ここから本文です
”どうしてそんなに韓国が好きなのかしら”
約丸6年間に渡り書いてまいりましたがこの度の閉鎖に伴い現在引っ越しFC2ブログにて運営しております良かったら遊びに来て下さいね☆

書庫過去の投稿日別表示

全1ページ

[1]

今日わpolarisです
幕開けと共に各地でお祝いの花火が上がったり
昨日は一年の締めくくりの様に年越しそばを食べた皆さんも多かったとか
我が家は極普通にソバンニムが一杯やる時のおつまみに一夜干しのイカを焼いたり
枝豆やキャラ葺きなど・・特に普段通り
普通に会社にも出勤している為長い休みの感覚というのは余り感じないなぁ〜
さて2019年が5月を迎えました
皐月五月かぁ〜
四カ月が終わった訳ですけど
こうしてブログで昨年のtour記事を書いて居るけど
他のメンバーさんは皆さんちゃんとその後も渡韓していますよね
羨ましい話です(羨ましいばかり言ってないで行動に移さないと・・
やっぱり自分のやりたい事やるためには普段はお仕事そして英気を養う為に
韓国へ・・というシチュエーションの人生を送られていらっしゃる様です
ゲタ君しかり、私にも『やればできる為せば成る・・』と何時も発破掛けて来ます
自分の気持ちを出しなさいと言う事の様です
素直に率直に・・
ま、その為には付いて回る物も必然的に出てくるわけですが
まぁ、自分はそうそうそういう状況に持っていけないのでしょうがないです
福岡のメンバーさんでtour後もやり取りしているルルちゃんもこの連休釜山へ行くと
言ってましたルルちゃんも普段は自分のお仕事やバイトまでしていて
凄く毎日忙しい想いしているし子育てと仕事を両立させて頑張ってる姿は
本当頭下がります・・韓国と台北でのんびり出来たら良いね・・

ピンク色の八重の躑躅に続いて薄いピンクと白い躑躅
この季節は躑躅が真っ盛り何処へ行っても出逢えます
白い色赤い色桃色も色々な濃さが在り本当に鮮やかな皐月五月を迎えています
イメージ 6

次男は平成生まれで後一年で節目の30年だったんだけどね
まぁこれはしょうがない令和が訪れたと想ったら我々川崎フロンターレに
余り良く無いニュースが
奈良チャン長期離脱・・・うーーーーん何だか哀しい始まりだ
だけど皆で頑張るしかない・・今居るメンバーで融合していこう
子供たちがたくさん来る仙台戦絶対勝ちましょう

イメージ 5

昨日の記事のヘムルタンのお食事の後のシッケは
美味し過ぎてお代わりをしちゃいましたのど越し爽やかですっきりしたぁ〜
イメージ 7

お店を後にしてマイクロバスの在る場所へ向かう最中
何やら 『ピンス・・・』どうこうというお話が聞こえて来て
すっかりダンボの耳に成ってしまいました
メンバーのいち子ちゃんと恵美子先生がこの後食後のピンスのお店に行くらしい
これは『ちょっと待ったぁ〜』と一声掛けてご一緒させて戴くことに
その節はご無理を言ってどうも申し訳けありません
お陰で素敵な南原の最後の夜の思い出が出来ました皆さんカムサハムニダ
バス組にさよならして早速歩き出すと行き成り
ちょっと歩き出しただけでもうこんな状態何ですよ
『なにぃ〜これぇ〜何だぁ〜素敵じゃない凄いよぉ〜』とつぶやくつぶやく
趣のある韓屋街の街並みにドツボにはまります
イメージ 1

このまま南原の夜が終わらせるわけにはいきませんからね〜
いちこちゃん達に交ぜさせて貰って本当に感謝です
実は前の日初日もホテルを出て隣のカフェへ行くとか
下へ又降りて行ってお店の在る周辺に行って見るとか何もせずにシャワー浴びて
寝てしまったので勿体なかったねぇ〜と同部屋のルルちゃんと話して居たんですよ
流石色々考えて居らっしゃる皆さんは違いました
二日目の食後の後の事何てこの日全く考えて無かったし南原市の事も余りチェックも
しないで居ていち子ちゃんの声が聞こえて居なかったら
又何も無いまま終わって居たかもおーー恐ろしい 

目的地へ向かう間我々が発した言葉は
『えぇ〜此処も良い此処良いよぉ〜
こっちで(韓定食のお店らしい)食べたかったぁ〜
などなどの皆同じ様な言葉を発し続け歩き続けていましたよ笑えますが本当に率直な感想

イメージ 3

やっぱり南原はこの二人の物語無くては語れません
妓生の娘である春香(チュニャン)と両班の息子李夢龍(イ・モンニョン)の
身分の違う2人の恋物語所謂韓国版ロミオとジュリエット物語
 ここ南原、広寒楼苑周辺はこんな風にどこを歩いても物語を
知ってもらえる様に工夫して居る様子が沢山在り嬉しいですね

という訳でバスの中には荷物は置けないので全部背負ってそして
一緒に行きませんかぁ〜とお声掛けて一緒に行くことに成ったメンバーも加わり
(ルルちゃんもカノンちゃんも皆行きまーす
急遽その場でお別れする為ゲタ君には、カフェに行くぅと言ってさようならしました
(まぁゲタ君達もホテルに到着後お出かけしたみたいでした後から聞いたお話では)

イメージ 2

イメージ 4

我々の目的地はカフェですそれも『棗ピンス』提供してくれるとの事
お店の名前はサンドゥル茶軒(ダホン)
サンドゥルB1A4じゃない・・と自分の感想
とても趣のあるカフェのご紹介は次回で・・・

羅北道 南原市 双橋洞 103-2
  電話:063-632-3251
営業時間:11:00 – 22:00 月曜定休

問い合わせ 南原市庁文化観光課パク・ヨンニム(박연임)さん
メール:
yh2jung@korea.kr

電話:063-620-6165まで朴さんまで
 

では皆さん又次の記事でお逢いしましょうね

開くトラックバック(0)

全1ページ

[1]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事