ここから本文です
コウノトリ in 和歌山
和歌山県に飛来したコウノトリの情報をお知らせします。

書庫全体表示

記事検索
検索

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ツバメの塒

今年も紀の川大堰下流の葦原に「ツバメの塒」が出現し始めました。ここは飛来したツバメが日本で雛を育て夏を越したあと南へ渡る前に集結する場所として全国でも貴重な塒として知られています。そろそろ集まる時期かと思い今夕観察に出かけました。ここは毎朝のように夜明けに出かけていますが、夕刻は朝とは全く違う顔を見せてくれていました。南の空には月齢8.0の半月が明るく輝いてました。午後7時半近くになって葦原がにわかに賑やかになってきました。四方八方から押し寄せるツバメの群れに圧倒されながらしばし時の経つのを忘れていました。季節は確実に移っています。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5


この記事に

開くトラックバック(0)

今朝もギラギラの太陽を見に紀ノ川へ出かけました。しかし少しでも高く昇るともう挨拶どころではありません。影が恋しくなります。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

和歌山は海が近く他の地域に比べてまだ過ごしやすいですが盆地は大変な暑さになっています。コウノトリのふるさと但馬地方も想像できない暑さになっています。そんな豊岡市に里帰りしている「和歌山コウちゃん」J0057は元気に過ごしているようです。『コウノトリ湿地ネット』に姿が掲載されています。http://wac-s.net/modules/hachi560/details.php?bid=5023

この記事に

開くトラックバック(0)

そよと微風もない夜明けの紀ノ川でした。鳴滝川樋門下のアオサギが何とも涼しそうでした。
イメージ 1

イメージ 2

紀の川大堰下流に広がる葦原のオオヨシキリも少なくなったようです。代わってツバメの群れが飛び回るようになってきました。今年周辺で生まれたツバメたちがここに大集結する日も遠くなさそうです。その数一万羽と言われています。全国でも少ない貴重な「ツバメの塒」です。日本野鳥の会和歌山県支部では来月5日(日)午後6時からこの場所で『ツバメの塒観察会』を計画しています。あたりが暗くなり始める頃、上空がツバメの大群で覆われます。http://bird-wakayama.server-shared.com/index.html
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

(追加)但馬に里帰りしているコウノトリ「和歌山コウちゃん」J0057と伴侶のJ0130とのツーショットが『コウノトリ湿地ネット』にアップされています。豊岡盆地は和歌山に比べても格段に暑さが厳しいところですが元気に暮らしているようです。http://wac-s.net/modules/hachi560/details.php?bid=5015
また有田川町にいる「かけるくん」J0168も元気に暑さを乗り切っています。『おっちゃんのブログ』をご覧ください。https://blogs.yahoo.co.jp/biwachan61/15789491.html
イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

この記事に

開くトラックバック(0)

鎮魂の虹

各地に大きな被害をもたらした豪雨も去りつつあります。紀ノ川は久しぶりの日の出が拝めました。西の空には二重の虹がかかっていました。鎮魂の虹のようです。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

コウノトリのふるさと豊岡市も記録的な大雨に見舞われたようですが、「和歌山コウちゃん」J0057の元気な姿が『コウノトリ湿地ネット』に掲載されています。有田川町の「かけるくん」J0168も元気に荒天を乗り切っています。http://wac-s.net/modules/hachi560/details.php?bid=5006

この記事に

開くトラックバック(0)

イメージ 1

「コウノトリ市民科学」が7月1日から正式に立ち上がりました。
 これは「日本コウノトリの会・東京大学・中央大学協働プロジェクト」として、市民参加によるコウノトリのモニタリングを行うものです。このウェブサイトは、調査員(全国からの参加者)から送られたコウノトリの調査データを広くわかりやすく公開するとともに、監視活動をより効果的なものにするために生まれました。
私もこのプロジェクトに参加させていただいています。
6年前の初秋、突然近くに飛来した1羽のコウノトリ・J0057(和歌山コウちゃん)がこのきっかけを作ってくれました。
現在「和歌山コウちゃん」は豊岡市で新しい伴侶・J0130と仲良く暮らしてます。今年は彼女がまだ若く、二世誕生には至りませんでしたが来年は期待できそうです。
残念ながら去年生まれた子どもたちは亡くなったか行方不明になりました。
今年の繁殖期も全国でたくさんのコウノトリの雛たちが生まれましたが多くの死亡情報がありました。野生の厳しさを実感させられます。
これまで豊岡市を中心に献身的なボランティアの方たちが全国に飛んで行ったコウノトリの情報を収集集約していただいていますが、100羽を超える個体の継続観察は大変な作業です。
今回正式に動き出した「コウノトリ市民科学」はそんな「コウノトリ見守り隊」にとってはとても心強いツールです。
現在和歌山県には有田川町に1羽(かけるくん・J0168)がいるだけですが、繁殖期が過ぎ秋風が吹く頃になるとたくさんのコウノトリが和歌山県(紀伊半島)に飛来してくるだろうと思います。
ウェブサイトをご覧になって興味を持たれた皆さんの参加をお待ちします。

(写真は紀ノ川で休むコウノトリ・J0057(和歌山コウちゃん)です。この冬の撮影です)

この記事に

開くトラックバック(0)

全96ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事