アユ☆☆☆パラ♪

『夢と笑いと元気』を発信しています♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

10:00 場所替えタイム






皆さん、元の場所で続行ということで






私だけは、更に奥に向かいますが、ちょっとウネリが出て来ました!


と、思ったら、足首付近まで何度も波を被るんでチャラン棒を用意して再開。と次の瞬間、膝。。。ブーツの中に入りました(汗)ヤバイ?


でも、その間にグレらしきアタリが2回ほど…どうする?


と、次の瞬間に膝上まで被りました。

撤収…


皆さん、危険行為はやめましょう。



そ〜して、元の場所に戻って、ランチタイム


HIDEさんとお話しながら、バラシが1回あったとのこと。エサも取られることがちょくちょくあります。どうやらお魚さんが動き出したかな?


時合いでしょうか?



早速、元の釣座で足元から探るが腕が悪いか場所を空けていたからかサシエは残りまくりです。


さらに、活性が低いかとタナを目一杯下げたら根掛かり3回


タナを徐々に上げて探っていると


軽快にウキが入る




HIDEさんも見ていたのか反応が早い



「オオッ!」


これもデカイが…なんか。。。


さ〜て、タモの柄の#1を詰めて、ロッドベルトで固定した応急処置のタモですくおうとしたら


ギョエ〜



タモの首の部分がポックリ折れてる〜(ピクピク・・・)


というわけで



関西激流隊:ヒトシさんにタモですくって頂きました!


イスズミ!?ちゃいますわ!


こんな感じ
イメージ 1



外道ですが^^;
イメージ 2



そして、またしても磯際



今度は潮の流れに対して逆風



攻めにくいがココッとアタリらしきものが!



軽アワセ!


乗らんか・・・






ん?



穂先にワカメが付いてる?








ギェ〜〜〜〜〜




穂先、折れてるで〜(没)



幸いガイドは全て回収できましたが



こんなオチいらんで〜。。。



ま、昨年鮎竿を何本も折ったり(それも#7とか#8とか…)したことを思えば気が楽や。今回は保障も利くしね^^;



そして、1.2号の竿に持ち替えてちょっとだけやるが、もうウンともスンとも言わんので、グレ釣りは終了することにしました。





というわけで、迎船は2時ですが


もう一つの楽しみ


アオリイカ



船着き内側のシモリの張り出しを狙いたくて皆さんより早めに終了。ま、そのへんも意図してエサを撒いていたんですが、うまいこと配分できるようになってきましたね。


さぁ・・・


ん?



ない?













エギが。。。




ない。。。




忘れてきました〜(大汗)






というわけで、ラスト1時間はゴミ掃除・おしゃべりでした!


そ〜して、帰り船


船頭さんに釣果を報告して


助手さんに尾鷲のいろんな情報を教えてもらいながら、これまた貴重なお話をたくさん頂きました。


というわけで

結果発表


WINNER:よっちき! 

2匹長寸:76cm(43cm&33cm)



ありがとうございます。
イメージ 6




がまかつより優勝の盾
イメージ 5


こんなにも景品を頂いちゃいました!
イメージ 3
コーヒー以外は全てがまかつ製
ベストバッグ・偏光グラス・特製保温カップ(非売品)
ステッカー(3枚)・携帯灰皿・タオル+コーヒー




ワハハハハ(感謝)







そして、猛者の方々全員集まって記念撮影!
イメージ 4





少なからず、コレまでのよっちきには間違ってもこんな事態が起こるようなことはなかったと思います。年末の激流店主:近ちゃん、年始の隊長・北浦さんおよび数々の同行させて頂いた名手の方々との竿並べ・何気ない会話やいろんな情報とか自分の中で整理がつくようになっていて、それが実行に移せる技量がついてきたのかな?でも、次回はボーズ?いや、少なくとも厳しい状況とはいえ、毎回ちゃんと釣れているぞ!なんなんだ?



最後になりましたが、
今回の運営に携わって頂いたGFG三重支部事務局および幹部の方々
マーシー支部長・古川さん・北浦さん・中谷さん・・・その他、参加された大先輩の方々…





ありがとうございました!





次もヨロシクね^^





というわけで、当日の晩餐はグレ&チヌしゃぶ

その他、刺身・昆布〆・アラ煮。。。料理も楽しいなぁ^^

イメージ 7

開く コメント(24)

ワハハ (^Q^)/゛

行って来ましたよ〜

初(祝)尾鷲での磯釣り!

えっ、知ってる!?

さすが皆さん情報通ですな(爆)


さてさて、疑惑の!?内容はいかに…(⌒^⌒)bうふふっ




GFG三重支部磯釣りの部
GFG
昨年の12月23日の予定でしたが、悪天候により1月20日に順延になり、本日開催の運びとなりました!





というわけで、




2007年より鮎釣り関係で知り合いになったとっても怖そうな人!?



マーシー隊長
知る人ゾ知る
マーシー



興味のある方は、もしかしたらのフィッシングショ〜で会えるかもよ!




私の磯釣りへの関心度も高く、つい先日よりお仲間に入れて頂く事となりました!



で、




甲賀流忍者の末裔!?鮎釣りはバリバリのトーナメンター:忍さん
忍風庵夢想




と一緒に、よっちき号にて出撃!




受付開始:5時40分ということで 3時にえさ市場でマーシー隊長ご一行と待ち合わせです!




さ〜て、今日は豪快にデジカメを忘れましたんで、オールケータイ画像で御勘弁を…というわけで夜が明ける前の画像は。。。




これだけ。。。 m(_ _)m
イメージ 8




早速受付〜競技説明をして




場所決めクジ
イメージ 1



真っ暗なまま乗り込んで、さっそく渡磯



な〜んと5番までが本日のメイン磯:ドマクラに上がれます!




見事に幸運を手に入れたのは
中谷さん・ヒトシさん・水口会の方・HIDEさん・よっちきの5名




番号の若い順に位置決めですから、1〜4番の人が決めてからが私の位置になります。皆さん、さすがに今回限りは電話でどの位置が良いのかをやりとりしています。しかも、闇のうちから磯に上がったんで初めての私には全く何も見えず、分からず。というわけで、やっぱり!?船着き付近の潮通しの良さそうなところから4人が釣座を決められましたんで私は迷惑にならないように一番遠いほうへ行きました!




夜が明けたら、こんな感じに…
イメージ 2




ヒェ〜、皆さんすでに釣り開始してるやん(慌)




でも、こちらはゆっくり開始します。
イメージ 3


イメージ 4



イメージ 5



ともあれ状況確認しよう!





右の岩〜足元〜左のサラシへと順番に撒きます。





が、魚は全く見えません。潮の動きだけは分かりました。





そして、皆に遅れること10分、釣り開始!





船頭さんの情報では、タナ:3〜5ヒロで前日に50cmオーバーが揚がっています!モチベーションも最高潮です。




だけど、今日の目標は 尺グレ なんですよ(笑)




何度も言いますが、勝負に参加しようなんて、微塵も思っていません^^





名手の方々と竿を並べるだけでも学ぶことが多く、貴重な時間であり、それが一番の経験ともいえますからね。





7:00




1投目:足元を右⇒左に潮に乗せて流しますが、サシエは残っています。




2投目:同様に皆より多目のマキエに浮いてこないかなぁ。。。




なんて思っていたら











モゾモゾ…




ん?違和感…





竿先を弾くように疑いのアワセ





ワハハ




乗りました〜(嬉)




結構な引きではありましたが難なくランディング




1匹目は規定内:33cm
イメージ 6





本日のルールは、23cm以上の2匹長寸です!




それからは、




全くサシエが取られない、まれにサシエがかじられている!?





途中、名手の方々に状況を伺うと、どうやらキタマクラの仕業だそうです




そして、




8:30 2度目のコンタクトが訪れた!




紀東は足元を探れ!


これが、今季初めて紀東で竿を出すようになった私が聞いた言葉


マキエが全て左のサラシに向かって流れて、そこから全て右前方に払い出されます。サラシは空気が入るから水温が低いが泡の切れ目の先端へ寄ってないかな?うまいことマキエがそこに溜まってるんちゃうかな?なんて思いながら、最初にサラシの中ほどに多めにマキエを放り込んで更にその先端目掛けて大遠投!



狙った場所に仕掛けを引き込んで仕掛けが馴染んだところで





ゴゴン!







明確なアタリに即アワセ!







バッチリ決まりました!







しかも、結構エェ引き!







明らかにデカイ?






シモリに沿って潜る潜る潜る…





サラシの中のシモリに潜るのを交わしたら、気分的に余裕…





ここからが今日の自分はイケテルなぁ。。。なんて思いました!






即アワセ、魚の動き方、間違いなく上アゴに掛かっている感触!
気分的にも余裕でニューロッドのベンディングカーブに見とれています!これがやっぱり楽しい!がまかつらしい穂先の柔軟さと#3付近に乗せて一気に浮かせるパワーと美しいカーブ!足元に来て、なお、足元の張り出したシモリに突っ込む〜余裕で交わす!自分って、こんなに上手かったかなぁ?どう考えても竿のポテンシャルに助けられました。だって、余裕のやり取りという実感。まだまだ大丈夫って感じでしたよ。



ちなみに、こんなやり取りは、TOMOさんの2年前の九頭竜川終盤での釣行にて知ったこと!この方も私の大切な鮎釣りの師でございます!
STREAM SIDE






そ〜して、何度もの猛攻をあしらって見事に浮かせた!そんなに大袈裟なサイズではありませんが^^;





明らかに、40オーバーです





見事にネットイン?








メキッミシッバキッ…?










ギョェ〜、タモが折れた〜(大汗…)


実はジョイント部がガタがきてて、買い換えようとしていたんですが、まさかこんなときに。。。







「すいませ〜ん、HIDEさん。タモ貸して下さい!」

「オッケーオッケー!」

「ありがとう!(涙涙涙…)」


ネットイン?


ん?


ユラユラユラ〜♪


なんだ?


ギョエ〜、タモ枠が抜けた〜(疑・大汗)


「ごめんなさい、HIDEさん。タモ、買って返します!」


え〜、え〜、え〜〜〜〜〜っ…


ついでに、そのまた隣の方までタモを借りに走って頂きました!


こんなにタモに入って逃げて〜入って逃げて〜・・・


よく耐えてるでしょ〜、間違いなく上アゴですね〜


その他の場所なら、穴が開いて、バラしてるかもね・・・


で、そ〜して





見事にランディング!





「おめでとう!」(by HIDEさん)


「ありがとうございます!初40オーバーのグレ様です!」


さっきのと比べてもデカイっしょ^^
イメージ 7





ワハハハハ!



トーナメントバッカン必要やな〜。この時間からクーラー入れたらちょっと縮むやんか〜。ま、ええけど。。。




ド素人の私の読みが当たったのか偶然かはともかくとして、思った通りに実践して釣果につながると嬉しいですよね!





というわけで、そこからはまたしても魚信が途絶え、サシエも残ります。



〜〜〜 続く… 〜〜〜

開く コメント(8)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事