全体表示

[ リスト ]

松山 (赤岩・1,450M)に別れを告げて、二十六夜山に向かいます。
途中、ブナが点在する気持ち良い樹林の雪道を歩くことができました。
(画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)
イメージ 1


やがて尾根を外れて階段を下ると車道に出ます。
「道路特定財源としてのガソリン税が生活道路でもないこのような山の中の車道作りにも使われているのだろうか?」と思いながら歩きました。
車道をわずかにを登るとすぐに左手に二十六夜山の入口の指導標に導かれて山道に入ります。20分ほど登ると頂上に到着します。松山山頂から約50分ほどかかりました。


この山は興味深い云われが書かれた看板と「廿六夜」と刻まれた石が頂上よりわずか下った場所にありました。これを読んで7月の二十六夜に地元の方々と訪れるのも面白いかもしれないと思いました。
(画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)
イメージ 2

イメージ 3


山頂からの眺めも素晴らしいものでした。
御正体山が堂々とした姿で目の前に居座り、連れの2人も登ってみたいと言っていました。
(画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)
イメージ 4


九鬼山がもっと近づいて見え、リニアモーターカーの実験線の橋がみえてきいました。
(画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)
イメージ 5


今日の山歩き最後の山頂からの眺めを堪能して下ります。適度の勾配で雪道を下るのは心地よいものです。途中で枯れ葉の中に沢山の赤い木の実が落ちていました。ツルウメモドキの実でしょうか。

イメージ 6

麓近くで狩猟をしている3人組に出会い挨拶しました。猪、鹿が狙いのようですが獲物なしとのこと。
この時期はあちこちで狩猟をしてますので山を歩く場合は黄色や赤の目立つ服装をし、鈴(カウベル)を鳴らしながら歩くことをお勧めします。私も真っ赤なフリースを着て歩いています。(笑)

途中、仙人水と書かれた水場でおいしい水を飲みました。午後3時を回り山の気温が急に下がってきたので温かな水と感じました。
イメージ 7


16時を少し回った頃に登山口の戸沢に着きました。
登山口から本日歩いた全ての山並が見えました。人家の庭からの眺めですが素晴らしい借景のお庭です。
(画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)
イメージ 8


このあたりから見た三つ峠や本社ヶ丸はなかなか立派です。
(画像をクリックすると拡大してご覧になれます。)
イメージ 9


ここから富士急赤坂駅まで1時間かかるのでバスで行く方法もありますが17時20分頃に一本あるだけです。
近くの「芭蕉月待ちの湯」(大人700円、TEL0554-46-1126)に入ってからそのバスで帰ることも可能ですが早目に帰宅したいとの連れの要望で歩くことにしました。車道を1時間歩くのは山の道を歩くより疲れます。

赤坂駅に着くとすぐに臨時の電車がきました。
気持ちの良いや雪の山歩きができた一日でした。

閉じる コメント(8)

顔アイコン

歩きますね! 7時間近くですね、私だと8時間はかかりそうです。
日の長いときに挑戦でしょうか〜〜
8時間歩けるか心配ですが、いい山のコースですね。
二十六夜山に月の出を待ってなんて、素晴らしいですね〜〜行って月の出を待ってみたいですね〜〜〜(ニコニコ!)いいですね!

2008/2/16(土) 午前 0:54 miyama 返信する

にぎあう都会から離れ、閑散とした冬の山道をのんびり歩くのもいいですね!時間も気にせず、気に入った被写体があれは足を止め、けして無理せず・・・私の人生もこんな風に生きたいものです・・・。

2008/2/16(土) 午後 6:14 soi*o*itu*e 返信する

顔アイコン

面白い山の名の由来ですね。赤い木の見なんでしょう、大きそうでね。外側の黄色が印象的です、素晴らしい雪山の風景に☆☆☆

2008/2/16(土) 午後 6:39 やすこ 返信する

顔アイコン

miyamaさん、昼食や途中での休憩を1時間半ほど含んでいるのでいるので歩いたのは6時間位です。連れのペースでのんびり歩いていたのでこれは誰でも歩ける時間と思います。
そうですね。月を待ってみたいです。そして三尊に出会ったら最高!(笑)

2008/2/16(土) 午後 8:21 walker_aki 返信する

顔アイコン

そいのにつけさんのおっしゃることを多少、実践してます。
「歩いていると無心になれる」とテレビで精神科医が言ってましたからストレスの多い方にはお勧めと思います。

2008/2/16(土) 午後 8:28 walker_aki 返信する

顔アイコン

yasukoさん、この山名は以前に登った時にも興味があったのですがその当時は説明の看板がなかったので分からず仕舞いでした。今回登ってよかったです。殻の黄金色と赤い実が綺麗でした。数十個落ちていたので気が付きました。大きさは10mmくらいでしょうか。ツルウメモドキのような気がしてきました。
雪山はモノトーンで撮影は難しいです。(^^;

2008/2/16(土) 午後 10:39 walker_aki 返信する

顔アイコン

雪山をトレッキングもステキですね〜^^
二十六夜の月とは、なんともありがた〜いお月様なのですね^^
ホント、見て見たいですね^^こういう言い伝えって毎度思いますが神秘的ですよね。7月のブログが楽しみです!(??)

狩りの人たちもいるんですよねー。目立つ服装でもドキドキですね^^;無事でなにより☆

2008/2/17(日) 午後 9:41 ウラセレ 返信する

顔アイコン

雪の時の山歩きは格別ですから昔は雪が降ったらすぐに犬のように喜んで飛び出しました。最近はちょいと足が重くなりました。
昔の人たちは仏様たちが現れて望みを叶えてくれると信じていたんですね。でも普段の功徳がものを言うので私は難しいかも(笑)
迷彩服は避けたほ方が良いようです。猟をしている人たちも驚くような真っ赤な服装だったので無事でした。

2008/2/17(日) 午後 11:37 walker_aki 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事