全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

AOR / 『L.A. Attraction』

イメージ 1

AOR /『L.A. Attraction』

1. How Could I Ever Forgive Her
2. Don't Ever Say Goodbye
3. One More Chance
4. Like An Open Book
5. The House of Love
6. Tears in the Rain
7. I Won't Give Up On You
8. The Spark of My Soul
9. Last Chance At Love
10. L.A. Winds
11. Give A Little Love
12. Lost In Your Eyes

musicians:
FR??D??RIC SLAMA: guitars,keyboards
TOMMY DENANDER: rhythm & lead guitars, keyboards,bass
STEVE LUKATHER: guitars
MICHAEL LANDAU: guitars
PHILIP BARDOWELL: lead & backing vocals
DANE DONOHUE: lead & backing vocals
RICK RISO: lead & backing vocals
J.LYNN JOHNSTON: lead & backing vocals
DAVID DIGGS: keyboards,guitars
PETER FRIESTEDT: guitars,keyboards
DAVID WILLIAMS: guitars
JOEY HEREDIA: drums
MARCOS UDEBA: keyboards
TOBIAS MARBERGER: keyboards

◆デイン・ドナヒュー、リック・リソーといったお馴染みの面々に加えて今回は新たにフィリップ・バードウェル、J.リン・ジョンストンの2人がリード・ヴォーカリストとして参加。特にフィリップ・バードウェルはメロディック・ロック系の知る人ぞ知るカリスマ・グループ:アンルーリー・チャイルドの3作目で見事な歌唱を披露した他、ビーチ・ボーイズのサポート・メンバーとして約10年間活動している超実力派!
◆プロデュースはスラマ本人プラス、北欧メロディック・ロック界のリーダー:トミー・デナンダー、LAのマルチ・クリエイター:デヴィッド・ディッグスといったお馴染みの顔ぶれに加え、今回はスウェーデンの若きAORジニアス:ピーター・フリーステットも1曲担当し、アルバムに新鮮な風を吹き込んでいます。 特にそのピーターが手掛けた『Give A Little Love』(ヴォーカルはデイン・ドナヒュー)を1曲目に持っていく辺りにフレデリック・スラマの意気込みが感じられます。
◆バックにはスティーヴ・ルカサー(g)、マイケル・ランドウ(g)、デヴィッド・ウィリアムス(g)、ジョーイ・ヘラディア(ds)他、LAの名手も多数参加。

               ーインフォメーションよりー


Airborne/『Airborne』(79)

イメージ 1
■Airborne/『Airborne』輸入盤CD/未開封品■
キース・オルセンのプロデュース!
メロハ−系を手がけだした頃の作品で、後のsheliaやI-tenに繋がって行く
土台となったアルバムです。
このバンドのドラマ−、マイク・ベアードはキース・オルセン作品では
欠かせないメンバ−の一人となりました。
厚みのあるコ−ラスも魅力です。

Prod. KEITH OLSEN
AIRBORNE
MIKE BAIRD : Drums
BEAU HILL : Vocals, Guitar & Keyboards
JOHN PIERCE : Vocals & Bass
DAVID ZYCHEK : Vocals & Lead Guitar
LARRY STEWART : Vocals, Guitar, Keyboards & Woodwinds

1. The Lady Knows Best
2. Feel Like Lovin'
3. Ghost of Love
4. Wastin' My Time
5. No Exception to the Rule
6. Soldier of Fortune
7. That's Where My Love Goes
8. Life in the City
9. Stand Up
10.Optimystical

イメージ 2



とオークションへの出品時の下書きと音源が残っていたので抜粋してUPしました。

80年代にハード・ロックのラットやウォレント等をプロデュースしていたボー・ヒルが

在籍し率いていたバンドなのでそれなりにハードなのですが、その反面

AOR、メロデック・ハード系のアルバム・プロデュースも得意としていた

キース・オルセンがプロデュースを担当し、メンバーにはTOTO系のミュージシャンの

アルバムにも参加していたマイク・ベアード&ジョン・ピアースが正式メンバーだった

バンドとしても再評価されていたバンドのアルバムなのですが、注目点は音楽性にあります。

今回ピックップしたナンバーを聴いていただいて翌年に発売された『Airplay』の

ハード・ナンバーが浮かびませんでしたか?

サウンドスタイルにボーカル&コーラス・アレンジはほぼ同じだと思います。

ここへ煌びやかなキーボードとギターとジェリー・ヘイのホーン・セクションが

入っていれば面白い音が聴けていたかもしれませんね。

ですのでこの『Airborne』は人気盤でした。



イメージ 1

Byrne And Barnes/『An Eye For An Eye』

01. An Eye For An Eye
02. Standby Love
03. Crack The Whip
04. Keep On Running
05. One More Try For Love
06. Never Gonna Stop Loving You
07. Love You Out Of Your Mind
08. I’ll Try A Little Everyday For You
09. Making For The First Time
10. Be My Baby
11. Right Through The Heart
12. That’s The Way She Goes
13. Who’s That Look In Your Eye


BYRNE AND BARNES
(バーン・アンド・バーンズ)

マッスル・ショールズが産んだナイス・デュオ、バーン・アンド・バーンズのAOR超名盤、夢の世界初CD化!名盤『ワン・ナイト・ロマンス』で知られるマッスル・ショールズNO.1のメロデイ・メイカー、ロバート・バーンが、最良のパートナー、ブランドン・バーンズと共に創り上げた珠玉の名作。CD化に際し、ボーナス・トラックとして未発表録音2曲追加収録。1981年作品。

甘過ぎず、固すぎず、ハーフ・ビターな揺らぎ感。ウェットなヴォーカルとクールなオケのバランス。ボーナス・トラックも、何故にお蔵入りしてたの?というクオリティ。2001年のAORリイシューNo.1が早くも決定!

金澤寿和(音楽ライター)


AORで真先に名前を挙げたい重要なアーティストと言えば、ロバート・バーンなんだな、私の場合。その理由は、自分がAORに求める最も重要な“メロディアスな哀愁感”を、他の誰よりも持っている人だと思うから。

山崎稔久(ADLIB)

  −発売元 ドリームズヴィル・レコードのインフォメーションよりー





このアルバムは輸入盤店で大変人気が高かったAORの歌物系で、

サウンドは過不足ない程度で二人が作った作品とボーカルが主役です。

記憶では店内で流せば手にとって、又は壁に掛けられているジャケットを確認している人が多く居たと。。。

70年代中期以降に登場した、シティ・ミュージックと呼ばれたAORの初期の頃の

甘酸っぱさとソフトな音や空気を多分に残したとてもリラックスして聴けるアルバムです。




開く トラックバック(1)

イメージ 1

Wilson Brothers/『Another Night』

Steve Wilson Vocals, Guitars
Kelly Wilson Vocals, Guitars, Keyboards
Jon Goin Guitars
Shane Keister Keyboards
Jack Williams Bass
Kenneth Buttrey Drums
Farrell Morris Percussion

Additional Musicians
Steve Lukather Guitar Solos (All Song)
Ernie Watts Saxophone


1. Feeling Like We're Strang
2. Another Night
3. Thanking Heaven
4. Shadows
5. Just Like A Lover Knows
6. Lost & A Long Way From Ho
7. Can We Still Be Friends
8. Ticket To My Heart
9. Take Me To Your Heaven
10. Like Yesterday

51年生まれのスティーヴと60年生まれのケリーによるウイルソン兄弟、

が79年に発表した唯一(?)のアルバムで、シングルとしてリリースされた

「Another Night」のB面は未収録と成っているのが残念ですが、多くのAORファンが

CD化を待ち望んでいたアルバムでした。

LP発売時は帯に「スティーヴ・ルカサー大熱演!!!」と書かれていたのは

今でも覚えています。この当時、TOTOのメンバーが参加しているアルバムを

チェックする方は多く居て、





開く トラックバック(1)

全13ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事