アユ☆☆☆パラ♪

『夢と笑いと元気』を発信しています♪

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Good-orning
 
ウコンの力のおかげで朝からスッキリ絶好調♪
 
今日は6時に川田オトリ店に集合です!
 
今日は厳しい状況というのに四国を拠点とする41名の名人が終結
 
/8(日)名釣会四国地区本部鮎釣り大会 IN 四万十川
 

みんな9月のチームバトル申し込んだかぁ?

今日はついでにパワードVIPの3名も紹介しておきますね!
 
先ずは四国地区本部長:H歩さん並びにI川競技委員長ご挨拶
イメージ 1
 
また、本日はG杯仁淀川も延期が決定し、G杯組とT邊さんも急遽参戦!
 
えらい超豪華フルキャストのメンバーでんがな。。。
 
そして、
 
今日は3年振り2度目の直接対決で勝負の憲ちゃん(パワードVIP)
イメージ 5※ なんか、オレの顔デカイ???憲ちゃんがチッコイのかぁ?(大笑)
 
競技時間:13時オトリ屋さん帰着

河川:四万十川(北川川・梼原川)

状況説明ですが、解禁も落ち着き、状況は厳しいとのこと!
 
だけど、だてに郡上で皆さんと遊んでるわけではない私も目指すはテッペンでっせ〜!
 
 
そして、型の良い北川川か小さいけど数釣れる梼原川(ゆすはらがわ)
 
もちろん、たくさんのポイントを見たいということで!!!
 
地元の名手:O野さんに先導して頂きます。
 
梼原川 川口付近:30㎝高?、笹濁り…
イメージ 4

 
橋を境に上下に2人ずつ分かれてみてはどうかということでしたが、この状況では皆さんよ〜釣らんのちゃいますか???
 
どういうグループに分けるか思案していると、O野さんが舞い戻って来て
 
「あっちにオススメポイントがあるから2人来い!」ということで、

川相を聞くとココよりは穏やかとのこと!
 
ウッチ〜&トミ〜が行くことになり、智ちゃんと私はココにて勝負と相成ります。
 
智ちゃんには流れの緩いポケットと水温が上がって来てからのポイントと釣り方をレクチャーして私は下流側を探っていきます。
 
川の中は昨日の北川川と同じくビミョ〜・・・

そして、昨日の夕方には北川川はクリアになりつつあったのに、こっちは笹濁り…
 
四万十川の川相を簡単に説明しておくと、基本的には岩盤ベースで某河川みたいにドバ〜ンと岩盤が生えてる感じではなくて、所々に岩盤がツンと顔を出している感じです。そこに玉石があったりなかったりです。食み跡は一つの石のピンポイントにチョチョッとあるだけで、昨日の北川川もこちらも同じような状況!
 
だけど、それを釣れない言い訳にはできません
 
ただ、昨日もそうですが、石裏に入れて掛かってくる雰囲気ではありません。

そして、水位が高いこともあって結構キツイ…
 
しっかりと川の観察をしながらピンポイントを探って入れ掛かりパターンを見付けたいところです。
イメージ 6


そして、こんな時こそ落ち込み上の流れが速くなるところやそこの石頭

めっちゃ止め難いところにキッチリ止めて、誘いを入れながら反応を見る
 
反応ありまっせ!
 
追われた感じが2回で、3回目にケラレましたわ!
 
針を交換して、執拗に攻めると目印に違和感あり!




アカン!
 






直感でデカそう…
 
なんとかそこのタナに止めて体力を消耗させようと思って構えたのですが、一気に下流にブッ飛んで行きましたww

ここを流されていきましたww
イメージ 7

キッツイ流れを一気に駆け下りていきますが、所々の緩みで止めながら20mほど流されてようやくタモに収まりました!僕の掌よりデカイ24㎝クラスです。
イメージ 8

スマートな鮎なんでデカく見えませんが、24㎝ですわ!

ってか、上の画像のキッツイ瀬を攻めたかったんですが、河原はボ〜ボ〜のブッシュで遡っていくのは結構な大仕事なので、一旦諦めて止まったポイントからリスタート。
イメージ 13

 
ただ、白泡吹いた落差のある瀬尻に沈んでいる岩盤は他よりも黒いのとちゃうか?
 
キッチリ鮎をコントロールして攻めてるとやはり目印がフッと振れます。
イメージ 14

昨日から全体的にアタリは極小です。

瀬掛かり率が高かった証拠なのかもしれません。90%以上は瀬掛かり!
 
そして、増水の影響もあるんかないんか分からんけど、ココの川相は流れが止まってそうで結構流れが抜けているのかヒキがめっちゃ強いんですわぁ。
 
朝からマイスターは限界でんがな^^;
 
だけど、操作性とコントロールには全くの問題なしで鮎を掛けることに関しては良い仕事をしてくれます
 
掛かる傾向がつかめたらもう怖いもんなしです!
 
そして、途中で下流に走られ、岩盤を乗り越えたらズボッとはまり込んで
 
今季3度目のスマホ水没(我が学習機能ゼロ><)
 
 
だけど、四万十川ならではのこの景色どうよ!
イメージ 9

 
まるで、日本庭園で釣りしてる気分になるやろ〜!
 
うっとりしてたら、木の枝に天糸が引っ掛かり、張り替えた一投目でまた引っ掛けて><
 
なんかついてんのかついてないのか…
 
5匹は損したなんてブツブツ言いながら、鮎は見えないけどパターンは変わりません!
 
ホイ!
イメージ 10
 
ホラ!?(爆)
イメージ 11

 
ヨイショっと!スマートやろぉ!
イメージ 12

 
そして、時間を2時間残して橋下流の密かなメインポイント
イメージ 2
 
想像以上に結構ステキな瀬
イメージ 3
 
狙い時間もピッタンコ!
 
先行者なし!!!
 
沈めたら掛かるってことはなかったけど、丁寧に丁寧に〜
 
 
なんか
 
 
今年に入って、
 
 
入れ掛かりないわぁ!って、思っててんけど
 
 
とうとうウ〜ヘ〜きゃぷてん♪にも神様はいた感じですわ!
 
 
入れ掛かり〜!


身切れ1回、カメラ撮ろうと思ったら養ちゃん脱走が1回…
 
「事件は家で起きてんじゃない!現場で起きてんだ!」なんて、
 
よく分かりませんが、2匹以外はすべて20㎝クラスで稀に23〜24が混じったような僕の引き舟…
 
車のお迎え場所まで5分ほど歩くと引き舟の中は
 

超鮎酸欠状態・・・

ウッチ〜&トミ〜もボチボチ楽しんだご様子ですが、
 

「お前、なんぼ釣ってんねん!?」

 
智ちゃんの引き舟の水と食料用のペットボトルの水から何から何までオトリ缶に入れて、とにかくダッシュで戻ります。
 
午後もやる予定なので、酸欠フラフラの鮎を先の数えたら16匹いました^^;
 
だけど、釣る人は釣ってくるもんです!
 
優勝:高知たつのこ会:K藤さん(込み45匹)
イメージ 15
(※ 因みに、左側の方が釣りビジョンでお馴染みにN森康博さんパワードVIP②
 
圧勝です!素晴らしいですね!
 
3位:高知たつのこ会:西森―廣さん込み30匹、パワードVIP③)
イメージ 16
※ 超全国区の名手です!
 
皆さん、厳しい状況でもきっちり釣って来はりますね。

そして、川田オトリ店より当日賞ということで、8位の近重さんが見事にゲット!
イメージ 17


とはいえ、豪雨の出発劇から始まって、高水の中、終わってみれば楽しい遠征となりました。いつもの仲間とワイワイもいいけど、年に数回しか会わない全国の皆様との時間も長い人生を考えると非常に有意義ですよね。いつかは九州の日本3大急流にも行きたいし、まだまだ皆さんに教えて頂きたいこともたくさんあるし、そんときはよろしくね!
湖國に来る時はご案内致しますので、遠慮なく声掛けて下さいね!






そういうわけで

チームバトル(第7回全日本鮎釣チーム選手権)

テッペン獲ろうぜ、テッペン!
イメージ 18
 

意地でも絶対負けね〜からな〜!

よ〜く覚えとけ!

いつも、ポチィ☆感謝感謝感謝!


ところで、皆さんも四万十川に憧れている人いるんじゃない?全国各地に名川はたくさんあるとは思うけど、日本最後の清流と言われる聖地。興味あるよね?ちょっと遠いけど高速降りてからは比較的近いのであまり疲れは感じませんよ!
もうちょい早かったらホタル乱舞と鮎釣りがフュージョンできたかもしれませんが、少しは皆様が関心を持って読んで頂ければ行った甲斐があります!

次週以降は湖國北陸奥飛騨慕情か・・・

乞うご期待!
イメージ 20
















名釣会四国地区本部鮎釣り大会結果

名釣会四国地区本部鮎釣り大会 四万十川(梼原川:ゆすはらがわ)
実釣時間 7:00〜12:00
梼原川:川口地区 仲間トンネル下流側付近
釣果:準優勝 込み33匹(31+2)
イメージ 19

 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(16)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事