わくわく何でもチャレンジ♪

わくわく何でもチャレンジ♪はyoutubeに移動します

全体表示

[ リスト ]

皆様お久しぶりです。

鳩サブレー作りも今回で、遂に50弾という節目を迎える事が出来ました。

タイトルの再現実験というのは、今話題のSTAP細胞の再現実験ではありません。

無理やりこじつけるなら

S 魚焼きグリルで鳩サブレーを
T 作ろうとする
A アホな
P Person(人)

ってところでして、今回の再現実験はその名の通り

魚焼きグリルでの再現実験です

魚焼きグリルを使って最後に鳩サブレーを作ったのは5年前!!

上手く出来るかどうか、不安しかありませんがチャレンジです!!




今回注意点
・バタークリーミングなし
・卵は混ぜすぎない
・粉を切るように混ぜたあと、軽くすり混ぜてみる。
・焼成温度はグリル弱20秒on+40秒offで20分(バット2枚重ねで間に割り箸なし)
・生地は薄くならないように気をつける(4mm)

焼成温度に関しては過去最高点を出した第32弾を参考にしてみました。


【材料】
薄力粉          78g
強力粉          22g
砂糖(細目グラニュー糖) 62g
明治発酵バター(無塩)  60g
卵白           35g
卵黄            4g
ベーキングパウダー     3g
打ち粉(強力粉)     分量外

本当は上白糖でやりたかったのですが、グラニュー糖が余ってしまってるので仕方なく・・・
(この時点で32弾の再現は無理ですね〜^^;)

まずは生地作り。
バターに砂糖を混ぜて、卵を混ぜて、粉類も混ぜて、こんな感じ。
イメージ 1


これをまとめて冷蔵庫に30分ほど寝かせました。
イメージ 2


型抜きした生地を久しぶりのグリルで焼きます^^

20秒ON⇔40秒offを20回繰り返し、焼きあがったのがこちら。
イメージ 3

オーブンに比べて焼きムラも少なく、見た目は良さそうです。

裏面もまずまずかな。
イメージ 4


二つに割ってみます
イメージ 5

割れ方も合格点です。

断面図
イメージ 6

今回は比較となる本物の鳩サブレーが無かったので、単独ですが、
焼き色が若干薄いものの、十分に合格点を与えることが出来ると思います。



さて、肝心のお味の方ですが・・・

外側の硬さ、内側の生地のつまり具合、食感ともに申し分ありません。

が、しかし・・・甘みが足りません。

これは前回の失敗で分かっていたのに、今回上白糖を使わなかった私がいけないのですが

砂糖を除けば、ほぼ満足できる結果だと思います。


70点

砂糖を上白糖を使っていれば、32弾と同じ90点くらい出たような気がします。

ということで魚焼きグリルで第32弾の再現は成功出来たであろう・・・と思いたいです(笑)

ってゆーか、私のオーブンは魚焼きグリル以下って事を証明してしまったような気がしますorz





余談ですが、今話題の小保方さんがSTAP細胞作成の最適化の話を出していましたが、

「あ〜、科学者って俺の何百倍も最適化のために時間を費やしてるんだろうなぁ・・・」

って、思っちゃいました。

鳩サブレー作りで、同じ分量で作ってるのに高得点が出たり、悪かったりすることがありますが、

何で良くなったり悪くなったりするのか要素が多すぎて原因が分からないんですよね〜。

あの要因で上手くいったのだろうって、仮定して次に臨むと全然だったりして、

それの繰り返しで、50回という数字になっちゃってますからね〜。

混ぜ方だったり、温度だったり、焼き方だったりの「コツ」ってやつを最適化しないと、

毎回、成功することはできないんですよね。

材料だけなら多分、今回の砂糖を上白糖に変えれば、それほど間違ってはいないと思います。



ちなみに・・・

私の50回の画像を振り返ると、何枚か同じ写真の使い回しがあったりします。

材料を混ぜるときの写真を撮ってなかった場合とかに、前回のを使っちゃったり・・・

最終的な焼き上がり写真は毎回撮ってますが、型抜き時とか手に粉付いている状態で

写真を撮ったりするのって面倒なんですよねぇ・・・


って言い訳しなくても、私は誰からも文句を言われることは無いんでしょうけど。






次回の予定

【材料】
薄力粉          78g
強力粉          22g
上白糖          62g
発酵バター        60g
卵白           35g
卵黄            4g
ベーキングパウダー     3g
打ち粉(強力粉)     分量外


次回注意点
・バタークリーミングなし
・卵は混ぜすぎない
・粉を切るように混ぜたあと、軽くすり混ぜてみる。
・焼成温度はオーブン余熱あり160℃18分程度?
・生地は薄くならないように気をつける(4mm)

閉じる コメント(13)

(((*≧艸≦)ププ…ッ 同じ研究者の目として知り合いが彼女を見守っています。
わくわくさんと同じような結論を話してくれますw
毎日、じぃぃぃぃぃ〜っと同じ事を繰り返し、小さな変化を拾っていく。
私にはできないなぁ。。。(^_^;
彼女、これからも好きな仕事が続けられるといいんですが…
(・ω・`;)ァ・・・ 試食なら、死ぬまで続けられますがw
(・ω・`;)ァ・・・ 手抜き料理の開発も死ぬまで続けられそうですw

2014/4/18(金) 午前 5:23 hanamarin

顔アイコン

hanamarinさん♪
何を仰いますか!!
手抜きをしたいから、カップラーメンが生まれたんでしょうし、
手抜きをしたいから、全自動洗濯乾燥機も出来たんでしょうし、
今の世の中にある便利な物や技術は手抜きの賜物だと思います。

毎日料理を作り続け、失敗もしつつ小さな変化を拾い、手抜き料理を開発し続けるhanamarinさんは、まさに研究者じゃないですか〜!!

2014/4/18(金) 午前 6:12 わくわく

第50弾、おめでとうございます。
第100弾、第200弾まで続けてくださいね^^。
魚焼きグリルで焼くチャレンジは凄いことだと思うし、尊敬もしてます。そこでこっそり言っていい?
邪道になるのですが・・・、一回だけオーブンでも焼いてみて欲しいな〜^m^。

2014/4/18(金) 午後 0:38 [ - ]

顔アイコン

しりちゃん♪
ありがとうございます。
1回1回積み重ねて、気づいたら200回ってことになってたりするのかなぁ。でも今のペースだと20年後とかかもしれませんが。
えーと。。。35弾から49弾まではオーブン使ってます。。。

2014/4/18(金) 午後 4:34 わくわく

顔アイコン

お久しぶりです^^

2014/4/18(金) 午後 5:58 温泉バブル

顔アイコン

ついに50回目ww
裏面の焼き色具合が個人的に大好きな色具合やわ〜

そう言えば材料の中に水飴って無い?本家もわくにゃんサブレも?

生地って作ってる部屋の温度や湿気具合とかでも変わってきそうだね。
完璧なの作るの無理すぎるわヽ(´o`;

2014/4/18(金) 午後 7:25 ヒロポン

顔アイコン

バブルさん♪
どうもお久しぶりです^^

2014/4/18(金) 午後 8:18 わくわく

顔アイコン

ヒロポンさん♪
裏面に関してはグリルが圧勝ですw
ってか、オーブンのときにも天板の上にバットを置いてやれば良い色になるのかもしれません。
水飴は無いよ〜〜〜〜!本家も私のも・・・
生地は22〜23℃以下じゃないと手作りは厳しいっす。
あと湿度低くて乾燥しすぎは生地パサパサになるから急がないとね〜。

2014/4/18(金) 午後 8:27 わくわく

5年前からとは…すご過ぎる

2014/4/19(土) 午前 6:38 ちゅ〜りっぷ

顔アイコン

ちゅーちゃん♪
1回目を見たら2008年だったよ〜。もうすぐ6年・・・

2014/4/19(土) 午前 7:51 わくわく

顔アイコン

おおっ!!
第50弾は懐かしの魚焼きグリルの使用ですかっwww
魚焼きグリルでお菓子を作る・・・ってことに
当時かなりの笑撃(衝撃)wを受けた記憶がwww
1度にたくさんは焼けなくてかなりの長時間、工房にこもっていましたよねぇw

・・・で、同じ写真の使いまわしwww
毎度真剣に見ていたのにまったく気が付きませんでした!!
一瞬、見つけてみよう!!と思いましたが〜今度にしますwww

2014/4/21(月) 午後 11:21 ぐむ

顔アイコン

ぐむちゃん♪
写真を使いまわしたのは、生地をボウルで作っているところかな〜。
バターに砂糖を混ぜた状態とか、卵を混ぜたところとか、ほぼ代わり映えのしなかった時に・・・
変化のあるところはちゃんと撮ってますからね〜。

2014/4/22(火) 午前 1:14 わくわく

顔アイコン

内緒様♪
メールいたしました。

2014/10/25(土) 午後 11:05 わくわく


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事