ここから本文です
コウノトリ in 和歌山
和歌山県に飛来したコウノトリの情報をお知らせします。
  • 書庫コウノトリ情報

    すべて表示

    コウノトリ「百」三重県へ

    イメージ1 紀ノ川は穏やかな夜明けでした。鳴滝川河口では立派な錦鯉が悠然と泳いでいました。 周辺の田畑は「里の秋」の装いです。 先日まで姉妹で和歌山市に居たコウノトリの「百」J0182の最新情報が届きました。今は白浜を経由して三重県紀宝町まで飛んで行っています。このあとどんなコースを辿るかわかりませんが、できれば再び和歌山県に戻ってきてほしいですね。 姉妹のもう一羽、「歌」J0181はまだ和歌山市に居てくれています。そして有田川町には「かける」J0168が元気に暮らしています。 豊岡市出石町にいる「和歌山コウちゃん」J0057がペアのJ0130とともにいる姿が届きました。彼たちもいつ和歌山市に姿を見せてくれるのでしょうか。

  • 書庫その他の最新記事

    すべて表示

    • 未明にツバメの塒離れ

      2018/7/24(火) 午前 8:34

      毎夕刻に紀の川大堰下流の葦原に大集結しているツバメたちはいつこの塒を離れるのか気になっていました。毎朝、日の出前には出かけているのですがすでに飛び去ったあとです。そこで今 ...すべて表示すべて表示

    • ツバメの塒

      2018/7/21(土) 午後 9:57

      今年も紀の川大堰下流の葦原に「ツバメの塒」が出現し始めました。ここは飛来したツバメが日本で雛を育て夏を越したあと南へ渡る前に集結する場所として全国でも貴重な塒として知られ ...すべて表示すべて表示

    • コウノトリ観察のおかげでいろんな鳥たちに出会えるようになりました。都市部の和歌山市でもまだまだ豊かな自然が残っています。コウノトリのいない間は主に紀ノ川を巡っていますが今 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事