早いものでステップワゴンに乗って6ヶ月が過ぎました。
私なりに感じた事を記してみたいと思います。

まず特に感じる事は、、自動無段変速機( CVT)は0-100kmのフル加速には向いていないと言うことです。
早いとか遅いとかの問題では無くて、回転の立ち上がりに比例したダイレクトな加速感が薄いな?と思うのです。
でも、これはスタートダッシュでアクセルをベタ踏みした時に感じる事です。

実はステップワゴンの良さは、私的にエコモード選択時の2000回転キープだと思っています。

軽くアクセルを踏んで、タコメーターを2000回転まで上げた後その回転数をキープします。
車速の伸びに依っては回転数が下がったりしますが、でも車速は伸びていきます。
↑の部分の説明
2000回転でかなりの速度が出ます。その為、前走車が40〜50kmで走行すると回転数は1500回転位になります。
ですから普通に街中走行する場合は、2000回転〜1500回転の範囲がベストだと思います。

3000回転まで使うとすごく早いです。
でもアクセルを急に踏み込んで加速させようとしても何か違うんですよね。
ジワリと踏み込んで CVTとのつながりを感じ取りながら加速させるととても良い感じになります。

2000回転までだととても静かです。
3000回転まで回すとエンジン音が高くなります。
あとそれ以上の回転数はあまり使おうと言う気が起きませんね。

走行性能は不満無く十分だし、素直に曲がってくれるのでとても良いですね。

これまでのワンボックス(ミニバン)歴は
ライトエース1800GL
エスティマ ルシーダG4WD
ラルゴ2000ディーゼルターボ
ボンゴフレンディオートフリートップディーゼルターボ
ステップワゴンGR
そして
ステップワゴンRPで

やはり車の進歩あるいは進化をすごく感じます。


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1500ccターボ

ステップワゴンの納車が11月末だったので、1ヶ月が過ぎました。
ようやく走行距離が1000kmを越えました。

ステップワゴンが発売された当初は、惹きつけられはしたものの、どうしても1500ccと言うキャパに疑心を抱いていました。

もう去年となりましたが、夏ごろに息子が帰省して来た折、新車に乗って登場しました。

車は「プジョー 5008」
試乗した際に息子から「7人乗りだけどこの車の排気量は1600ccだよ!」と聞かされました。
とても1600とは思えない感じに驚きました。
それまで私が持っていた排気量=馬力と言う概念が覆された瞬間でした(ちょっと大袈裟かも)

もしかしたらステップワゴンも実用域で使うだけのパワーとトルクはあるのでは?!と思った訳です。



さて、納車されて幾つかの不満点が在ります。
リヤゲートの色違い。そしてよくよく見るとサイドスカートとボディの色も合っていない。サイドミラーの色も然り、
これってもう意図的にされてる感満載です。もう色に関しては諦めました!!

ナビはドラレコ対応なのにドラレコがナビに対応していない。
ドラレコ本体の価格が19800なのに契約書には35000となっていた。(取付け費用込みだと思うけど)
価格的に上級のナビ対応の物がついているとばかり思っていた。

ボディコートが施工されていたが、説明書を見ると施工後1週間位で仕上げのコートを自分でやってくださいとの事。
えっ、自分でやるの????だったら頼んだ意味なくない!

イメージ 1
購入したグレードはG−EXだけど、ダッシュ周りに木目調のアクセントが付けて在り、ナビパネルはピアノブラックだけど画像の→部分はプラスチック感丸出しのお粗末なもので全く一体感がない!!
せめて木目かピアノブラックで揃える位の事は出来なかったのかな?!

後日偶然ネットでピアノブラックのカバーを見つけて即注文、貼り付けると一体感が出て満足満足!でした。

スパーダと言う選択肢もありましたが、実際年齢的に見てスパーダのコンセプトよりは落ち着いたブラウンの内装が良いのでは?!と考えてEXグレードにしたのですが、もう少し内容を充実させて欲しかった感が在りますね。


そんな風にいろいろと不満も在りますが気に入った部分もありますので結果オーライとしておきます。


もうすぐ子供たちが帰省して来ます。
7人乗りではとても対応出来ませんが、今の時代家族に1台では無くて、1人に1台の時代ですから、集まってくる車の駐車場で四苦八苦です。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

夢の見納め

久しぶりにトラキャンの夢を見ました。



ここ数年旅行やキャンプから離れて久しい日々が続いています。

骨の髄までキャンパー生活が染みついていたのが、キャンカーを手放してからはすべてが疎遠になってしまいました。
自分の子供や孫達が大きく成長して行動を共にする事が無くなったのが手放した最大の理由でした。
それ以降は前日夕刻に出発して途中車内泊と言うスタイルだったのが、早朝出発と言うスタイルに変わりました。
そして、宿泊が伴う場合は、旅館、ホテル利用に変わりました。

一番のメリットは出発前の準備がとても簡素になったと言う事!

キャンカーの時は、洗車はもとより、電気の充電、水の補給、ガスの準備、荷物の積込み、その他もろもろと結構時間を取られるハードなものでした。
でも、そのお蔭で道中は快適だったのですが(^^:


夢の続きです。
私が新調したトラキャンに乗って知り合いが集まる場所に出向いたのが始まりです。
その何とも形容しがたい不格好なトラキャンに皆から賛否両論が沸き上がり物議を醸しだしたのです。

なにわともあれ私の夢なので私自身そのキャンカーについて明確なビジョンがある訳では無し、只夢の中で「どうだ!すごいだろう!」と自慢しているだけなのでした。

いやー危ない危ない!
トラキャン好きなのに現状トラキャンに関わっていない事にさいなまれ、自己弁護し始めてしまっています。

問題は明確なビジョンが浮かばない!事!

来年はこの夢がきっかけとなって、夢や目標が膨らむように日々を過ごしていけたらと思います。

良い年が来ますように!!

この記事に

開く コメント(0)

またまたステップワゴンネタです。


イメージ 1

リヤゲートの画像です。
わくわくゲートと右のゲートパネルとの色が違います!!

イメージ 2

わくわくゲートは鋼板パネルでゲートパネルは樹脂製なので、色に違いが出るそうです。

よく、バンパーとボディの色が微妙に違っているあの現象だとの事です。
それにしても何だかぶつけて板金塗装をした様な感じですね。特にガンメタなのでその差がよくわかります。

これがホワイトかブラックだとそれ程気にならないのかもしれませんね。

ゲートを見るたびに気分が落ち込みます。
と言うよりも、新車だという気持ちが冷めてしまってうれしくとも何とも感じられなくなっています。
参りました。

せっかく良い車に遇えたのに❗


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今回は燃費ネタです。

現在の走行距離が711kmになりました。

納車後空の状態で燃料給油45リットルで満タン。ほとんどが通勤で走ってタンクゲージ残り4分1で給油。
2回目給油36リットルで357km走行なので燃費は9.9kmとなりました。 

その後満タン状態で片道45kmを通勤で往復!往路は早朝なのでまずまずの車の流れ!復路は金曜午後7時前後の為渋滞でゴーストップの連続!
帰宅時に車両のディスプレイで走行100km燃費13kmを表示。

そして本日浜松の孫にプレゼントを届けるため往復走行254km。

帰宅時のディスプレイの表示は16.5km
タンクゲージは半分より1メモリ上!

正確では無いが、350kmをおよそ21リットルで走行、燃費は16.5kmとなりました。
カタログデータが17kmですから、もし全線高速だったらカタログデータ以上の数値となっていたでしょう。

いやーこれには大満足です!!

ステップワゴンRG1の最高記録が12kmですからはるかに上回りますね。
ただし2名乗車の条件付きですが(^^;



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事