めん屋さる

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

この日はお休み




そらみちさんと合併するあのお店、この日で営業が最後。行くに決まってます




イメージ 10



めん屋 さるさんです




前回の訪問「高級素材の特製らーめん」




最終営業日とあって早い時間から並ぶのかな?と頑張って早めに着いたら、福井でお馴染みの麺友君がひとり。そしてもうひとりお馴染みの麺友さんも来られました。開店時間には20人くらい並んでたかな?

イメージ 5




イメージ 2


「めん屋さる」の屋号がはいった暖簾を掲げるのもこの日が最後。。





イメージ 3


イメージ 4


開店当初はBar hand時代のラーメンを継承したものでしたが、そらみちの3人と出会ってからメニューに劇的な変化があり大躍進。食べログ1位にもなりました




イメージ 7


この日はそらみちの3人も一緒で賑やか。これからこの4人でやっていくんやね。さよさんの麺茹でカウント「15秒です!」の声が響きます






この日の限定メニューと、レギュラーメニューをシェアしていただいてきました





「魚介薫る中華そば」


イメージ 1




「煮干しらぁめん」


イメージ 6





どちらも最高です
そらみちさんと志をひとつにしてやってきたけど、似たものではなくちゃんとさるさんの個性が感じられますね



ギリギリになったけど、最後に食べられて本当によかった





イメージ 8


この「さる丼」も最後
BGMのTHE YELLOW MONKEYも最後
ごちそうさまでした
いつもありがとう






新しい屋号はどんなのかな?
若い感性の4人だし、カッコいい英語の屋号もありうるよね。。なんて考えてたら、本日未明、新店舗の屋号が発表されました

イメージ 9





まほろばとは、「素晴らしい場所」「住みやすい場所」を意味し、美しい日本の国土とそこに住む人々の心をたたえた古語です。

「物事が完全であること」などの意味がある「まほ(真秀)」に場所を意味する接尾語「ら」がついて「まほら」となったものが転じて、「まほろば」や「まほらま」という言葉になったとされています。

古事記には、倭建命(やまとたけるのみこと)が、懐かしい故郷のすばらしさをたたえて詠んだ「国ほめ歌」とされる

「倭(やまと)は国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる(やまごもれる) 倭しうるはし」

という歌が記されています。

https://www.mahoroba.co.jp/info.php?itemid=2625  より






「素晴らしい場所」「住みやすい場所」を意味する日本古来の言葉。。
意外だけど、素敵。4人でつくりだすラーメンが楽しみでなりません





めん屋さる
月木金 11:00~14:00 17:00~20:00
土日 11:00~14:00
定休日 火・水
福井県福井市渕4丁目207番地
駐車場有り
カウンター8席、4人掛けテーブル×3
ベビーチェア有り
https://www.facebook.com/saru.menya/
https://twitter.com/menya_saru?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

この日は福井でした




福井に行ったらRAMEN Wさんも行きたい!牟岐縄屋さんも行きたい!鶏っぷさんも行きたい!福井は好きなお店が多くて、毎回困ります




こちらも福井へ行く度お邪魔したいと思う

イメージ 2


福井の行列必至のラーメン店、
めん屋 さるさんです





メニュー ↓

イメージ 3


イメージ 4


普段から交流のある金沢のそらみちさんと情報を共有し、レギュラーメニューはそらみちさんと近く非常にこだわりのある繊細なものになっていて、これも本当に美味いのですが






イメージ 5


イメージ 6


元料理人の経験を活かした限定メニューも多く出しています


この日は開店待ちはできなかったけど、20食のうちの1食にありつくことができラッキー






「高級素材の特製らーめん」1050円


イメージ 1


イメージ 8


イメージ 7


帆立貝柱と真鯛、利尻昆布の魚介と丹波黒鶏を合わせたWスープ、4種のチャーシューもひとつづつ巻いたりして立体的に盛りつけ、美しいですね

レギュラーメニューの「醤油らぁめん」は「醤油らぁめん」というだけあって醤油の華やかな香りが先に来るものですが、
これは魚介の旨みの層が分厚く、それでいて何かが突出してる訳ではなく、魚介と鶏がとろけあいひとつのスープにまとまっていて非常に繊細なバランス。。なんだこれは





とんでもなく美味い







イメージ 9


イメージ 10


イメージ 11


スチームコンベクションオーブンで仕上げたロース、肩ロース、鶏胸、3種のチャーシューもしっとりと柔らかく





イメージ 12


鴨は、スープを堪能しすぎてしっかり火が通って?さっくりとした食感に。もっと早く食べたらよかったかな?




麺の写真がよく撮れなかったので割愛「醤油らぁめん」と同じ石川製麺さんの麺?スープを抱えてしっとりとした喉越しの素晴らしい麺でした
同じ麺をつかってるそらみちさんの中華そばも久しぶりに食べたいですね







めん屋さる
月木金 11:00~14:00 17:00~20:00
土日 11:00~14:00
定休日 火・水
福井県福井市渕4丁目207番地
駐車場有り
カウンター8席、4人掛けテーブル×3
ベビーチェア有り
https://www.facebook.com/saru.menya/
https://twitter.com/menya_saru?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

忙しかったGWも終わりホッ
こころ安らぐ1杯をいただきますよ、と何かと理由をつけてらーめんを食べるのです。。




待ち焦がれていた「福麺会」イベントが始まりました





「福麺会」とは?
「福井のらぁ麺をもっと楽しくするラーメン店主の会」、現在めん屋さるさん、麺屋鶏っぷさん、牟岐縄屋さんが参加しています

福麺会の3店舗が、毎回共通の素材を用いたラーメンをつくります




イメージ 8






第1弾トマト麺 めん屋さるさんの「ブイヤベースラーメン」


第1段トマト麺 鶏っぷさんの「トマト麺」







さて、今回はめん屋さるさんです

イメージ 1



前回の訪問「はまぐりのシェルラーメン」







「特製ワンタン麺」(1日20杯限定)

イメージ 2


丼の半分以上をワンタンが覆ってます
ワンタン好きには溜りません





イメージ 3


さるさんのレギュラーメニューの「醤油らぁめん」は鶏と水だけのスープですが、今回は羅臼昆布、椎茸、煮干、スルメイカ、鶏と、干し貝柱の乾物系で旨みを重ねたWスープ。限定ならではのデラックスなスープです





美味いっ






イメージ 4


自家製麺の鶏っぷさんがつくったワンタンの皮、ぷるぷるつるつるでめっちゃデカいw 中には鶏挽肉と貝柱、しっかりと味がついてます






イメージ 5


鶏胸肉をマリネした後、丹波黒鶏の鶏油でコンフェ(油煮)した鶏レアチャーシューはしっとり柔らか。元洋食の料理人だったさる君らしい逸品







イメージ 6


黒豚ロースチャーシューは極薄スライスで、口のなかでクシュっとミルフィーユ状に折りたたまれ、生姜の香りがふわっと。味のアクセントになりますね






イメージ 7


「煮干らぁめん」の麺ですね、パツっとした感じと喉越しがいいです




華やかにデラックスに仕上げた「ワンタン麺」めっちゃ美味かったです







めん屋さる
月木金 11:00~14:00 17:00~20:00
土日 11:00~14:00
定休日 火・水
福井県福井市渕4丁目207番地
駐車場有り
カウンター8席、4人掛けテーブル×3
ベビーチェア有り
https://www.facebook.com/saru.menya/
https://twitter.com/menya_saru?s=09

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

珍しく飲み会が続いたりして帰宅が遅く記事の更新やコメントの返信をおサボりしておりました(返信が遅いのはいつものことですが)
紹介したいお店は沢山ありますが、ムリせずマイペースで。。





さて、この日は




福井へ!


福井はしょっちゅう行けないけど好きなお店が多くて、毎回お店選びに困るのですが

素敵な限定メニューの情報を小耳に挟んで






イメージ 8


青空が眩しい1日でした






前回の訪問「ブイヤベースラーメン」








イメージ 2


イメージ 1


はまぐり形のPOPがカワイイじゃないですか

県外から来てるのをお母さんが覚えててくださっていて、いつもとても喜んでくれるんです







「はまぐりのシェルラーメン」920円

イメージ 3


三重県産はまぐりと羅臼昆布、鶏出汁の醤油ラーメンです




イメージ 4


甘濃く艶っぽく、それでいて後味軽やかな醤油

あとからゆったりと開くように穏やかな貝の旨み





イメージ 9


パツっとした麺をすすると、鼻からも口からも貝と醤油の華やかな香りが駆け上がってきて





美味いなぁぁ





イメージ 5


1粒1粒がとっても大きく、ふっくらと火が通されたはまぐりも




イメージ 6


レアチャーシューも絶品なんです





都会のラーメン女子は美容のためにスープ4口しか飲まないそうだけど

イメージ 7


ムリだね







めん屋さる
月木金 11:00~14:00 17:00~20:00
土日 11:00~14:00
定休日 火・水
福井県福井市渕4丁目207番地
駐車場有り
カウンター8席、4人掛けテーブル×3
ベビーチェア有り
https://www.facebook.com/saru.menya/
https://twitter.com/menya_saru?s=09

この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

この日は




福井へ





福井市の「めん屋さる」さん、越前市の「鶏っぷ」さん、三国の「牟岐縄屋」さん。志を同じくする3店舗で「福麺会」を結成しました

イメージ 2







福麺会イベント第1弾は

3店舗のなかで唯一自家製麺である「鶏っぷ」さんが製麺した

イメージ 1



「春よ恋」「キタノカオリ」などの希少国産小麦にトマトパウダー、パプリカを練りこんだ「トマト麺」をつかって、各店オリジナルのラーメンをつくります





イベント期間は1月22日〜2月2日ですが、福井に行けるのはこの日しかありません
3店舗のどれも魅力的ですがそれぞれ定休日も違い、この日は「めん屋さる」さん、「鶏っぷ」さんにお邪魔できる日となります





イメージ 3


外観写真は使い回しです。この頃は暖かかったなぁ。。





前回の訪問「贅沢素材の特選ラーメン」そらみち・牟岐縄屋・めん屋さる合同周年祭

https://blogs.yahoo.co.jp/wanko1_0309/35501748.html





イメージ 4




さるさんでは






イメージ 5



「ブイヤベースラーメン」が提供されました






イメージ 10


自家製トマトソース、自家製アメリケーヌソース、鯛のアラ出汁、鶏ガラスープからなるスープにジェノバソースがかけられ、あっさりながらも海の幸の旨みあふれる複雑で奥行きのある洋風の味わいとなっていて





めっちゃ美味い!












イメージ 6


イメージ 7



テナガエビ、ムール貝、イカなどの魚介類は1人前づつスープと一緒に小鍋で温められトッピング。カリっとトーストしたパンなどもあり、具材も華やかです





イメージ 8


添えられたご飯は






イメージ 9


当然リゾットに。これもまた堪らなく美味いのです









さる店主は今の店舗の前は「hand」というBarで〆のラーメンをつくっていましたが、その前は洋食の料理人。昔取った杵柄、洋食の技法がいかんなく発揮された1杯となりました





新しい形のコラボラーメン、今後も楽しみです






めん屋さる
月木金 11:00~14:00 17:00~20:00
土日 11:00~14:00
定休日 火・水
福井県福井市渕4丁目207番地
駐車場有り
カウンター8席、4人掛けテーブル×3
ベビーチェア有り
https://www.facebook.com/saru.menya/
https://twitter.com/menya_saru?s=09

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事