金澤流麺 南

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]

この日は





イメージ 2


4月7日に3周年を迎えた金澤流麺 南さんへ




前回の訪問「アルケミスト醤式」「県内産無農薬サラダ」「キーマカレー」





イメージ 3


何にする?どれも美味いからかえって悩むw




イメージ 4


迷って迷って、久しぶりにこれにします




「〜虹の橋〜谷川式牛骨醤油らーめん〜」930円


イメージ 1


具材別皿のかけスタイルでの提供、麺線の美しさにうっとりします





イメージ 5


前回いただいた「虹の橋」は提供初日の2月26日。基本の牛骨出汁に谷川醤油さんの「能登産丸大豆のお醤油」をタレとして加工せず、醤油そのまんまを加えただけのスープが感動的に美味かったのですが、

3月4日からは、無農薬コシヒカリを使い静置発酵醸造という珍しい製法で作られた米酢をほんの少し加えたものになっていて、米酢入りになってから初めていただく「虹の橋」



前回のような能登のお醤油がダイレクトに伝わってくる感じじゃなく、すっきりとして後から奥からゆっくり花開くような醤油感。
これも相当美味いのだけど、前回のお醤油そのまんまなのにこんなに美味いの?という驚きや喜びは少しだけ減ったかも?個人的には前回のが好み


でも好みから少し離れた残念感より、南さんの試行錯誤の過程に出会えた楽しさのほうが大きいかな?





イメージ 8


京都棣鄂さんのつるつるでしなやかな麺は茹で加減なのか、導入当初よりますます美味くなって


あっ、スープに集中し過ぎて別皿の具材撮り忘れてますね今回は葱はお馴染みの九条葱ではなく、南さんが無農薬野菜を求めている中で出会ったものだそうで品のいい辛みがとても美味かったです




南さん自身の思いだけではなく、お醤油屋さんや無農薬野菜の農家さんの思いも伝わる、クラフト作品のようにこころも満たすらーめん。


これからも楽しみにしています


3周年おめでとうございます❗





イメージ 6


明日はお休みですよ♪






イメージ 7




今年から水曜日が定休日になりました❗



L.O制をやめたことで営業時間が変更になっています。閉店時間までに入店すれば食べられるそうです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


金澤流麺 南(かなざわらーめん みなみ)
月火木金土 11:00~14:30 18:00~20:30
日祝 11:00~14:30
定休日 水曜日
石川県野々市市稲荷4-85
カウンターのみ9席
駐車場有り
https://mobile.twitter.com/minaminho373
https://www.facebook.com/kanazawaramen/
https://www.instagram.com/minaminho373/

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 2


金澤流麺 南さんへ





前回の訪問「虹の橋〜谷川式牛骨醤油らーめん〜」






イメージ 3


南さんではレギュラーメニューは


牛骨スープオンリーの醤油らーめん
「牛骨醤油らーめん〜プログレッソ〜」



牛骨スープ+魚介出汁の塩らーめん
「塩らーめん〜アルケミスト百式〜」



なんですが、アルケミスト百式(塩味)の醤油バージョンも裏メニューとしてあったんですね



イメージ 4


その「アルケミスト百式」の醤油味「アルケミスト醤式」が黒板メニューに昇格?食べてほしい想いをひしと感じましたよ






「アルケミスト醤式(じゃんしき)」880円


イメージ 1


整えられた麺線、ローストビーフやアーリーレッド、九条葱などお馴染み具材が丁寧に配置されています。キレイですね





イメージ 5


牛骨スープが旨みのしっかりした納得できるものになったため、和出汁の割合を高めてもぼやけず、強い旨みのスープになったアルケミスト。和出汁の割合が高まった事もあり、より一層醤油と合う❗旨みが強いのに弾けるような感じではなく引き込まれるような奥ゆかしさで、プログレッソとも牛の賢者ともまた全然違うんです




これは本当に美味い❗





イメージ 6


京都棣鄂さんのつるりとした平打ち気味の細麺も上品で





イメージ 7


今年からトッピングが鶏と豚のチャーシューからローストビーフになっていますが、最初の頃より格段に美味くなってます❗





イメージ 8


イメージ 9


県内産無農薬野菜のサラダの愛らしさと






イメージ 10


イメージ 11


平日お昼ならキーマカレーもいっちゃうよね♪これが100円なんて安っ








今年から水曜日が定休日になりました❗



L.O制をやめたことで営業時間が変更になっています。閉店時間までに入店すれば食べられるそうです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


金澤流麺 南(かなざわらーめん みなみ)
月火木金土 11:00~14:30 18:00~20:30
日祝 11:00~14:30
定休日 水曜日
石川県野々市市稲荷4-85
カウンターのみ9席
駐車場有り
https://mobile.twitter.com/minaminho373
https://www.facebook.com/kanazawaramen/
https://www.instagram.com/minaminho373/

開く トラックバック(0)

この日は





イメージ 2


金澤流麺 南さんへ




前回の訪問「ファンタズマ」




メニュー ↓

イメージ 3


イメージ 4








イメージ 5


そしてこの日から始まった新作。遅い時間で私が最後の客でしたが、残っていてくれました




イメージ 6


イメージ 7


イメージ 8


ご主人が能登で出会った谷川醸造さんの「能登産丸大豆のお醤油」

谷川醸造さんというと「サクラ醤油」が有名。能登では「うちの煮物はサクラ醤油じゃないと」というかたも多いはず。金沢ではどんたくさんでも買えますね

老舗醤油蔵だけど代が変わり新しい風を感じるものも発信していて、この「能登産丸大豆のお醤油」もそのひとつ。丸大豆、小麦、塩。原材料は全て珠洲のものを使い昔ながらの製法で仕込んだもので、化学調味料や保存料などは使っていないシンプルかつ上質なお醤油です


ご主人は能登のSAでたまたま手にしたこのお醤油を何気なく買い求め、そのままのお醤油を何気なくお店のスープで割ってみたら驚くほど美味しかった。能登と野々市を繋ぐ「虹の橋」がかかった瞬間です




「〜虹の橋〜 谷川式牛骨醤油らーめん」


イメージ 1


牛骨スープに、火入れもしない能登のお醤油をそのまま入れただけのらーめん
ご主人の感動がそのまま伝わって来るような、シンプルなかけスタイルで




イメージ 9


ローストビーフやシメジ、九条葱、アーリーレッドなどお馴染み具材はご主人のクラスメイトである清水焼作家 光武みゆきさんの器にまとめられています




イメージ 10


艶やかなスープ、丁寧に整えられた麺線。具材のないらーめんが美味そうで堪らない




イメージ 11





あ、美味い❗



南さんの牛骨スープと能登のお醤油がしっくり、軽やかで繊細なバランスで合ってる。乾物や複数の醤油をブレンドした醤油タレを合わせた時のような複層的な旨みは無いんだけど、充分過ぎるほど美味い。

きっと試行錯誤して作り上げた今の南さんのスープだからこそ合うし、今このお醤油と出会ったこと、巡り合わせの妙を感じます





イメージ 12


京都棣鄂さんのつるつるしなやかな麺もよく合ってたけど、自家製エモ麺でもきっと美味いはず




イメージ 13


スープ美味くて、もう最後のほうでやっと具材を入れて。具無しのシンプルなのも美味かったけど、具材から染み出た旨みのスープもまた良かったです









今年から水曜日が定休日になりました❗






L.O制をやめたことで営業時間が変更になっています。閉店時間までに入店すれば食べられるそうです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


金澤流麺 南(かなざわらーめん みなみ)
月火木金土 11:00~14:30 18:00~20:30
日祝 11:00~14:30
定休日 水曜日
石川県野々市市稲荷4-85
カウンターのみ9席
駐車場有り
https://mobile.twitter.com/minaminho373
https://www.facebook.com/kanazawaramen/
https://www.instagram.com/minaminho373/

開く トラックバック(0)

この日は




イメージ 2


金澤流麺 南さんへ 



前回の訪問「醤油らーめん〜プログレッソ〜」「キーマカレー」





イメージ 3


南さん、前日にSNSで「ファンタズマ」を数量限定、予約優先でリリースすることを発表していました。杯数が少ないのでムリかも??とダメもとで聞いてみると「あります❗」とお返事いただけたので、行ってきました♪




お店に入ると、私のいつもの席に座っておられるかたが。。

って言うか、何このデジャブ感??



あれっ?まるこんさんだ❗

そうそう、バールミナミーニョの時もそこに座ってた❗まるこんさんもここがいつもの席なんですね♪
図々しく隣に座り、少しお話させていただきました
私が南さんによく来るようになったのは、実はまるこんさんの影響が大きいのです。そんなまるこんさんにまた南さんでお会いできて嬉しいですね〜♪


まるこんさんもファンタズマ、その時は分からなかったけど同じ時間帯にSNSの麺友さんもいらしてファンタズマ。限定数のほとんどが何かしら繋がりあるかたが食べられていたようです♪




イメージ 5

(南さんSNSから写真お借りしました)




「ファンタズマ」とはイタリア語で亡霊の意。亡霊のらーめんをいただきましょう❗




「ファンタズマ」1280円


イメージ 4


イメージ 1


シンプルに言うと、前回の「醤油らーめん〜プログレッソ〜」に牛のテリーヌがトッピングされたもの。




イメージ 6


そのままのスープをひとくち。牛脂をしっかり除去し穏やかに醤油香る洗練されたスープ。シンプルなのに、こんなのどこにもない。やっぱり美味いなぁ
写真ぼやけてるのはまるこんさんにガン見されて動揺してるからです(笑)





イメージ 7


トッピングされたテリーヌは赤ワイン、裏ごしトマト、牛骨スープで牛すじ肉を煮詰めてから固めたもの。テリーヌはスープの熱で柔らかくほどけて、少しづつスープに混ざりあっていきます。ほたほたに柔らかい牛すじ堪らん。。





イメージ 9


イメージ 10


自家製エモ麺とともに仲間に加わった京都棣鄂さんの細麺は、つるつるでやや平打ち。行間にたっぷりとスープを抱え、啜ると鼻の奥まで香りを届けてくれる。。





イメージ 8


牛骨スープにテリーヌの牛すじ肉の旨みが更に加わり、香味野菜やトマトや赤ワインの風味によって、穏やかな醤油味のスープが徐々に華やかなシチューのような洋風スープに変化。告知写真にはなかった粉チーズもまろやかなコクをプラスしていて風味が増して



めっちゃ美味い❗




テリーヌによりやや液温下がったスープも、様々な味が感じ取れて良いのです





姿かたちは無くなっても気配を残すファンタズマ。。とっても優しい亡霊でした




めっちゃ美味かったので「牛の賢者」「蘇るピカレスクと共に準レギュラー的に時々出してもらえると嬉しいです♪






2月の営業案内

イメージ 11



今年から水曜日が定休日になりました❗






L.O制をやめたことで営業時間が変更になっています。閉店時間までに入店すれば食べられるそうです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


金澤流麺 南(かなざわらーめん みなみ)
月火木金土 11:00~14:30 18:00~20:30
日祝 11:00~14:30
定休日 水曜日
石川県野々市市稲荷4-85
カウンターのみ9席
駐車場有り
https://mobile.twitter.com/minaminho373
https://www.facebook.com/kanazawaramen/
https://www.instagram.com/minaminho373/

開く トラックバック(0)

この日は午後から仕事なので、職場から近いこちら




イメージ 2


金澤流麺 南さんでランチです




前回の訪問「牛の賢者(ローストビーフトッピング)」





メニュー ↓

イメージ 3


南さんのメニューはカタカナばかりで取っつきにくいと思ってた皆さん❗
今は「醤油らーめん(プログレッソ)」「塩らーめん(アルケミスト)」のようにカタカナは副題なんです

オーダーは「醤油らーめん1つね♪」でいいんですよ☆


今まで鶏と豚のチャーシューだったのがローストビーフ1枚にするとSNSでアナウンスがあり、メニュー写真も新しいものになっていますね



この日は大好きな「牛の賢者」はありません



でも、いいんです
これが食べたかったから





「醤油らーめん 〜プログレッソ〜」


イメージ 1


「牛の賢者」が出されたとき、「基本の牛骨スープがようやく満足できるものになった」と仰っていたので、シンプルな基本の牛骨スープのプログレッソが食べたかったんです





イメージ 4


48時間じっくりと炊いて、ギトギトした牛脂をしっかり取り除き旨みだけを抽出したスープは洗練されていながらどこかホッとするようなところもあり、こころに染み入るよう



めっちゃ美味い




ハーブの香りが華やかなWコンソメの「牛の賢者」のあとに食べたら物足りないのではないかと思ってたけど、そんな事ない❗

牛の賢者が華やかな加賀友禅なら、プログレッソは普段着の綿やウールの着物、という感じ?加賀友禅がよくて綿がダメというのではなく、普段着の着心地もすごく大事

南さんが営業を始めたとき「金沢らしいらーめんを作りたい」と仰ってて、でものどぐろも甘海老も使わなのに金沢らしいらーめんって何??って感じだったけど、最近「こんな金沢も有りやなぁ」と思えるようになってきました

もちろんのどぐろや甘海老のらーめんも美味しいし好きだけど、南さんのらーめんは上質さや奥ゆかしさといった金沢の気質に触れるものなのかなぁと、上手く言えないけどそんな風に思います。金箔乗せなくても、内側から滲み出す金沢らしさを大事にしているのです







イメージ 5


京都棣鄂さんのやや平打ちの細麺、つるつるとした喉越しが気持ちいい❗
前回はエモ麺の記憶が残ってて少しだけ違和感あったけど、もうこれしか考えられないくらいドンピシャwですね❗





イメージ 6


名脇役たちもチラリ





イメージ 7


ローストビーフは割れちゃったのをくっつけて体裁よくしてパチリ
これから毎日レギュラーメニューとして仕込むので、更に美味くなっていくでしょう




イメージ 11





イメージ 8


ランチタイムに来れたので、キーマカレーも♪これが100円で付けられるなんてビックリ




イメージ 9


SNS友クレけんさんのお米はターメリックライスになっても一粒一粒が甘くてぷりっとしてる❗
キーマは「牛の賢者」のスープで使った牛挽肉を活用、食材を無駄にしない姿勢がいいですね。らーめんの味わいを邪魔しない、ふわふわの優しいキーマです





イメージ 10


今年から水曜日が定休日になりました❗






L.O制をやめたことで営業時間が変更になっています。閉店時間までに入店すれば食べられるそうです
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


金澤流麺 南(かなざわらーめん みなみ)
月火木金土 11:00~14:30 18:00~20:30
日祝 11:00~14:30
定休日 水曜日
石川県野々市市稲荷4-85
カウンターのみ9席
駐車場有り
https://mobile.twitter.com/minaminho373
https://www.facebook.com/kanazawaramen/
https://www.instagram.com/minaminho373/

開く トラックバック(0)

全6ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事