ここから本文です
コウノトリ in 和歌山
和歌山県に飛来したコウノトリの情報をお知らせします。

書庫コウノトリ情報

記事検索
検索

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

豊岡市から気になる写真が届きました。出石町森井の手作り巣塔に彼女(J0130)と一所懸命に巣材を運んでいたコウノトリ「和歌山コウちゃん」J0057が伏せているそうです。一般的に健康なコウノトリが伏せるというのは抱卵のためですので卵があるのかも・・・。彼女は隣の地区で休息だったそうです。間もなく吉報が届くかもしれません。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

新しい巣塔に春到来か?

豊岡市から春(?)の便りが届きました。コウノトリ「和歌山コウちゃん」J0057は豊岡市出石町森井の巣塔に彼女(J0130)と一緒にたくさんの素材を運んでいます。巣の中を整える役はどうやら和歌山コウちゃんのようです。そして交尾行動も見られたということで、二世誕生も充分期待できます。この彼女とは去年からペアになっていましたが、相方がまだ若く本格的な巣作りまでには至っていませんでした。今年巣釣りをしている巣塔は一昨年に三羽の雛を育てた三木の巣塔からそんなに遠くではありませんが、ここは地元の方が自分で作られたということです。写真で見るととても立派な巣塔です。作られた方の熱意が伝わったようでうれしいですね。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

この記事に

開くトラックバック(0)

春の雷

「春雷」の朝でした。
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4
豊岡市から「和歌山コウちゃん」J0057の便りが届きました。出石町森井の山裾に地元の方が作られた巣塔に一所懸命に巣材を運んでいます。とても居心地が良さそうです。早くここに落ち着いてくれればと思うのですが。
イメージ 5

イメージ 6

この記事に

開くトラックバック(0)


豊岡市から「和歌山の鉄塔?」と思われるような写真が届きました。
出石町鳥居の高圧鉄塔だそうですが、かなりたくさんの素材を集めているのは「和歌山コウちゃん」J0057です。
イメージ 1
このあと彼女(J0130)と一緒に近くの出石町森井の巣塔にとんで行き、こちらにも巣材を運びました。
イメージ 2
そしてこのあと和歌山コウちゃんは森井の巣塔から巣材を鳥居の鉄塔に運んだそうですが、鉄塔には置けませんでした。
イメージ 3
そしてそろって出石町宮内の方面に飛び、鳥居の鉄塔下の巣材を上に運びましたが、夕方には鉄塔上の巣材はすべて撤去されたそうです。
イメージ 4
地図上でこれらの位置を確認すると、二年前に三羽の雛を育てた三木の巣塔からそんなに遠くではありません。この水田地帯がお気に入りです。今年もどちらかの巣塔で子どもたちの誕生が見られるのでしょうか。
イメージ 5


この記事に

開くトラックバック(0)

かけるくんの足あと

現在和歌山県内に唯一定住している有田川町のコウノトリ・J0168「かけるくん」が先日一時遠出した際の足跡が公開されました。生まれ故郷の越前市までもうすぐのところでUターンしてきたようです。それにしてもすごい飛翔力です。今回のコースは以前にも福井県から海南市に飛来してきたコウノトリの足あとによく似ています。この時はさらには南下せずに北へ戻りました。今回は有田川から生石山を越えて海南市に入ったあと貴志川沿いに紀ノ川に入り橋本まで行き、その後奈良方面に行ったようです。紀伊半島へ至る「コウノトリの道」の一つです。
イメージ 1

この記事に

開くトラックバック(0)

全81ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事