アユ☆☆☆パラ♪

『夢と笑いと元気』を発信しています♪

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全238ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2/9 御五神/イサキバエ

今日も安定のうえむら渡船のハズでしたが、、、

ってか、1カ月前に予約した時は「1か月も先!?」みたいな話でしたが、

大人気で3週間前には満員になって、メンバー追加できずに(汗)

今回はキャンセルして、石橋渡船さんにお世話になりました。
イメージ 4


今回は釣研のメンバーを中心に

今年は全国大会5つ以上を決めている!?

念願のM川大先生との釣行です

釣りエサ屋さんでは、釣り武者メンバーのエサも大量に発見

残念ながら、大ボスシロモッチは来ていないとのこと!
イメージ 3


釣り武者の寒稽古だそうです!

連絡を取って、沖で会いましょう!」って、ことで!(笑)
イメージ 2


さて、今日は5名

寝床2番からの瀬着け

軍艦などにお客様を下ろして、

低ゲタには、某テスター様です。

この時期にどのように攻められてくるのか楽しみですね!


僕ら3名は本島の南西寄り

イサキバエ
イメージ 7


M川、O川、キャプテンです。

M川が右先端
イメージ 5


O川が船着き

キャプテンが残った左向き

M川が早速グレを掛けるも、抜き上げ時にバラし、その後は反応が途絶える

さて、

潮は当て気味

角度は少し変わりながらやけど、ちょっと釣り難い

ちょろちょろ変わる潮の向きに合わせて、マキエワークを変えながら釣っていきます。

釣れんですけど?(^^ゞ

本島向きや本島側の水道

ナッシング!

それから、左向きで少し打ち返した潮

今日の仕掛けはもちろんPEライン

ウキはエイジア0号

ノーガンで流すと、ハリスが少し流れるので、G5をハリスの真ん中に打つ

ウキもPEラインも無反応



でも?

何か違和感?

素針???


同じ所へ再投入


やはり、ウキもラインも無反応

でも、な〜〜〜〜〜んとなく、、、変???


小さく弾くように聞いてみた!?

素針???


いや〜、乗ってます


突きだす生え根を右に左に交わしながら


ネットイン



タモ枠オーバー、久しぶりだねぇ。。。
イメージ 1



その後は当て潮もキツメ


M川先生がイサキを釣る!
イメージ 8


なんとかイサキバエになりましたわ(汗・・・)


10:30頃の潮変わり(の予定・・・)



潮、変わらず(大汗・・・)



そのまま、大爆風になり、


昼過ぎ撤収・・・





ウェ〜〜〜〜イ!



全体的に、厳しかったみたいですw

僕らのメンバーは47㎝と48.5㎝+コッパグレ数匹って感じでしたw
イメージ 6

キャプテンの釣果は、48.5㎝以外に、30㎝のグレ3枚でした!

明日は湾内(竹ヶ島)のほうがよさそうやけど、とりあえず沖磯勝負


その前に、今夜は宴会ですな 




.

この記事に

開く コメント(0)

今年は横浜でのフィッシングショー

大阪と違って、サンラインやがまかつコーナーに行っても友達がほとんどおらんです。

会長にもなかなかタイミングが合わずに会えず、キング南さんはバリバリ大活躍してましたけど、北村憲ちゃんにもなかなか会えず、

仲のいいDAIWAのテスター軍団と戯れておりました。

イメージ 1



キング南さんには、
「他所で浮気して遊んでばっかりおらんと!」とツッコミ受けましたが、


そんなことはさておき、

TORAYさんの結束強度測定に興味があって、トライしてきました。

本当はラインとラインの結束強度を試してほしかったのですが、この日はサルカンの結束強度測定に限られましたわ!

とりあえず、やってきました!

ラインの銘柄は忘れましたが、

1.5号 

引っ張り強度は、3.3kg??

ってか、サルカンでか過ぎ!!!

トップは【3.41kg】イモムシノット



ダブルクリンチ4回転でトライ


2.81kgでしたw

ビミョー


ってか、結束強度というより、サルカンのデカさが大きく影響してきたような

ダブルクリンチの輪っか大きめか、ユニノットが良さそうな感じやったかな?

ん〜、
モヤッとです!(^^ゞ




.

この記事に

開く コメント(0)

FSヨコハマ

今やすっかり関東人(笑)

今回も田中修司さんと友松信彦さんのトークの続きです。

イメージ 1



そういえば、今季は友松名人と2回も釣り場で鉢合わせしていますわ!

さて、

ここに大知昭さんの話も交えていくと、

イメージ 4



ライントラブル

でも、PEは切れる!

やはり、強く合わせると擦り切れます!

僕も当初は合わせて切れたことがあったので、竿は1.25の胴調子、アタリも必ずラインの動きから早い段階で察知して、

電撃アワセ

これはやらない様にしています!

特性を理解して使ってもらえるといいです(田中)

さて、

友松さんはPE0.6

アワセ切れをやらないための対策は、ドラグがゆるゆるだそう!

あわせてからドラグを閉めて巻き取る!

ホンマかいな?

磯に張り付かれたり、主導権取られたりせえへんけ?

堂々と言われていたので、そのようだそうです。

一方、田中さんはPE0.8

アワセ切れさせないための対策は

竿が1号

動画でも確かにそうですよね。

そして、お二人共に共通されていることは、無下に魚に抵抗せず、さり気なくユラユラっとこちらを向かせて、魚がアレッと思っている間にサッと掬ってしまう!



我がイケイケ釣師の大ボス先生もそうなんですが、魚を掛けて巻いてるって感じじゃないんです。そもそも、アタリを合わせたことがわからないくらいですわ!


そんな中、別件で大知昭塾長に質問していると、「アワセなんてものは、チョイと手首をスライドさせる程度でいいんだよ。そんなに合わせたら、魚を怒らせるだけじゃ!」

イメージ 2




でもさぁ、ここぞってときに針ハズレ。

しっかり合わすってね〜。

ともあれ、そういったトーク内容でございました。

そして、リーダーですね。

友松名人はナイロンを8ヒロ!?

PEの特性を殺してない?

とも思いましたが、特にラインメンディングをするときのメリットがナイロンではポイントから外れてしまう。これが、PEでは止めたいポイント(タナ)で、スッとラインを張ると、ウキが水面下にサスペンドし、潮を掴んだウキがポイントを外さない!


へぇへぇへぇへぇへぇ!

いいこと聞いた

特に、友松さんがサイズを上げてくる理由はそのラインメンディングによって、今のタナを確実に狙って釣る!

しばらく入れ掛かりになるそうですわ!それもサイズがデカイともう独壇場!

その動作は田中さんも同じ!

ただ、田中修司さんのリーダーは

フロロ2ヒロ

結び方は「簡単ノット」

いやぁ、みんな違うもんですねぇ。。。


ちなみに、僕は!

えっ、聞いてない?(^^ゞ



お二人と同じPE、号数は0.8号

PRノットでフロロ1.75〜2号を1ヒロ



えっ、聞いてない?

ってか、タナを固定したい状況

これを安定させきれないときに、ナイロンにタナを決めて替えてしまう。

いやいや、難しいのは僕だけネ


そんなこんなで、次回はPEオンリーでやりきります!

イメージ 3


あとは

大物も掛けたときの最初の竿の角度

僕が思ってる角度とは少し違う

これ、試してみたいけど、

僕に大物が掛かるやろか?

今度、キング率いるG'zの大会に参加して、教えてもらいまーす!

イメージ 5



ってか、関東人の僕が行けるんかーーーい!?


そんなわけで、大阪のフィッシングショーに行かれる方、僕にもステキなお話を聞かせてくださいネ!(^^ゞ





.

この記事に

開く コメント(0)

(続きです。)

PEフカセ

そんなもん今更、動画見たり仲間で話したり、もう知ってるわ!!!

新しい内容はほとんどありません。

田中修司さんの動画を見られている方

内容をよく見て気付いていらっしゃれば内容ありませんw

個人的備忘録ですので、必要ない方はスルーしてくださいm(_ _)m


*******************************


さて、少なからず糸が絡むって話

トークショーが終わって、直ぐに田中修司さんに質問しに行きますわな!

田中さん「竿、何使われています? IMガイド、絡むでしょ!!!

ほんま図星ですわ! でも、僕らにはどないしようもありませんねん。

このガイド問題が変わらん限り、僕の中でのPE使用率は上がることはないなぁ。

これはシマノ製品の宣伝でもあるんでしょうけど、

Xガイド

これを踏まえてのPROTECH を見せてもらいながら説明して頂いたんですが、宣伝に乗っておきますww

ガイド問題はちょっと考えてみます
イメージ 2





あとは、ラインメンディングですわ!

「PEの特性は乾きやすいので、ティップを海中につけてPEに水分を取らせるイメージでやってみてください」とのこと!

通常のラインメンディングは状況に合わせて、それもやっていますが、

磯の状況、風、生え根、高さとか考えると難しそうでは???

ともあれ、

PE使用率を50%以上にできるようにしようと思います。





今日はここまで!




次回は、友松さんも含めた合わせやライン切れトラブルのことです!


ではでは!
イメージ 1
田中修司さんとツーショット!


今日は釣りガールな〜〜〜し!




.































この記事に

開く コメント(0)

おはようございます!

今日はお題の話

2019フィッシングショー横浜にて

2018 シマノジャパンカップ

優勝 : 友松信彦さん
3 位 : 田中修司さん

シマノブースでの、お二人のトーナメントトークからの
イメージ 2



【磯PEフカセ】

最近は釣友の中でも、PEフカセをしている方をたまに見かけます。


たまに!


やっぱ、圧倒的に少ないでしょうか???

皆様が釣行の中で、PEの使用割合はどれくらいですか?

使っていますという僕も1〜2割 w

1〜2割に留まる理由は、トラブルのリスクを回避しきれていないからです!

前にも初めて使った時の使用感からあまり成長していません

僕の場合、圧倒的に糸からみなんです。

スタートして、気をつけながら使っていても半日以内に必ず糸からみ

それも、修復が手間取りそうな糸からみ

そこからいつものナイロンに戻しますww

さて、

田中修司さんが言うには、

『 1・3位がPEを使っているのに使わない理由はない! 』

実際のところ、お二人の使用割合は、

友松さん:100%

田中さん:60%

だそうです。

特に、友松さんに至っては、

『 PEを使いだして、釣りが完全に変わった! 』

それで、6年ぶり3度目のジャパンカップ優勝を手に入れた!







あ、時間がないので、今日はここまで!



また、明日!










イメージ 1

みっぴ載せとくから許してね


.










この記事に

開く コメント(0)

全238ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事