自然派らーめん 神楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

この日は



最近何気に行けてなかった
自然派らーめん 神楽さん
久しぶりです




前回の訪問「梅の香塩ラーメン(冷)」「煮干しラーメン(冷)」「淡麗煮干しラーメン(冷)」

自称カグラー?なのに3か月も空いちゃった






イメージ 2


しばらく休止していた無添加餃子復活しています
格調高いお店に餃子の幟はミスマッチかな〜






イメージ 3


餃子は復活したけど大好きなワンタンは無くなってしまったので、ワンタン入りだった「神楽麺」は「特丸麺」って名前に変わってます。いつも黒板メニューばかりでレギュラーメニュー見てなかったけど、「特丸そば」「中華そば」じゃなくて「特丸麺」「中華麺」といつの間にか「◯◯麺」に変わってたんですね〜 (←カグラー失格やん)


神楽さんはこの夏醤油味の更なるグレードアップに取り組み濃口醤油をつかったものに変わったので、醤油味にするつもりだったけど





イメージ 4


これ見ちゃうとね〜、
女心と秋の空ですよ





「無添加味噌味」830円


イメージ 1



イメージ 5


レンゲが透けて見えるくらいさらりとしたスープはあくまでも出汁を楽しむもの。味噌ラーメンを食べているのに、神楽さんの出汁の美味さを改めて思い知るのです

軽やかにふわりと香る味噌、今年は例年よりもピリ辛仕立てになってます




めっちゃ美味いなぁぁ




イメージ 6


今では多くのお店で取り入れられてるレアチャーシューですが神楽さんのは別格の美味さです

むっちりとした弾力で吸い付くような艶やかな麺も堪らなく



濃厚でこってりした味噌ラーメンが多いなか、珍しい大人の味噌。というより食べる側を大人にしてくれる味噌なのです







自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

ここ最近は煮干の限定メニューが多かった神楽さんです




イメージ 1




「煮干」と「冷やし」のワードにはめっぽう弱くて。。





いつになくハイペースでお邪魔したので、いただくことができたものをどどんとまとめて

Twitterにあげたのをまとめた手抜き記事です
Twitterにあげちゃうともう達成感でちゃって、ブログまで書けなかった
Twitterあげてからその日のうちにブログ書いてる方も多いけどホント尊敬します。もうちょっとがんばろ
facebookページでもブログ更新のお知らせしてます。よろしければいいね、フォローお願いします











「梅の香塩ラーメン(冷)」900円


イメージ 2


行間からラーメン愛がにじみ出す、ももパパさんの素敵な解説はこちら♪




神楽さんで初めてのメニューをいただくときはあえてチャーシュー別皿になるWチャーシューにしてスープを堪能するのですが、熱いスープのラーメンのようにレアチャーシューに火が通る心配がないせいか、最初から丼にインでした
私には珍しく華やかで贅沢な見た目の1杯になりました





イメージ 3


純白の丼に澄んだスープ、能登梅のペースト、大葉とベタに夏らしくw


でも



爽やかさなものを纏い包み隠すほどに染み出す大人の色香溢れるスープは浴衣美人のような艶っぽさ

魚介の効いた穏やかなスープに、能登梅を能登塩で漬けた梅ペーストを少しづつ溶かして。
爽やかな酸味が涼感を誘い、夏満喫








「煮干しラーメン(冷)」


イメージ 4




この日も2000円オーバーノブさんの貴族な食べっぷり
日本全国をまたにかけるドリームさんの優しい解説をどうぞ♪






平子煮干100%、能登塩100%のスープ。塩って塩タレじゃなくて、本当に能登塩だけなんです




イメージ 5





数種の煮干をブレンドせず平子だけで魅せるスープは、苦み少なく旨み濃いのに軽やかで気品溢れ、麻の着物を纏った涼しげな女性のイメージ

神楽さんだからできる、煮干と塩だけの究極の1杯です








「淡麗煮干しラーメン(冷)」900円


イメージ 4





これは神楽さんのベースのスープに煮干を合わせたもので、鶏も入るので冷やすと柔らかなとろみが出て口当たりよく、広がりのある味わいに






イメージ 5





「淡麗」などと軽やかな言葉で誘いながらも、ひとくち飲めば煮干の上質な苦みや渋みが突き抜ける

いわゆる「淡麗」と呼ばれるものとは違う気もするけど嬉しくて堪らないのですw










イメージ 6


関西のフォロワーさんが食べられてて羨ましかった「かき氷」私もいただくことができました
フレッシュなキウイソースが美味い!









自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 1


神楽さんです




前回の訪問「Wワンタン麺」






店内告知無しの裏メニューがひっそりと始まっていましたよ







「冷やがけ煮干し」


イメージ 3


ちらりとのぞくプチトマト、紫玉ネギは神楽さんのトッピングとしては珍しいですね






イメージ 2


琥珀色の澄んだスープからは想像出来ないくらい濃密な煮干出汁は上質なエグみと深い苦みが堪らない。

口のなかでゆっくりと転がしながら鼻に抜ける香りを堪能し、喉の奥に落とす。



恍惚のひととき。。



ウイスキーのようにたしなむエレガントなスープはエグニガセメント系とは一線を画すもの。


「冷やがけ煮干し」は大人の嗜好品なのです。









こちらは友達とシェアしていただいた

「冷やし担々麺(1辛)」



「本式担担麺」が美味すぎて再食したいと思ってるうちに、冷たいバージョンが出ていました




イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6




辣油と挽肉、ネギ、玉ネギなどが乗った1杯は一般的な担々麺と全く変わらないのに、神楽さんの担々麺は別格です


ひとくち掬っていただくと、辣油よりも胡麻よりも、瑞々しい出汁感たっぷりのスープを感じます。こんなに出汁の効いた担々麺は初めて!ゴクゴクいける担々麺、でも決して薄いわけではないのです




何度お邪魔しても、毎回初めてのように感動してしまいます



すごいなぁ。。







イメージ 7


今年もそらみちさんと共に食べログ百名店に選ばれています

そらみちさんも久しぶりに行こ!






自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く コメント(14)

先月はご当地ラーメン巡さんで「甘えび塩ラーメン」や限定の「えび塩とんこつ」に「甘えびワンタン」をトッピングしたり、白鷺さんの「海老ワンタンそば」、神楽さんの「海老ワンタン」など、いつになく「ワンタン」をいただく機会が多かったですね〜♪


そして福井の福麺会さん、今のお題は「ワンタン麺」北陸はワンタンが静かなブームであります





神楽さんでも2月から「海老ワンタン」をトッピングメニューに取り入れていて、これがまた美味しくて。普段はトッピングしない私ですが、毎回必須のトッピングになってます




イメージ 1




前回の訪問「本式担担麺(1辛パクチートッピング)





この日は「肉ワンタン」と「海老ワンタン」の「Wワンタン麺」を出されると告知あり。行くよね〜





「Wワンタン麺」1080円


イメージ 2


「肉ワンタン」と「海老ワンタン」が2個づつ、計4個。やや小ぶりの上品なサイズに見えますが






イメージ 3


ぶりんぶりんな海老が丸ごと、みっしり詰まってます







イメージ 4


滑らかな舌触りの挽肉、これもみっしりと入って食べ応えあります。ワンタン皮はつるんとろんとした口溶けと皮としての食べ応えを両立した絶妙な厚さと大きさがいいですね






イメージ 5


「Wワンタン」はトッピングとしてどのスープにも合わせられるのですが、今回は「醤油」で。




染み入る美味さは別格です

美味いなぁぁ






材料があるときだけ出される気まぐれメニュー?また機会があったら次回は「塩」で食べてみたいですね







自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く コメント(14)

開く トラックバック(0)

この日は





イメージ 1


神楽さんです





前回の訪問「貝出しラーメン(海老ワンタントッピング)」





4月24日から限定メニューは「貝出しラーメン」に代わり

イメージ 2


「本式担担麺」となりました






さすがノブさんはもう食べられてました!
ノブさんの貴族な盛りはこちらからどうぞ♪







辛いのは苦手なので、そんなに積極的には食べない「担担麺」

それでも元中華の料理人であり無化調ラーメン界のカリスマ的人気を誇るご主人の担担麺はやはり別格ではないかと、やっぱり食べに行ってしまいます





中華出身のご主人がより本格的なものをと「本式」と冠した担担麺


辛さは5辛まで選べますが




「本式担担麺(1辛パクチートッピング)」


イメージ 6





もちろん1辛、大好きなパクチーをトッピングします





イメージ 3


レアチャーシューの下には刻み玉ねぎも潜んでいます




イメージ 4


辛さを控えめにしたためベースのスープ本来の味わいがしっかり味わえ、「本式」とはいえ神楽さんでしか食べられない唯一無二の味わいです

担担麺を形づくる要素である練り胡麻などは控えめでとてもすっきりと洗練されていて「もったり、こってり」としたイメージの一般的な担担麺とは一線を画すもの。神楽さんらしい「引き算の美学」が貫かれています






美味すぎて困惑。。





イメージ 5


麺は前回同様表面がつるんとした幅3mm程の平打麺、これがまた美味い






なんかそれらしいこと書いちゃってますが




何だか知らないうちに麺もスープも消えてた
スープが喉を通る毎にこころが無になり、いつの間にか最後のひとしずくまで。。


毎日のようにラーメン食べてるけど、こんな体験は初めてかも。
狐につままれたようでポカーンとしてしまいました


こころにぽっかり空いた穴を埋めるため、また食べに来ます。。








自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事