★富山 ラーメン

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

この日は 



前回は開店したばかりでオープニングメニューのみだったんですけど、夜限定メニューが追加されたと聞いて、仕事が17:00で終わる日を狙って夜にお邪魔してきました♪

イメージ 2




自然派らーめん 蓮さんです

お店に着くとキレイな夕焼けが広がっていました!マジックアワーってやつですね




前回の訪問「らーめん」













メニュー ↓

イメージ 3



イメージ 4


前回はなかった「ワンタンメン」と夜限定の「餃子」をいただきます♪





「ワンタンメン」1100円


イメージ 1


ご主人は無化調富山ブラックの万里さんで修行し、万里さんの味を踏襲されています

化学調味料に頼らず濃い醤油味に負けないスープにするため大量の昆布と鶏ガラをつかい、醤油も地元富山で昔ながらの「糀蓋」という仕込み方法を守る畑醸造さんの醤油を使用しています
ラーメンとしてはちょっと高額ではありますが、美味しくて安心して食べられるブラックラーメンなんです





イメージ 5


艶々なワンタンがたっぷり♪





イメージ 6


漆黒スープのなかで褐色に染まるワンタン。皮が薄くしなやかで、雲呑の名の通りつるりと雲を呑むような王道のワンタンです!
スープをまとったワンタンがめっちゃ美味い
中の餡には鶏と鴨の挽肉がはいってるそうですが、鴨肉は、、よく分かりません(←バカ舌です)




イメージ 7


この日はややしょっぱめな味つけのチャーシュー。万里さんや蓮さんでは、チャーシューはそのまま食べるというより崩してスープに馴染ませスープにコクを出すためのものなので、しょっぱめでもOKかな??






イメージ 8


万里さんでは手もみ青竹踏みの自家製麺ですが、蓮さんでは地元シクヤ製麺さんによる国産希少小麦をつかったオリジナル麺。
開店初日にいただいたときは「万里さんの麺を再現した感じ」でこれはこれで素晴らしいものだと思ってたんですが、この日は手もみの縮れ具合や麺幅も不揃いで、製麺会社で製麺機で製麺してるはずなのに手づくり感あふれてて、自家製麺を凌駕!凌駕しすぎていて、製麺会社でここまでやるんだってびっくりしました


当ブログでは製麺会社さんの名前がよく出てきますが、ラヲタ知識を披露してるわけではないんです
以前、成美製麺さんの工場見学をさせていただいたこともあり、製麺会社さんすごく頑張ってる!と実感したので、少しでも製麺会社さんを知ってほしい!という気持ちで書いています

何となく自家製麺のほうが美味しそうと思いがちですが、製麺会社さんは自家製麺とほぼ同じ工程を大きな機械でやってるんです。製麺会社というと人の手が入らないオートメーションなものを想像しがちですが、作業は自家製麺とそんなに変わらず手間隙かけて製麺しています(←本当に大きな会社は違うと思いますが)
自家製麺はご主人ひとりの頭のなかで麺とスープの相性を考えてつくるのに対して、お店と製麺会社さんが相談しながらつくるコラボ。製麺会社さんはとても重要な存在なのです






あっ、餃子も食べましたね♪



餃子500円


イメージ 9



イメージ 11



イメージ 10




万里さんで以前出していたけど自家製麺を始めて手がまわらなくなり止めてしまった餃子を伝授、蓮さんで夜限定で出しています

パリパリの羽根がついた餃子は一般的な餃子焼き機?ではなく大きな丸い鉄鍋で、重たい鉄の蓋を乗せて蒸し焼きにしています
アウトドア調理器具「ダッチオーブン」のような効果でしょうか?鍋全体が均一の温度に保たれ中の餃子にじっくりと火が通っているようです

羽根のパリパリ感がすごい野菜と挽肉の感じがとても好きな感じで、


めっちゃ美味い!


餃子レポ慣れないから適当っぽいなぁ。。ディーオンさんの見て勉強しますっ






自然派らーめん 蓮
11:00~15:00(L.O14:30)
17:30~22:00(L.O21:30)
定休日 火曜日
富山県射水市橋下条11-1
0766-75-0261
駐車場有り

この記事に

開く コメント(12)[NEW]

この日は、Twitterのフォロワーさんのオフ会に潜入(といっても私が一番厚かましいんですが)してきました!






場所はこちら!

イメージ 1


砺波市のカレーが美味しいBar SUNTRICさんです

イメージ 3

黒を基調としたお洒落なお店ですよ









この日同席させていただいたのは

富山の魅力だけではなくあらゆるジャンルに精通し、とても分かりやすく引き込まれるブログを書かれているあるのんさん、 
富山カレー界では有名な激辛女王だけど、実はスイーツやラーメンその他あらゆるグルメを愛するキリ実さん



顔の見えないおつきあいでしたが、普段からTwitterで活動を拝見してるので話が早い(笑)

イメージ 2


夜は成美製麺さんの麺をつかったカレー麺あります!







私は前回の訪問と同じくお気に入りの

「カレーつけ麺」1000円


イメージ 4

辛さは2辛(←辛いの苦手なんで、これが精一杯)




イメージ 5


成美製麺さんで定評のある豚蔵さんのつけ麺の麺を細めに仕立てたものなので、そこら辺のラーメン専門店のつけ麺より断然美味いです!カレーメインのお店なので麺茹での設備もないのにいつも茹で加減ピッタリなのが素晴らしい

この日は写真撮ったりみんな揃うまで待ってたりしてたらちょっと乾いてしまい、勿体なかったな〜







イメージ 6


カレーラーメンの「福ちゃんカレーヌードル」、激辛まぜそばの「赤鬼」とSUNTRICの麺メニューが勢揃い♪







私のつけ汁(
2辛)

イメージ 7


さらっとしてるのでベーコンや玉子などの具材が沈んでますね
つけ汁は多種のスパイスが辛いだけではない複雑で奥行きのある味わいを生み出していて、めっちゃ美味いです。これに成美製麺さんの小麦香るむっちり麺の組み合わせが堪らなく良いのです





キリ実さんのつけ汁はなんと
20辛

イメージ 8


たっぷり投入された香辛料により濃度アップ、ドロッとしているので具材が沈まずキレイ



イメージ 9


並べて見ると差は歴然(笑)



キリ実さんは涼しいお顔で召し上がっておられました
とっても貴重なチャンスだけど、味見させてもらう気にもなりませんわ。。



あるのんさんも「赤鬼」を平らげ(私は麺1本でムリなやつです)、キリ実さんの20辛ももらっておられました
この歳になって、全く知らない世界を覗いたような。。

このおふたり、こんな激辛チャレンジもされています。スゴすぎ。。







イメージ 10


食後のドリンクで辛さリセット。メイソンジャーがお洒落





めっちゃ楽しかったです!
またどこかでお会いできるのを楽しみにしています





激辛マニアもラーメンマニアも満足できる、そんな希有なお店はこちら!
↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓     ↓



CAFE&BAR SUNTRICK(カフェアンドバー サントリック)
11:00~14:00 17:00~20:00(金土、祝前日は17:00~22:00)
定休日 火曜日 第1第3水曜日
富山県砺波市新富町5-53
0763-33-1850
http://suntrick.jp/
https://www.instagram.com/cafebar_suntrick/

この記事に

この日は富山です



とっても気になるお店があったので、行ってきましたよ




8月1日にオープンした生まれたてのお店

イメージ 2





麺帝 九絵(めんてい くえ)」さんです

イメージ 1






イメージ 3


富山大学近くの「五福8区」交差点付近、丸亀製麺隣のとっても小さなお店。駐車場はありません






イメージ 4


外観は古びていてちょっと怪しげ、秘密の隠れ家のようですが、なかはとてもキレイに改装されていますよ


カウンター7席だけの、黒を基調としたお洒落なバーのような雰囲気。金沢でいうと「麺 路地裏(鮮魚麺 海里)」さんのような感じで席の後ろはすぐ壁のコンパクトな造りです

ラーメンをつくる男性とバイトちゃん(カワイイ)、ラーメンをつくらない男性(マネージャー的な?)での営業





メニューは

イメージ 5


熟成雲丹つけそば
熟成雲丹担々麺
熟成醤油そば

の3種。雲丹、そして札幌の老舗西山製麺さんの麺にこだわっているようです
この日もとっても暑かったので「つけそば」を食べられてるかたが多かったけど、この2種をシェアしていただきました!






「熟成醤油そば」750円

イメージ 6



イメージ 7


鶏とはまぐりのスープにほんのり甘めの優しい醤油タレ。背脂が結構はいってるけどギトギト感は無く、あっさりスープにコクや旨み甘みをプラスしています。何気ないけど美味いですね





イメージ 8


麺は、シェアしたため着丼してすぐいただいてないのでちょっと柔らかくなってましたが、多加水のつるんとした細麺です

チャーシューは茨城県産ブランド豚「ローズポーク」を使用。ちょっとパサっとした食感、たまたまかな?







「熟成雲丹担々麺」850円


イメージ 9


醤油そばと同様、艶々と黒光りする器が特徴的。知人のかたにつくってもらったオリジナルだそうです

黒い器にトマトの赤が映えますね



イメージ 10


西山製麺さんの極太麺がむちむちつるんとして美味い




イメージ 11


そんなに辛くない肉味噌、なかにはいってるオレンジ色のはもしや雲丹?と思ったら違いました(笑)担々といっても胡麻の風味は感じないです
雲丹はソースにつかわれてるようですが、雲丹感よく分からないです(←バカ舌)





イメージ 12


さっぱりとサラダ感覚で食べられます
トマトは旨みや甘みがあまり感じられなくてたまたまかもしれませんが、いろいろこだわっているようなので、トマトの品種もちょっとこだわってほしいかな?




屋号の「九絵」。お魚のクエを「九絵」と書くこともあるのでクエとなにか関係あるのかな?と思ってたけど



「食え」をもじったらしいですよ







専用駐車場がなく、近隣に有料駐車場もないので気軽にお邪魔できないのが残念ですけど、頑張ってもらいたいですね




定休日は今のところ定めてなく、不定休のようです

「麺帝 九絵」
11:00~14:30 17:00~21:00
富山県富山市五福8区3547-1
050-6867-9145
駐車場無し

この記事に

おサボり期にいただいたラーメンも、
ちょいちょい挟み込んでいこうと思います




7月4日に開業された

イメージ 1


自然派らーめん 蓮」さんです



蓮店主は無化調富山ブラックの「ラーメンの万里」さんで修行されていて、万里さんでもお見かけしたことがあります。異業種からの転職ですが、万里店主が惚れ込み手塩にかけて教え込んだ逸材。開業をとても楽しみにしていました







イメージ 12


金沢の名店とよく似た店名ですけど無関係です!








イメージ 2


開業したこの日は

「らーめん」
「チャーシューメン」

「追加麺」(万里さんでは大盛りは無く、いわゆる「替え玉」をこう呼んでいます)


とメニューを絞っての営業です







イメージ 4


古民家風だけど厨房周りの真紅の壁がお洒落
ご主人のセンスのよさが感じられますね






イメージ 5


ファミリーに有難い小上がり席もあります








イメージ 3


お冷やは冷水機でのセルフ、これも万里さんと同じですね









イメージ 6


白シャツが爽やかなご主人と奥様、あとスタッフさん2人での営業です







イメージ 11


万里さんと同じく、原材料にこだわったハイクオリティな無化調富山ブラックです






「らーめん」900円


イメージ 8



イメージ 7


鶏ガラと魚介の分厚い出汁の旨みとこっくりとした醤油が融合する漆黒スープ
万里さんと似てるけど、出汁の旨みがわかりやすく軽やかで少しあっさりしているかな?と思いました。タレにつかわれてる「生揚げ生粋醤油」の効果??



美味いです


それでも石川県民の味覚としては、完汁は出来ないですね






イメージ 10


豚バラロールチャーシューから染み出た脂がスープにコクを与えます







イメージ 9


スープを吸って褐色になった麺は高岡の老舗シクヤ製麺さんの特注麺
万里さんの自家製手打ち麺に引けを取らないもちぷり平打ち麺で食べ応えあります


地元の製麺会社なので製麺師さんも富山ブラックを食べて育ったのではないかと思います。単に受注があったから生産しているのではなく、製麺師さんの思いもこもってるはず
ラーメンの魅力はスープももちろんですが麺の魅力も大きな割合を占めるもの
製麺会社名って表に出てこないことが多いけど、ラーメンは店主さんと製麺師さんのコラボだと勝手に思ってます(もちろん自家製麺のお店は違いますが)





万里さんで修行され、似たタイプのラーメンを出されてるので今は万里さんと比較されると思いますが、徐々に独自のカラーを出されていくのかなと思います



ひとまず「ワンタンメン」が始まったらまたお邪魔したいです






自然派らーめん 蓮
11:00~15:00(L.O14:30)
18:00~22:00(L.O21:30)
定休日 火曜日
富山県射水市橋下条11-1
0766-75-0261
駐車場有り

この記事に

一心丸の内店を任されていた杉田君のお店、予定では5月中旬だったのですが


イメージ 13







イメージ 2







7月20日、一心丸の内店があったビルの1階に
ようやく真新しい暖簾がかけられました!

イメージ 1


中華そば つぼみ」の誕生です





この日は一心時代のお客さんも多数駆けつけ、中待ちも発生する賑わい。
店内は綺麗に改装されて、清潔感があり落ち着いた雰囲気。厨房を囲むカウンター10席位?、4人掛けテーブルがひとつ、奥に小上がり1卓。小上がり横のボックス席は中待ちスペースとして使われています。
杉田君とても落ち着いて作業してるけど、厨房がよく見える造りなので魅せる要素も必要かな?







丸の内店閉店からつぼみ開業まで期間が空いたこともあり、杉田君とはそらみちさんで偶然お会いしたり、改装する前のお寿司屋さん跡をのぞかせてもらったり、開業前には試作をいただく機会もありました




イメージ 3


開店2日前にいただいたのは「鶏と水」の中華そばでかなり美味しかったけど、「鶏の出汁が思うように出ていない」と不満のようでした








そしてオープニングメニューは

イメージ 4







「煮干し中華そば」750円


イメージ 5


イメージ 6



一心譲りの「黄金の煮玉子」が目を引きますね!
伊和島産いりこ100%、動物系不使用の和出汁。「和だし専門 一心丸の内店」に近いもので、杉田君も自信を持って出せて、一心時代のお客さんも嬉しいメニューです




イメージ 7


煮干100%といってもグレーではなく、内側から光を放つような黄金色の澄んだスープ。煮干は濃密ながら上品なほろ苦、醤油タレのほんわりとした甘さ。




美味いです





「濃厚ベジポタ中華そば」780円


イメージ 8


イメージ 9


カレーラーメンじゃありませんよw






イメージ 10


鶏白湯に野菜がたっぷりとろけたベジポタは杉田君が好きな天下一品をオマージュしたもの。しっかりしたとろみのスープは食べ応え満点でアダルトにはちょっと重めw
この辺は県庁などもありビジネス街なので、働き盛りの男子には嬉しいメニューですね






イメージ 11


高岡の老舗シクヤ製麺さんのプリもち中太麺はどちらにも合う絶妙麺。これからまぜそばとかもやるみたいなので、違う麺も楽しめそうです








つぼみ(蕾)は、開花前の、未熟ながらも希望に満ちた状態。
自分はまだ未熟なんだという「謙虚さ」を、
また、いつか花開く日を信じて、内に秘めた「情熱」を持ち続けたい...。

という思いが店名に込められています
今はまだ固く閉じた蕾かもしれませんが、
ゆっくりと時間をかけて花を咲かせてほしいですね






当面は昼営業のみだそうです


イメージ 12


中華そば つぼみ
11:30~14:30 18:00~22:00
定休日 日曜日
富山県富山市丸の内1-5-8
076-443-1585
駐車場 店舗横に3台+3台

この記事に

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事