自然派らーめん 神楽

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

この日はお休みでした♪
深まる秋、この時期らしい1杯をと向かったのは




イメージ 2


自然派らーめん 神楽さんです


新作のお知らせのあと臨時休業などもあり10日ほど経ってしまいましたが、ようやくお邪魔することができました




前回の訪問「煮干しラーメン」





メニュー ↓

イメージ 3


イメージ 4


イメージ 5






只今の黒板メニューは10月19日から始まったこちら

イメージ 6






「秋の味噌ラーメン」880円


イメージ 1


神楽さんでは初めての赤味噌のスープ、そしてトリュフオイルをつかった1杯

神楽さんで初めていただくものはチャーシューが別皿になるWチャーシューでスープを堪能することが多いですが、今回は淡麗なタイプではないのでデフォで♪




イメージ 7


サラっとしたスープは赤味噌の芳醇な味わい、そして舞茸の香りと旨みにこころも舞い踊ります
表層の油を何度もすくって、華やかなトリュフオイルの香りを感じて





イメージ 8


コクのある赤味噌スープに釜焼きチャーシューのスモーキーな風味がまた合うんです





イメージ 9


滑らかに口の中を撫でるような感触のしっとりとした麺も堪らず





丼の底に挽肉があり、食べ進むうちに舞茸の華やかな香り→挽肉のコクに移行していきます。もうひとくち、もうひとくちと惜しむように最後のひとしずくまで味わい、残り香も愛しく。。
北陸の儚く短い秋を彩る素敵な1杯でした







イメージ 10


自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 2


こちら
自然派らーめん 神楽さんへ



前回の「無添加味噌味」は私がいただいたその日で終わってしまったそうなんです。そして新たな限定メニューが。。
1日15食限定だと夜は無さそうなので、お休みの日のお昼を狙って行ってきました






イメージ 3


もちろんこれです!
最近は奥様が注文を聞いてくださるので「餃子はいかがですか?」と聞かれる前に餃子もオーダーw 餃子復活してからまだ食べてなかったし〜





ノブさんの「煮干ラーメン」は3000円超え!さすがです






「煮干ラーメン(Wチャーシュー)」1280円


イメージ 1


イメージ 4


神楽さんでお初のメニューのときはチャーシュー別皿になる「Wチャーシュー」にして混じりっけのないスープを堪能します
上の2枚が真空調理チャーシュー、下の2枚が釜焼きチャーシューです






イメージ 5


片口、鯵煮干しと羅臼昆布、どこにでもありそうな材料でどこにもない味をつくりだす神楽マジック炸裂の1杯

煮干の頭と内臓を取り去り、煮干らしい苦味や渋味を隠すことで気付くふくよかでエレガントな旨み
ひとくち毎に表情を変える煮干に翻弄されます




美味すぎです





イメージ 6


石川製麺さんと改良を重ねる、しっとり吸い付くような麺も素晴らしく


終盤は2種のチャーシューをスープにくぐらせ、ほんのり温めて。とろける上質な脂の甘みが堪らないのです



夏の「煮干しラーメン(冷)」「淡麗煮干しラーメン(冷)」以来の神楽さんの煮干し、やっぱり絶品でした






「無添加餃子」350円


イメージ 7


神楽さんの餃子はパリっとした薄皮でピンと角があってシュっとしていて、いつも折り紙細工みたいだなぁと思ってます
見た目通りさっぱりと軽やかで、あっという間に無くなってしまいます(笑)
あっ、そういえば手作り辣油を見かけなかったので辣油付けないで食べましたね
でも久しぶりの神楽さんの餃子しっかり堪能できました





自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

この日は



最近何気に行けてなかった
自然派らーめん 神楽さん
久しぶりです




前回の訪問「梅の香塩ラーメン(冷)」「煮干しラーメン(冷)」「淡麗煮干しラーメン(冷)」

自称カグラー?なのに3か月も空いちゃった






イメージ 2


しばらく休止していた無添加餃子復活しています
格調高いお店に餃子の幟はミスマッチかな〜






イメージ 3


餃子は復活したけど大好きなワンタンは無くなってしまったので、ワンタン入りだった「神楽麺」は「特丸麺」って名前に変わってます。いつも黒板メニューばかりでレギュラーメニュー見てなかったけど、「特丸そば」「中華そば」じゃなくて「特丸麺」「中華麺」といつの間にか「◯◯麺」に変わってたんですね〜 (←カグラー失格やん)


神楽さんはこの夏醤油味の更なるグレードアップに取り組み濃口醤油をつかったものに変わったので、醤油味にするつもりだったけど





イメージ 4


これ見ちゃうとね〜、
女心と秋の空ですよ





「無添加味噌味」830円


イメージ 1



イメージ 5


レンゲが透けて見えるくらいさらりとしたスープはあくまでも出汁を楽しむもの。味噌ラーメンを食べているのに、神楽さんの出汁の美味さを改めて思い知るのです

軽やかにふわりと香る味噌、今年は例年よりもピリ辛仕立てになってます




めっちゃ美味いなぁぁ




イメージ 6


今では多くのお店で取り入れられてるレアチャーシューですが神楽さんのは別格の美味さです

むっちりとした弾力で吸い付くような艶やかな麺も堪らなく



濃厚でこってりした味噌ラーメンが多いなか、珍しい大人の味噌。というより食べる側を大人にしてくれる味噌なのです







自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

ここ最近は煮干の限定メニューが多かった神楽さんです




イメージ 1




「煮干」と「冷やし」のワードにはめっぽう弱くて。。





いつになくハイペースでお邪魔したので、いただくことができたものをどどんとまとめて

Twitterにあげたのをまとめた手抜き記事です
Twitterにあげちゃうともう達成感でちゃって、ブログまで書けなかった
Twitterあげてからその日のうちにブログ書いてる方も多いけどホント尊敬します。もうちょっとがんばろ
facebookページでもブログ更新のお知らせしてます。よろしければいいね、フォローお願いします











「梅の香塩ラーメン(冷)」900円


イメージ 2


行間からラーメン愛がにじみ出す、ももパパさんの素敵な解説はこちら♪




神楽さんで初めてのメニューをいただくときはあえてチャーシュー別皿になるWチャーシューにしてスープを堪能するのですが、熱いスープのラーメンのようにレアチャーシューに火が通る心配がないせいか、最初から丼にインでした
私には珍しく華やかで贅沢な見た目の1杯になりました





イメージ 3


純白の丼に澄んだスープ、能登梅のペースト、大葉とベタに夏らしくw


でも



爽やかさなものを纏い包み隠すほどに染み出す大人の色香溢れるスープは浴衣美人のような艶っぽさ

魚介の効いた穏やかなスープに、能登梅を能登塩で漬けた梅ペーストを少しづつ溶かして。
爽やかな酸味が涼感を誘い、夏満喫








「煮干しラーメン(冷)」


イメージ 4




この日も2000円オーバーノブさんの貴族な食べっぷり
日本全国をまたにかけるドリームさんの優しい解説をどうぞ♪






平子煮干100%、能登塩100%のスープ。塩って塩タレじゃなくて、本当に能登塩だけなんです




イメージ 5





数種の煮干をブレンドせず平子だけで魅せるスープは、苦み少なく旨み濃いのに軽やかで気品溢れ、麻の着物を纏った涼しげな女性のイメージ

神楽さんだからできる、煮干と塩だけの究極の1杯です








「淡麗煮干しラーメン(冷)」900円


イメージ 4





これは神楽さんのベースのスープに煮干を合わせたもので、鶏も入るので冷やすと柔らかなとろみが出て口当たりよく、広がりのある味わいに






イメージ 5





「淡麗」などと軽やかな言葉で誘いながらも、ひとくち飲めば煮干の上質な苦みや渋みが突き抜ける

いわゆる「淡麗」と呼ばれるものとは違う気もするけど嬉しくて堪らないのですw










イメージ 6


関西のフォロワーさんが食べられてて羨ましかった「かき氷」私もいただくことができました
フレッシュなキウイソースが美味い!









自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 1


神楽さんです




前回の訪問「Wワンタン麺」






店内告知無しの裏メニューがひっそりと始まっていましたよ







「冷やがけ煮干し」


イメージ 3


ちらりとのぞくプチトマト、紫玉ネギは神楽さんのトッピングとしては珍しいですね






イメージ 2


琥珀色の澄んだスープからは想像出来ないくらい濃密な煮干出汁は上質なエグみと深い苦みが堪らない。

口のなかでゆっくりと転がしながら鼻に抜ける香りを堪能し、喉の奥に落とす。



恍惚のひととき。。



ウイスキーのようにたしなむエレガントなスープはエグニガセメント系とは一線を画すもの。


「冷やがけ煮干し」は大人の嗜好品なのです。









こちらは友達とシェアしていただいた

「冷やし担々麺(1辛)」



「本式担担麺」が美味すぎて再食したいと思ってるうちに、冷たいバージョンが出ていました




イメージ 4



イメージ 5



イメージ 6




辣油と挽肉、ネギ、玉ネギなどが乗った1杯は一般的な担々麺と全く変わらないのに、神楽さんの担々麺は別格です


ひとくち掬っていただくと、辣油よりも胡麻よりも、瑞々しい出汁感たっぷりのスープを感じます。こんなに出汁の効いた担々麺は初めて!ゴクゴクいける担々麺、でも決して薄いわけではないのです




何度お邪魔しても、毎回初めてのように感動してしまいます



すごいなぁ。。







イメージ 7


今年もそらみちさんと共に食べログ百名店に選ばれています

そらみちさんも久しぶりに行こ!






自然派らーめん 神楽(かぐら)
11:30~14:15(L.O) 17:30~20:00(L.O)
(売り切れにて閉店もあり、営業時間や臨時休業はTwitterで確認)
定休日 月曜日、第1・第3火曜日
石川県金沢市寺町1丁目20-10
カウンター10席程度、4人掛けボックス席×3
駐車場有り
http://www.kanazawakagura.com/
https://twitter.com/musanjin?s=09

この記事に

開く コメント(14)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事