RAMEN W

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

この日は8月の第3日曜日


土日は仕事なのでタイミングが合わないのですが、今回は偶然お休み!行ける〜





早朝5:30出発!いそいそと出掛けた先は


イメージ 2


福井市RAMEN Wさん。
第3日曜日だけ特別に「ASA RAMEN(朝らーめん)」が提供されてるのです


前回のASA RAMEN訪問  「ASA RAMEN 7th 濃・らーめん雲丹絞り」



「朝らーめん」といってもさらっと食べるお気軽なものではなく、毎回違う、かなり趣向を凝らしたものが出されています




イメージ 13









ASA RAMEN、12回目となる今回はこちら!



「山と海の冷やしらーめん」1000円


イメージ 3


山芋とろろがたっぷりのった冷たいらーめんとご飯、別皿はチャーシューと岩海苔、福井産の福梅干し。




イメージ 1


中央に桜海老と醤油漬け卵黄、周りに葱を配した花のような1杯。とろろたっぷりで麺が見えません





イメージ 4


鯛煮干、伊吹煮干、羅臼昆布などのお出汁に永平寺産の木桶醤油に鯛や貝柱の旨みを移した醤油タレを合わせた、とろろに混ぜてしまうのは勿体ないようなスープ。贅沢です





イメージ 5


京都棣鄂さんのつるつるとしなやかな麺に山芋とろろをたっぷりと纏わせ、ズルズル〜っと。堪りません。。山芋食べれらるようになってよかった





イメージ 6


鶏のレアチャーシューはそのままのと香ばしく炙ったもの、山形産豚の内ももチャーシューも。
直前にすりおろした本わさびはとっても上品な風味。ツンと来るのが苦手でわさびって普段ほとんど使わないけど、とっても美味しくてとろろに混ぜたり鶏チャーシューにのせたりして全部食べてしまいました



麺を食べ終わったら、

イメージ 7




美味しいお出汁をたっぷり含んだ山芋とろろをご飯に!お腹いっぱいでもはいります

イメージ 8






日本人でよかった〜、な朝のらーめん定食。大満足です





そうだ




腹パンで満足しきってたんですが「アレ」も頼んでた





「とうもろこしの冷やしらーめん」950円→800円(ASA RAMENからの連食で特別価格)


イメージ 9


終了間際の期間限定らーめん、どうしても食べたくて

東京の庄のさんのお店でも出されているメニューですが、Wさんのは地元永平寺町産の甘いとうもろこし「ドルチェドーロ」、永平寺町産の甘い玉葱「御陵たまねぎ」をたっぷりつかって炊いたスープです





イメージ 10


トッピングされてる「ドルチェドーロ」めっちゃ甘くて美味しい






イメージ 11


もったりとろみのあるヴィシソワーズ的なのを想像してたけど意外とサラっとして、甘ったるくもなくさっぱりといただけます!
紅芯大根のピンクがカワイイ



イメージ 12


京都棣鄂さんの「
ウイング麺
断面が「Y」の形をしていて、滋賀などでも食べたことがあって大好きな麺ですが、このスープにはちょいと重めかな??と感じるのは、既にお腹いっぱいだからですね
半分は友達に食べてもらいました☆




腹パン過ぎて、帰り道ガマンできず車の中で爆睡でしたwww






RAMEN W(らーめん だぶる)
平日 11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝 11:00~21:00
第3日曜日 ASA RAMEN(8:00~10:00)
定休日 月曜日
福井県福井市開発2-207
0776-50-2940
駐車場 有り

この記事に

開く トラックバック(0)


今年はいつになくフルーツが入ったラーメン、多いと思いませんか?

夕介さんの「レモンらーめん」はお馴染みの夏メニューだけど、
TERRAさんの「キウイと煮干しそば
マキシマム ザ ラーメン 初代 極さんの「うにとんつけ」など。

フルーツのラーメンなんてって食べず嫌いのひともいるかもしれないけど、どれも単に奇をてらったものではなくホントに美味しいんですよね!







そんな今年の夏、どうしても食べたいものがあって福井へ

イメージ 2

福井市 RAMEN Wさんです

こちらは東京の「庄の」さんと「ど・みそ」さんのラーメンが食べられるお店なんですが、店主さんと作り手さんの豊富なラーメン経験によるオリジナルの限定メニューも多く、楽しませてもらえるお店です



前回の訪問「福地鶏の手打ち中華そば






この日の限定メニューは


イメージ 3

桃が入ったラーメンってどうなのよ!?
これは食べてみないと分からないでしょ??







「桃と福梅干しの冷やし稲庭中華そば」1180円


イメージ 4

艶やかなスープにゆったりと泳ぐ麺、梅干しの赤と大葉の緑。キレイ







イメージ 1

山梨産の桃「白鳳」がまるごと1個、ゴロゴロとはいってます

この日にスマホ壊れて新しく買い換えたスマホで撮影した第1号、
慣れなくてボケボケやなぁ
(まだUPできてないのもあるので以前撮った写真の記事も今後出てきますが)






イメージ 5

ラーメンに桃なんてちょっとびっくりなんですけど、

北川店主の少年時代、素麺を食べていたら隣に置いてあった桃にめんつゆがかかってしまい、それを食べたら意外に美味しかったという思い出を形にしたものなのだそうです


羅臼昆布、鰹節鯖節、伊吹産煮干などでとった動物系不使用の和出汁に木桶仕込み醤油のタレ、太白胡麻油、香酢のスープ
ジューシーな桃とめんつゆっぽい濃いめのスープが相まって、絶妙な甘じょっぱさが何とも言えません


これスゴい!くせになる感じ!



北川店主、やっぱり子供の頃から味覚のセンスがあったんですね。ホントびっくりです




イメージ 6




イメージ 7


秋田の稲庭うどん、稲庭中華そばの老舗「佐藤養悦本舗」さんの麺がしなやかな喉越しで本当に美味い
突拍子もない1杯に見えてジャンクにならず品がいいのは、吟味された食材をつかっているからなんです





「うにとんつけ」のオレンジを思い出して、ちょっとお行儀悪いけど桃を潰して果汁が混じりあったスープも好き!味変にネクターをちょっと加えてもイケると思います!







すごく大人っぽい1杯でした
「ラーメンに桃」はやっぱり美味かったです




桃がまるごと入ってるのでちょっと高額に感じますが、このうち200円は平成30年7月豪雨災害支援の義援金になります

「桃と福梅干しの稲庭中華そば」はもう終了していて、
永平寺産のとうもろこしと玉葱をつかった新たな限定メニュー「とうもろこしの冷やしらーめん」が始まっています







RAMEN W(らーめん だぶる)
平日 11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝 11:00~21:00
第3日曜日 ASA RAMEN(8:00~10:00)
定休日 月曜日
福井県福井市開発2-207
0776-50-2940
駐車場 有り

この記事に

開く トラックバック(0)

この日は仕事を終えて福井へ





イメージ 1


先日RAMEN Wさんにお邪魔したときに1周年記念メニューの試作を繰り返し奮闘されていることをお聞きして、そんな素晴らしい1杯を食べてみたいと思ったものの夜17:00から39食限定らしく仕事終わってから直行してもムリ!と諦めてました




しかし!SNS枠が設けられ取り置きしてもらえることになり、それなら行ける!と参加表明





現地に着くと尊敬するラー友の皆様も来られ楽しいひとときになりました






福地鶏の手打ち中華そば500円

イメージ 2


具材別皿、かけらーめんスタイルでの提供です






イメージ 3


まだ希少な福井の地鶏「福地鶏」と福井ポークをつかった鶏豚清湯

永平寺の木桶醤油「濱田醤油」や埼玉の木桶醤油「弓削田醤油」、帆立、するめ、羅臼昆布、本枯節などをつかった醤油タレを合わせて

旨みが押し寄せてくる、まったりとした濃密なスープです







イメージ 4


ご主人自ら試作を繰り返した手打ち麺は手打ち麺で有名な福島白河「とら食堂」と同じ粉をつかっています

多加水の中太縮れ麺は押し返すような弾力でコシが強くもちもち♡

ご主人自ら、って当たり前だろうと思うかもしれませんが、ここのご主人はお店を統括する役割のかたでラーメン職人ではないのです。ただラーメン愛は人一倍でサービス精神旺盛のアツイ御仁、1周年記念メニューは感謝の気持ちを込めて2人の職人さんと共にご主人自ら腕を振るい、納得できるまで試作を繰り返したものになりました




イメージ 5


別皿は福井の実りを集めた贅沢なものです





イメージ 6


若狭牛のローストビーフはジューシーな肉汁溢れしっとり




イメージ 7


福井ポークの低温調理チャーシューは柔らかく旨みがしっかりとしたもの




イメージ 8


福地鶏の低温調理チャーシューは炭火で炙って。香ばしくコリコリとした食感♪煮玉子も福地鶏です




こんな手のこんだ贅沢な1杯が感謝価格500円と採算度外視で提供され、有り難くいただくことが出来ました




これからも楽しみにしています!
またお邪魔しますね







RAMEN W(らーめん だぶる)
平日 11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝 11:00~21:00
第3日曜日 ASA RAMEN(8:00~10:00)
定休日 月曜日
福井県福井市開発2-207
0776-50-2940
駐車場 有り

この記事に

開く コメント(10)

この日は、所用で福井へ




用事は福井市で13:30~17:30。
早めに着くように出掛けて、お昼はラーメン
いつもはラーメンを食べるために福井に出掛けてるけど、この日は用事があるのです。堂々と??食べますよ





イメージ 1


福井で馴染みのお店のひとつ「RAMEN W」さんです





前回の訪問「濃・らーめん雲丹絞り」







イメージ 2


RAMEN Wさんは東京の「庄の」さんと「ど・みそ」さんのラーメンが食べられるお店ですが、それだけではなくオリジナルメニューもどんどん繰り出しています






この日は「明石の天然真鯛の塩そば」

前回もいただいてますが、この日は鯛の真子を包んだワンタンがトッピングされるという特別なメニューになっていましたよ






平日昼・夜各10食限定「明石の天然真鯛の塩そば(真子ワンタントッピング)」


イメージ 3


前回と同じく花麩があしらわれた愛らしいビジュアル、今回は糸唐辛子も乗せられ華やかに





イメージ 6



天然真鯛の鮮魚出汁は羅臼昆布の昆布水と合わせられていて、鯛の風味は強くはないけど旨み濃く、じんわりと染み入るスープです





イメージ 4


全粒粉入りの細麺は自家製麺、パツっとして喉越しよく、噛んだときの弾けるような感じが素敵です





イメージ 5


そして気になる「真子ワンタン」
断面が美しく撮れなかったけど、真子たっぷり!しっかり味付けされた真子がプチプチ!たらこの煮付けとか大好きなんで堪らないです。魚卵がはいったワンタンなんて珍しいですよね〜






6月1日には1周年を迎えるRAMEN Wさん、周年記念メニューもしっかり用意してますよ♪

行けないけどwww




またお邪魔しますっ








RAMEN W(らーめん だぶる)
平日 11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝 11:00~21:00
第3日曜日 ASA RAMEN(8:00~10:00)
定休日 月曜日
福井県福井市開発2-207
0776-50-2940
駐車場 有り

この記事に

開く コメント(8)

この日は





金沢を朝6時に出て福井へ





イメージ 1

(外観画像は以前のものです)





朝7時過ぎから集まる猛者達
知った顔ちらほらのほのぼのムード




RAMEN Wさんの、第3日曜日早朝だけのお馴染みの光景です






前回のASA RAMEN

https://blogs.yahoo.co.jp/wanko1_0309/35501680.html






雪の季節はどうしても行けなかったASA RAMEN、ようやく来れましたよ






イメージ 2


今回は福井のラー友ゴトウさんが東京に転勤されるということで「39510(サンキューゴトウ)ver.」であります





「濃・らーめん雲丹絞り」

イメージ 3





イメージ 4


大山鶏の濃厚鶏白湯に大量の雲丹を合わせて。ちょっと濃いめの醤油加減も相まって、どろりとして深く濃密なスープ。






イメージ 5


雲丹たっぷり!

元々そんなに雲丹好きじゃなかったのに、先日の大河さんのと合わせて一生分の雲丹を食べた気分w
すっかり雲丹が好きになりました(笑)





イメージ 6


食べ応えある角切り炙りチャーシューはアダルトにはちょっとヘビー?
でも510スペシャルなんで、これでいいんです





イメージ 7


麺はこちらでは珍しく京都棣鄂さんの平打ち麺、北海道産小麦を数種ブレンドしたもちっとしたもので濃厚スープに負けてないです





後半は岩海苔の磯の香りや大葉、アーリーレッドの爽やかな食感も混じり、濃厚なのに最後まで飽きることなく美味しくいただけました






ペーストした雲丹と卵黄を合わせた雲丹めしに

イメージ 8






更にらーめんの雲丹を乗っけちゃう

イメージ 9




これまた至福






厨房には、先月惜しまれながら閉店した人気ラーメン店のご主人の姿も。今回の鶏白湯は彼が担当されたのかな?

閉店は残念でしたけど、彼の手がけるラーメンがWさんでいただけるようなので、これからも楽しみです






イメージ 10


愛されキャラのゴトウさん、東京での益々のご活躍をお祈りいたします






RAMEN W(らーめん だぶる)
平日 11:00~15:00 17:00~21:00
土日祝 11:00~21:00
第3日曜日 ASA RAMEN(8:00~10:00)
定休日 月曜日
福井県福井市開発2-207
0776-50-2940
駐車場 有り

この記事に

開く コメント(16)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事