WANTED

ミラン、復権なるか?

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
製作年度:2012
製作国:日本
監督:長峯達也
出演(声優):田中真弓、中井和哉、篠原涼子、香川照之、大塚芳忠
 
 偉大なる航路の後半の海、新世界のとある島。NEO海軍を自称する元海軍大将・ゼットらは巨大なエネルギーを持つ鉱物、ダイナ岩を盗み、その破壊力で全海賊抹殺を企てていた。一方、新世界を航海中のルフィたち麦わらの一味のもとに、右腕に大型の武器を装着し、けがを負ったゼットが現れ、ルフィたちは介抱する。しかし目覚めたゼットはルフィたちに襲い掛かり……。(シネマトゥデイ)
 
 これは、今のところ「ワンピース」劇場版最新作ですか?映画館へ行こうかどうか迷ったんですが、結局DVDで済ませてしまいました笑。映画館では特典で確か「千巻」が貰えるはずだったんですよね?それは手に入らずでしたよ笑。まあ、自分は「ワンピース」は結構昔から好きなんですが、最近ちょっと熱が冷め始めてきていて笑。さすがに少し飽きてきたんでしょうか笑。最近やっと滞っていたコミックスも集め終わったんですがね笑。少年ジャンプを買わなくなってから、一気に「ワンピース愛」が冷めていた今日この頃です笑。さて、この映画ですが、原作者である尾田栄一郎先生が、また映画製作に携わったってことで、やっぱりこれもファンからすると注目度が高い映画だったんじゃないですかね?原作者が携わると、映画自体が本編に関わる度合いが結構強まるんですよね。そういう意味でも、ファンからすると見逃せない映画になったことでしょう笑。自分はこれ、多少贔屓目もあるのかもしれませんが、それなりに楽しみましたけどね笑。戦闘シーンはスピード感があって、純粋にかっこいいですよ。映画ならではのサービスと言うか、迫力は出せていたと感じますがね。また、この映画はたぶん、海軍版の「白ひげ」エピソードをやりたかったんだろうなと思いましたね笑。結局今回の映画って、主役は麦わらの一味じゃなくて、敵であるゼットなんですよね。
 まあ、この映画のレビューは少なくとも、「ワンピース」を知ってる人でなければ、付いていけないものになるかと思いますが、ご勘弁を笑。まず、ゼットVSルフィのクライマックスですけど、これBGMがほぼ無いんですよ。ですから、ガチの肉弾戦に見えるんですよね。まずこれが、結構熱いわけです。何て言うか、ガチの殴り合いって、やっぱりボクシングみたいで熱くなるんですよね笑。単純に闘志が伝わり易いって言うか。その辺の演出は良いなと個人的に感じました。それと、青キジや黄猿など、本編のキャラも多数登場するんですね。しかも、要は「ワンピース」が二年後の世界を描く上で、初めて彼らが登場するのはこの映画ってことなんですよね?これは、純粋にまたファンがテンションが上がる材料じゃないですか?笑。それにしても、青キジの謎の存在感がこの映画じゃ示されてましたけど、彼はいつの間にやら、随分とおいしいキャラになりましたね笑。まあ掴み所が無いキャラクターで、今後も気になるキャラですよ笑。言ってしまえば、ズルいキャラです笑。とまあ、胸が熱くなるポイントも多い映画ですが、個人的に気になる点もいくつか。例えば、これは原作である漫画にも言えることなんですが、最近、妙に「ワンピース」に萌えポイントが入り過ぎてる気がするんですよ笑。ちゃっちいラブコメみたいな笑。
 
 例えば、今回は敵の能力によって、ナミなんかが子供の姿にされちゃいますけど、随分とまあ可愛く描かれてますよね笑。今のアニメって、多分にそういった要素って含まれないと駄目って現実があるみたいですけど。でも、別に今更「ワンピース」にそういった方針転換はいらないと思いますよ笑。既に大人気漫画なわけですから笑。それがちょっと個人的には違和感なんですよね。それと、やっぱり「NEO海軍」ってのがですね、弱く見えるわけです笑。これは、前に尾田さんが携わった「ストロングワールド」にも言えることなんですが、まあ、正直映画である以上仕方が無い要素ってあるんですよね。やっぱり、描ける尺が決まってるものですから、それほど細かく描けないわけですよね。だから、どうしても、敵が倒される様ってのがあっさりに見えるわけですよ。まあ、これ尺とかの問題じゃなくて、実際、麦わらの一味がただ単に強過ぎるだけなのかもしれませんが笑。さて、今回の映画って、少々雰囲気が特徴的で、個人的にはこれ、全体的に寂しげで、おとなしめなイメージを受けました。ですので、「ワンピース」にしては少し雰囲気が違う気がするんです。ってことで、これ少し大人テイストに仕上がった映画なのかな?と思いました。まあ、漫画の中では二年経ってるということで、キャラクターも一応歳を取ってるわけですがね笑。ギャグも比較的少なめにされてた気がするんですよ。いつもならもっとうるさい感じが、どうもトーンを抑え気味で。自分はこれはこれで、何だか新しい世界観が見れた気がして、良かった気がしましたがね。
 それで、この映画が一番良かった部分をこれから書きたいと思いますね。それは、何を隠そう、今回の敵であるゼットというキャラクターが、しっかりと描かれていた点に尽きると思いますよ。彼の過去には、実に悲しく切ないものが隠されていて。要は、憎めないヒールになっているわけです。ですから、存在がかなり際立つんですよね。はっきり言って、映画の中じゃ、ルフィだとか主要キャラって、描く必要が無いわけですよね、簡単に言うと。何故なら、漫画の中でそれはもう描かれているし、今後の漫画の中で描けばいい話なわけで。ですから、過度に彼らが成長することは、映画ではできない。ならば、新キャラでもあるゼットしかもう残ってないわけです。そのゼットをきっちりと描いた部分に自分は好感が持てるし、作り手が真摯にこの映画を作ったんだなと思える証拠ですね。そういう意味も含めて、この映画の主役は自分は「ゼットだ」と断言するわけですよ。ゼットの為の映画なわけです笑。ゼットの最期の死ってのは、大抵の人なら、やっぱりかっこよく見えると思いますよ。まあ、「白ひげをもう一回やってるだけじゃん」って、揚げ足を取る人も中にはいるかもしれませんが笑。でも、自分は純粋にかっこよく見えましたよ。何故ならやっぱりキャラがしっかりと作り上げられているからなんですね。この時点で、自分はこの映画は成功している部類だと思いたいんです。一人でも、男を描けたら、それで充分じゃないですか笑。自分はちなみに満足ですけどね笑。映画を最後まで見れば、この映画が一体、誰の為であり、誰を描いたかがはっきりわかる作り方が為されています。是非とも楽しんでみてください笑。
 
 
おすすめ度☆☆☆☆
 

閉じる コメント(8)

顔アイコン

「ワンピース」って、そんな面白いんですか?
オッサンでもわかりますか?

2013/7/20(土) 午後 11:01 猫 返信する

これは子供つれて劇場はみにいってきました〜^^
満員電車につぶされながら(−−;;

私はちょいと寝てしまったのですがw
ワンピースのプリクラとって、
エンディングのアブリルラビーンの曲をその後
買いました♪

2013/7/21(日) 午前 8:23 mE 返信する

顔アイコン

個人的にかなり良かったです。
映画なのがもったいないくらいの話だったな〜。
ラストシーンが凄く印象的でした。

2013/7/21(日) 午後 4:09 かず 返信する

猫さん
面白いですよ〜。最近は自分も熱が冷めてましたが^^;
どうでしょう…笑。意外と楽しめる人とそうでない人がいる漫画だとは思いますよ笑。

2013/7/22(月) 午後 5:36 WANTED222 返信する

mEさん
そうだったんですね〜^^
自分は劇場鑑賞を逃しました^^;笑。

寝ちゃったんですか^^;笑。
静かな感じが、眠気を誘ったんですかね…笑。
それはそれは、子供さんも良い思い出になったんじゃないでしょうか。
アブリルの曲はかっこよかったですね〜^^

2013/7/22(月) 午後 5:37 WANTED222 返信する

かずさん
漫画では「白ひげ」で似たことやってますからね^^;笑。
まあでも、いずれにしてもかっこよかったですね。
うんうん、ラストは無条件で熱かったですよ^^

2013/7/22(月) 午後 5:38 WANTED222 返信する

千巻と宝袋をゲットするため…朝から映画館に行きました
娘が宝袋を無くすハプニングがありました(苦笑)

元海軍のあの方が出てきた時にはちょっと興奮してしまいました(笑)

2013/7/23(火) 午後 6:23 恋愛映画 返信する

恋愛映画さん
「宝袋」なんて特典もあったんですね〜!!
あらら…^^;笑。結局見つからずじまいだったんでしょうか…^^;

それは、「ドレーク」ですかね?原作のキャラも多数登場してきて、テンションが上がりました^^

2013/7/24(水) 午後 5:44 WANTED222 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事