そらみち

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

この日は、いつもより早い17:00で仕事を終えることができて(その分早く出てるのですがw)、それならと




イメージ 2


そらみちさんへ



いつも満席、外待ちあり、駐車場満車の人気店で入るのを躊躇ってしまうこともありますが、早く来て開店待ちできるなら何の心配もありません




前回の訪問「中華そば」




一番乗りのつもりでお店に着くと、既にお待ちの方がひとりいらっしゃいました。その方はなんと、先日ご当地ラーメン巡さんでの合同周年祭で話しかけた紳士!偶然またお会いできて、楽しい時間になりました




今回は「らの道Ultimate2017で出されて以降準レギュラー的なメニューになったこちら♪





「地鶏と貝の泡白湯」


イメージ 1


バーミックスで泡立てたふんわり泡の白湯スープにレアチャーシュー、ミツバの彩りも美しい1杯です




イメージ 3


ミルキーで軽やかな、でも鶏と貝の旨みは存分に味わえる繊細なスープにうっとり





イメージ 4


花のような極薄レアチャーシューはすうっと溶けるように無くなります






やっぱり美味いなぁ







食べてる間は夢の中にいるような素敵な1杯だけど、もう少ししたら金沢では食べられなくなるんだなぁ。。

イメージ 5


あと何回か来れるかな?




イメージ 6





そらみち
平日11:00~14:00(LO) 18:00~20:00(LO)
土日祝11:00~15:00(LO)
定休日 火曜日
金沢市窪7丁目281番地 ヴィアーレ伏見台102
駐車場有り
https://twitter.com/soramichi_3?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

「中華そば」そらみち

この日は




イメージ 2


福井さるさんとの合併を表明した
そらみちさんへ

前回訪問と印象が変わらない既食メニューは記事にしていなくて今年は数回お邪魔してますね。でも7月に「らの道」のチケット買いに行ったのが最後だったかな?
ももパパさんも書かれてますがとにかく人気店で駐車場に車をとめる事さえ難しいので、大好きなお店なのに足が遠のき気味になっていました
仕事を終えてお店に向かうとちょうど一台出ていく車があってラッキーでした外待ち4名に接続、30分程待ったかな?




イメージ 5





ドリームさんも紹介されてますが、金沢のラーメン好きにとっては辛く悲しい知らせ。多少遠くなってもできれば石川県内にいてほしかったのですが。。





「中華そば」


イメージ 1


イメージ 3



首都圏で人気が定着していた、鶏と水だけのスープに生揚げ醤油のタレを合わせ鶏油をたっぷりと回しかける「水鶏系」中華そばを金沢で初めて取り入れたそらみちさん
極薄にスライスされたレアチャーシューを花のように盛りつける美しいビジュアルや「水鶏系」「生揚げ醤油」などのワードがとにかく新鮮で、ラオタだけではなく多くの人を魅了し同業のラーメン店にも影響を与えました



この日も雑味など一切感じられない、鶏と醤油の香り高く繊細でクリアなスープが堪らなく美味




イメージ 4


石川製麺さんと改良し続けて来た細麺はオーバーボイルでかなり柔らかめ、スープと馴染み一体感を高めます
柔らかめなのに全くダレず最初から最後まで美味いのが本当に凄い。オーバーボイルな麺もすっかり定着しましたよね







前向きな移転・合同であることは間違いなく、そらみちさんとさるさんが熟考して決めたことなので応援していきたいし、福井のお店も当然今まで通りお邪魔します。ていうか今以上にとんでもない行列店になるんやろなぁ。。






そらみちさん、さるさん、巡さんの合同周年祭も楽しみです






そらみち
平日11:00~14:00(LO) 18:00~20:00(LO)
土日祝11:00~15:00(LO)
定休日 火曜日
金沢市窪7丁目281番地 ヴィアーレ伏見台102
駐車場有り
https://twitter.com/soramichi_3?s=09

この記事に

開く コメント(17)

開く トラックバック(0)

「地鶏白湯」そらみち

この日は




イメージ 1


今年になってようやくお邪魔することができました




前回の訪問「らの道ultimate2017 蛤地鶏白湯」

https://blogs.yahoo.co.jp/wanko1_0309/35533432.html





イメージ 2


今年に入ってから「らの道ultimate」の「蛤地鶏白湯」の改訂版を限定で出しています






「地鶏白湯」

イメージ 3


「らの道」ではのっていたトッピングの蛤が無い分、850円と兼価になっております





イメージ 4


バーミックスで泡立てたまろやかでミルキーな鶏白湯。蛤と、浅利の旨みも加わります


「らの道ultimate」よりとろみ感も貝の効きも優しいタッチで、とはいえ旨み充分。こんなに繊細な白湯は、北陸ではここでしか食べられません


とっても滑らかでミルキーなスープ。モミジのコラーゲン由来のネロっとした感じではなく、鶏のある部位のヒアルロン酸由来の軽やかなとろみ感なのだそうです


コラーゲンとかヒアルロン酸とか、、飲むより顔に塗りたくなってしまいますw





イメージ 5


極薄レアチャーシューは薔薇の花びらみたいなベルベットタッチで



イメージ 6


三河屋製麺さんの細麺もまたよいのです





今年も元気な3人に元気もらいます





そらみち
平日11:30~14:00(LO) 17:30~20:00(LO)
土日祝11:00~15:00(LO)
定休日 火曜日
金沢市窪7丁目281番地 ヴィアーレ伏見台102
駐車場有り
https://twitter.com/soramichi_3?s=09

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 10



イメージ 1


祝!金沢開催「らの道」



かねてから楽しみにしていたイベント、ちゃんと整理券もゲットしていましたよ

イメージ 3






「らの道」とはスタンプラリーやコラボラーメンなど、美味しいラーメンの食べ歩きを楽しもう!という関西を中心に活動されているラーメンイベントです

http://ranomichi.blogspot.jp/2016/06/blog-post.html?m=1




今回そらみちさんが「らの道」のために用意したのは

イメージ 2








「蛤地鶏白湯(はまぐりじどりぱいたん)」¥1000

イメージ 4


直前にバーミックスでしっかりとミキシングされ泡立ったスープ。普段はシンプルでミニマムなスタイルが多いそらみちさんとしては、かなり華やかです




イメージ 5


そらみちさんが「富山のアニキ」と慕うDOG HOUSEさんの鶏白湯さながらのクリーミーでミルキーなスープは比内地鶏、名古屋コーチン、丹波黒鳥の三つ巴、蛤もそれに負けじと旨みの四重奏。




めっちゃ美味いなぁぁぁ





イメージ 6


花びらレアチャーシューはそらみちさんの代名詞、これは欠かせないです





イメージ 7


麺はレギュラーメニューの「煮干しそば」と同じ東京三河屋製麺さんの。これもベストマッチ





イメージ 8


蛤は鶏白湯で煮て開かせたものだけど、時間をかけて煮ても開かず??手動で開いたとのこと。火は通っていたけど、写真の状態より殻が開かず身離れも悪くちょっと食べにくかったですね。これだけ残念






蛤はこれが美味しかったなぁ

イメージ 9


【参考画像】中華蕎麦 はし本「ハマグリのラーメン」






開店時間に行っていち早く食べたいと思ってたけど、足をケガしたため立って開店待ちするのはツラいので最終時間に滑り込み、おかげでラー友とゆったり食べられました






なんと、そらみちさん


年末年始は通常営業だそうですよ






そらみち
平日11:30~14:00(LO) 17:30~20:00(LO)
土日祝11:00~15:00(LO)
定休日 火曜日
金沢市窪7丁目281番地 ヴィアーレ伏見台102
駐車場有り
https://twitter.com/soramichi_3?s=09

この記事に

開く コメント(22)

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 1


そらみちさんへ





前回の訪問「中華そば〜支那そばやさんからの贈り物」

https://blogs.yahoo.co.jp/wanko1_0309/35505305.html





イメージ 2


前にもここで「鶏白湯」食べたことあるけど
https://blogs.yahoo.co.jp/wanko1_0309/35382656.html




最近は鶏白湯に「加賀丸いも」を入れたものを限定で出していて、このタイプは未食でした

加賀丸いもは店主青山くんゆかりの地、能美市の特産なんです



「加賀丸いも」とは?

加賀丸芋は山芋の一種で、関西ではつくね芋とも呼ばれています。 そもそも山芋とは里で採れる芋「里芋」に対して山で採れる芋「山芋」と呼ばれるもので、そのなかには「自然薯」(じねんじょ)、棒状の「長いも」、バチ状になった「大和芋」(やまといも)(その姿から「いちょう芋」と呼ばれることもある)、球状の「丸芋」(大和芋と呼ばれることもあります)などがあります。
山芋には主成分のでんぷんを分解する消化酵素が含まれているので、生で食べることができ、粘りのもとムチンがたんぱく質をうまく活用させるなど、すぐれた特長があります。
また、丸芋は他の山芋に比べ大変粘りが強く、すりおろしたものを箸でつまみ上げることもできます。栄養価も高くすぐれた食品ですが、栽培がむずかしく収穫量が多くないので、価格はやや高めです。
(かきいちWEB SHOPより)






「丸いも」入りの鶏白湯ってどんな感じ??








イメージ 3


「今回は丸いもたっぷりでベジー感高いですよ!」と仰るスープ、そらみち流ベジポタですね




イメージ 4


優しい口当たりのとろみ、ほんの僅かに丸いも由来と思われるぬるりとした感じも

前回の軽かやかな鶏白湯に比べると野菜由来の甘みもあり、しっかりとした濃密なスープになっています





優しいスープに癒されますね〜







イメージ 5


そらみちさんとしては珍しいトッピングのフライドオニオン。香ばしくてカリカリとした食感がアクセントになりコクが高まります





イメージ 6


レアチャーシューもいつもながらの好きなやつ





イメージ 7


三河屋製麺の煮干そば用の麺ですかね、これも大好きです





「丸いも」入ってるせいかお腹いっぱいになり、かなり満腹感が持続しました





「らの道」イベントも頑張ってくださいね

イメージ 8







そらみち
平日11:30~14:00(LO) 17:30~20:00(LO)
土日祝11:00~15:00(LO)
定休日 火曜日
金沢市窪7丁目281番地 ヴィアーレ伏見台102
駐車場有り
https://twitter.com/soramichi_3?s=09

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事