境サミットへお小遣いをため自力で出席し 大人達に向けて地球環境破壊を止めるようスピーチした当時12歳の少女です
それは伝説のスピーチとして 高校の英語の教科書にも取り上げられています

今彼女は29歳となり お腹に子どもを宿しています 現在も環境運動家として活動している彼女にあらためて焦点を当て 同じまなざしで食や農などの現場に向き合っている人々を描いたドキュメンタリー映画「セバンの地球のなおしかた」が公開されてます

セバンは福岡にもよく来られていて 数年前 西日本新聞社のホールであった クリキンディという赤村のカフェのオーナーの方との対談を聴きに行きました


2008年に公開された前作「未来の食卓」ではフランスの小さなバルザック村の食への挑戦が描かれていました
今回の映画には桂川町の有機農家・古野隆雄さんが登場されてます

セバン、 古野隆雄さん、 そしてこの映画を監督したジャン=ポール・ジョーさんのコメントです

「私たち、ずっと同じことを言い続けているわ」

「大切なのは生活の質と健康、そして子ども。だから私は自己中心的に自分たちをどう救うか考えていきたい」

「今が未来をつくる」〜セバン


「だからこそ今、日本で見られるべき映画だと思う。邦題はむしろ『人間のなおし方』でしょう」〜古野隆雄

「『未来を変える80人』という本で古野さんのアイガモ農法を知りました。福岡で実際に会ってみて、彼の内面から沸き上がってくるエネルギーと美しさを感じました。あの水田は何時間も眺めていられる、まさに生命の美しさ。もちろん米もアイガモも日本酒も実においしく、目も耳も舌も喜びました。」〜ジャン=ポール・ジョー

セバンの父 環境学者 デヴィッドスズキ氏がセバンを諭した言葉です

「それでいい。言い続けることがわれわれの未来への闘いなんだ」

>西日本新聞8/7朝刊より


世界中 地球上にはありとあらゆる『酒』があります 日本酒、ワイン、ビール、焼酎、ウイスキー、ウォッカ、ジン、テキーラ…etc.
『酒』は地球の大地が育んだ穀物から出来上がります

『穀物』は「大地が育むもの」
『作物』は「人間が作る物」

だからこそ『作物』は少しでも自然に近くあって欲しい


2011-8/8

by Bトン

閉じる コメント(1)

顔アイコン

傑作ボタンありがとうございました(返信2ヵ月後になってしまいました・・すみません)

by Bトン

2011/10/8(土) 午前 6:45 [ 若竹屋酒造場 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事