牟岐縄屋

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]

この日は




ぶらり福井へ




福井市へ移転されてから遠くなったはずなのに、訪問頻度があがっているこちら
 
無化調らぁ麺牟岐縄屋さんです




前回の訪問「縄中華そば(醤油)「極み煮干しそば」「煮干し中華そば」「鶏白湯そば」




イメージ 2


お店の前にはラグジュアリーなソファーがいっぱい!
ここに座って待てと言わんばかりですが、ここは家具屋さんの一角。商品ですから座ってはいけませんよ






イメージ 3


前日に提供されてたらしい「地鶏そば」この日はありません

でも、いいんです

レギュラーメニューが美味しすぎるから






「縄中華そば(醤油)」820円


イメージ 4



イメージ 1


スープや麺などのスペックに関しては前回お供させていただいたいちごさんが詳細に書かれてるので省きます

しかしながら今回も「東京しゃも」「阿波尾鶏」「比内地鶏」のスープに生揚げ醤油を合わせた前回と同じ縄中華なのかもしれないけど



全く違うものに感じました




イメージ 5


スープや醤油が素晴らしく美味いのですが、何というか、全く突っかかるところが無く滑らかにすうっと入ってくる感じ

中華そばのスープを飲んでるのに、お水をゴクゴク飲んで、からだに瞬時に染み込む感じというか!

もちろん味が薄いとか水っぽいんじゃないんです。美味しすぎて、あまりに違和感無さすぎて、するする入ってくる。もう私自身がラーメンなのでは??と思ったくらいw


そう、ラーメンとの一体感なんです




ラーメン生活長いけど、こんなことは初めてだな。。

美味しすぎるラーメンってこうなんだ。。と思い知らされたのでした




移転してから「縄中華」3回食べてるけど、こんな風に感じたのはこの回が初めてで、何だったんだろ?何かが違ってたのかな??

その謎を解きたくて、あの一体感をまた味わいたくて、また「縄中華」食べに来るんだろな。。








イメージ 6






イメージ 7



今日から土曜日までお盆の振替でお休みです





無化調らぁ麺 牟岐縄屋
11:00~14:30 17:30~20:30
日曜日 11:00~15:30
定休日 水 (木曜日はまぜそば専門店「まぜそば千鶴」として営業)
福井県福井市大願寺2丁目8-8 La136 1F
090-1631-6788
駐車場有り
スープ切れや臨時休業などはSNSをご確認ください
https://twitter.com/muginawaya?s=09

この記事に

開く トラックバック(0)

年に数回の繁忙期で毎日クタクタなかなか更新できてませんが、やっと前回の鶏っぷさんからの続きです




イメージ 1


いちごさんに北陸の美味しいラーメンを食べてもらいたく、連れ回しました!
全国を飛び回ってラーメンを食べ歩く有名ブロガーさんは1日10杯とか食べるかたも少なくないけど、いちごさんはごく一般的な胃袋の持ち主なので、今回はぜひとも今食べてもらいたい2軒を厳選。
1軒目はレギュラーメニューをリニューアルされた鶏っぷさんへ。続いて、いちごさんの希望もあり福井市に移転された牟岐縄屋さんへ。

牟岐縄屋さんへは三国時代にも一緒に訪れていて、そのときは待ち時間が長くなってしまいその後行く予定だった鶏っぷさんの昼営業に間に合わなかったという因縁の2軒w同じ日に廻れてよかったwww








今回はお客さんがいらっしゃらない時間だったので、移転後3度目にして店内撮影

イメージ 2

入ると左側はカウンター8席、すっきりとモダンで落ち着いた雰囲気。
ラーメンをつくるご主人が近い!「恥ずかしくてお客さんと目を合わせられないw」そうです








イメージ 3

入って右側はテーブル席、4人掛け×2と2人掛け×1。
「プロモーションビデオみたいに撮って」とのご要望でしたが、すまん。ムリ(笑)






この日いただいたのは







「縄中華そば(醤油)」820円


イメージ 4


オープンのときもいただいてるけど、やっぱり美味いなぁぁ
「比内地鶏」「阿波尾鶏」「東京しゃも」をつかったスープ。
さるさんは「丹波黒鶏」、鶏っぷさんは「会津地鶏」「近江しゃも」「名古屋コーチン」。

一見似たように見えて、そのお店らしさやこだわりがぎゅっと詰まっているんです






イメージ 5


ゆったりと置かれたレアチャーシューは「ガリシア栗豚」というスペイン産の希少豚。口の中でクシュっとミルフィーユ状に折り畳まれる感じとお肉からじゅわっと染み出す甘みとジューシーな感じ、薄くもなく厚くもなくの絶妙な厚みがいいんです








「極み煮干しそば」900円


イメージ 9

イベリコ豚の煮豚チャーシューが乗っている「極み煮干し」。
チャーシューは上質な脂身の甘みと旨みが脳に直撃するような、好きな人には堪らないやつです。アダルトな私は半分くらいで充分満足してしまいます



背黒は水道水、白口はパイウォーターで、それぞれ別々に水出しして合わせるこだわり。
「極み煮干し」というとセメントな感じを想像されるかもしれませんが、エグみなどなく上品なほろ苦。
煮干のいいところだけ引き出しています



イメージ 10

「極み煮干し」には金沢の石川製麺さんのパツっとした細麺を合わせて。
煮干スープには抜群のマッチング
(石川製麺さんって富山にも同名の会社がありますが違いますよ)





「煮干し中華そば」840円


イメージ 6

煮干と鶏を合わせたスープ、「縄中華」「極み煮干し」2つのいいとこ取り?(縄中華も極み煮干しもいいとこしかないですが)これもとっても美味い







イメージ 7

函館「出口製麺」さんの太麺は茹でる直前に手揉みして魂を注入不規則な縮れがスープを持ち上げ、むちむちとした食べ応えある麺が堪らないです

この麺を啜りたくて「煮干し中華」を選ぶ人も多いのではないでしょうか?







「鶏絞り白湯そば」900円



イメージ 8


鶏っぷさんでもいただいた泡だち鶏白湯。
縄中華の鶏清湯をとったあと更に炊いて白湯に。手羽元も加えコラーゲン由来のとろりとしたスープ。


実は三国時代の鶏白湯はあまり好みではなかったんですけど、これすごく好きです! 






いちごさんも満足され「東京にお店出して!」と仰ってたけど、もう移転しないよねw








  無化調らぁ麺 牟岐縄屋
11:00~14:30 17:30~20:30
日曜日 11:00~15:30
定休日 水・木
福井県福井市大願寺2丁目8-8 La136 1F
090-1631-6788
駐車場有り
スープ切れや臨時休業などはSNSをご確認ください
https://twitter.com/muginawaya?s=09
https://www.facebook.com/muginawaya/

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

先日、グランドオープンでお邪魔した牟岐縄屋さん。早くもまたお邪魔する日がやって来ました



イメージ 2





待ち焦がれていた福麺会(牟岐縄屋・めん屋さる・麺屋鶏っぷ)×そらみちコラボ
「らの道Scramble」なのです

イメージ 1


前回そらみちさんで開催された「らの道Ultimate2017」と同じく1時間毎の時間指定ができます。今回は11:00~にしました



9:30頃に到着すると、既に数人並ばれてました
並ぶといっても大きな家具屋さんの中なので空調が効いてるし、列の最初のほうはベンチ、その後は家具屋さんの階段に沿って。階段の段差に座って待てるのでとっても楽で、麺友さんと和やかな雰囲気で待ちます



待ってる間も地元の麺友さんはもちろん、関西からの麺友さんも来られてご挨拶させてもらったり。

こんな素敵なイベントが開催されるおかげでSNSだけの繋がりだった麺友さんとリアルにお会いできたり、ほんとに有難いです



2015年3月に開催された「らの道 MAX3 北陸 神楽×清乃コラボ」のときも一緒に並んでた県外ラヲタのかたと話が弾み今でも仲良くさせていただいてるし、美味しいラーメンを食べるっていう以上に人と人とを繋ぐイベントだなぁと思います






さて開店時間の11:00になり、特にセレモニー的なこともなくw 淡々と入場が始まりました




イメージ 3


カウンターのなかには牟岐縄屋、さる、鶏っぷ各店主、そらみち青山くんと神田くん。北陸のラーメン界を彩る華やかなメンツにうっとり牟岐縄屋のちーちゃん、そらみちのさよさんも全力サポート!





今回福井名産の「へしこ」をつかったラーメンということなので

イメージ 4


お台場ラーメンPARKで出されていてとっても美味しかった
「へしこ薫る贅沢魚介豚骨らぁ麺」
がまた食べられると思っていたのですが??






「サバイバル中華そば」1000円


イメージ 5



イメージ 6


大きな焼き鯖がドーン!




こっ、これは



「サバイバル」?


「鯖威張る」!!


オヤジギャグかっ??





イメージ 7


お台場のときはへしこの香りを移した豚骨スープだったけど、今回は鯖の厚削りをたっぷり煮出した豚清湯。鯖節の出汁の旨みを活かしつつ少し甘濃いめの、日本人なら誰もが好きな味わいになっています





イメージ 8


鈍い光を放つ鯖は表面に片栗粉?をまぶしてこんがりと焼いてあり、パリッとクリスピーな皮とフワフワな身の間から油がじゅわ〜っと溢れて



鯖が美味い!
ドコサヘキサエン酸がからだになだれ込んでくる!

私に足りなかったのはこれなのか。。


たっぷりの鯖の油はスープにも流れ出し、スープに香ばしさやコクを加え一体感をもたらします




へしこも1切れあったはずなんだけど、鯖に夢中になりすぎてなのか、鯖に紛れていつの間にか口のなかに入ってたみたいですww






イメージ 9


艶やかな中太ゆる縮れ麺はむっちりとして食べ応えあり、とっても満たされます





焼き鯖には大根おろしのイメージで?
大根の薄切り(浅漬けのようなサッパリとした塩味が付いていた)が添えられて、パリッとした食感と爽やかな風味がよく合っていましたね

終盤レモンを絞ると鯖油でオイリーになったスープがとてもさっぱりとして、最後のひとしずくまで。。



とっても美味しくいただくことができました








21日の富山での開催も楽しみです

イメージ 10


鴨だからカモフラ(鴨フラ)柄!








牟岐縄屋
11:00~14:30 17:30~20:30
日曜日 11:00~15:30
定休日 水・木
福井県福井市大願寺2丁目8-8 La136 1F
090-1631-6788
駐車場有り
スープ切れや臨時休業などはSNSをご確認ください
https://twitter.com/muginawaya?s=09
https://www.facebook.com/muginawaya/

この記事に

開く トラックバック(0)

三国の海の家の片隅で暴風雨や豪雪、設備の老朽化に翻弄されつつ営業を続けてきた牟岐縄屋さん。

2015年11月から2018年5月まで2年半に渡るプレオープン期間を経て、ようやくグランドオープンです



移転前の牟岐縄屋さん





イメージ 2


場所は福井市大願寺、「山口伊三郎家具」という大きな家具屋さんの1階、「らーめん山頭火」さんの居抜きです
駐車場もふんだんにあり、申し分のないお店ですね!




イメージ 3


家具屋さんの1角にあるので、行列になっても天候に左右されず空調も効いて待ち時間が本当に快適なんです
名前を書いておけば離れられるのも有難い♪





イメージ 1


オープン日は7月8日(なわの日)!
排水トラブルで少し開店が遅れたけど、この日を2年半も待ってたんです。なんてことありませんw






イメージ 4


モノトーンのお洒落な店内。カウンターにはランチョンマットが敷かれ、もてなしの心を表しています。店主吉田さんとの距離が近いのが新鮮な感じ!








イメージ 5


この日は山口伊三郎家具の周年記念、特別メニューだそうです






「縄中華(醤油)」820円


イメージ 6



イメージ 9


新しくあつらえた丼には「6788(むぎなわや)」
3種のチャーシューと無化調ナルトは山口伊三郎家具周年記念仕様です

クリアな鶏スープ、華やかな生揚げ醤油の香りがいいですね〜






「縄中華(塩)」820円


イメージ 7



イメージ 8


丼は金沢のそらみちさんや福井のさるさんと同じ佐野実プロデュースのラーメン鉢、醤油のほうはお馴染みの形状だけど塩のほうは口が広がったタイプ






イメージ 11


じわーっと染み入る美味さ
塩も美味いよぉぉ







イメージ 10


この日は金沢市の石川製麺さんの多加水中細麺を使用、もちぷりな食感♪

最近、低加水のザクパツ麺もすきだけど多加水ぷりぷり麺も新鮮な感じでいいなぁと思う今日このごろ。。歳のせいか?? もちろんスープとの相性もあるけど。







イメージ 12


山口伊三郎記念メニューではないデフォの縄中華はプレオープンのときに出されていました
大ぶりなレアチャーシューはそらみちさんとかより少し厚めのカット(2mmくらい?)、口のなかでクシュっと折り畳まれるミルフィーユ感も肉肉しさも同時に感じられる逸品でした







木曜夜のまぜそば千鶴も引き続きあるようなので、またお邪魔したいです







牟岐縄屋
11:00~14:30 17:30~20:30
日曜日 11:00~15:30
定休日 水・木
福井県福井市大願寺2丁目8-8 La136 1F
090-1631-6788
駐車場有り
スープ切れや臨時休業などはSNSをご確認ください
https://twitter.com/muginawaya?s=09
https://www.facebook.com/muginawaya/

この記事に

開く トラックバック(0)

今月14日から休業されている牟岐縄屋さん。12日の夜にお邪魔したときの記事です




隣県ということや臨休のタイミングなどもあり訪問できた回数は少なく、地元のかたや遠方から通う熱心なファンに比べたらとても常連とは言えなかったけど休業されるのが寂しく、記事にしちゃうとあの場所での営業はもう無いことを認めざるを得なく、何となくブログに向き合えないでおりました





11日の「まぜそば千鶴」もとても美味しかったけど、やっぱり最後は牟岐縄屋さんのラーメンで〆たいなと、翌日12日も仕事を終えてから三国へと向かいました


イメージ 1


イメージ 2




イメージ 3








「縄ンタン麺ZERO」1100円

イメージ 4


「ワンタン麺」のはずがデフォでチャーシューもたくさん入ってて、最後までサービス過剰な(笑)ご主人らしい1杯です






イメージ 5


香ばしい風味の豚鶏清湯にちょっと濃いめだけど軽やかな醤油スープ






イメージ 6


海老ワンタンと肉ワンタンは鶏っぷさん謹製のワンタン皮に包まれ、喉越しと口溶けの余韻が素敵






イメージ 7


福井ポークのモモチャーシューとイベリコ豚のバラチャーシュー






イメージ 8


「春よ来い」100%の縮れ細麺は柔らかめに茹でられ、懐かしい感じに






じんわりとこころに染みるご主人らしい1杯は、最後だということ抜きに堪らなく美味いものでした





休業して美味すぎるラーメンが食べられなくなるということだけでなく、ここでは特に約束などしなくても誰かしらラーメン好きな友達に合うことができ、毎回とても楽しかったんですよね。もちろんご主人と短い会話を交わすのも。そんな楽しみもしばらくはおあずけです



早い再開を待ち望んでいます
またご主人の美味過ぎるラーメンが食べられますように






牟岐縄屋営業日、営業時間は牟岐縄屋HPやSNSをご確認ください福井県坂井市三国町浜地30-5-1海運座内090-1631-6788
http://www.muginawaya.com/
https://twitter.com/muginawaya?s=09

この記事に

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

全3ページ

[1] [2] [3]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事