行川DS 海況ブログ

千葉県勝浦市浜行川でダイビングするなら!!

2018.06.18

本日は、くもり、東南東の風。

三郎ゼム。
水温19.4度。透明度5m。
時間の経過とともに段々とうねりが入ってきました。
水底まではうねり入ってません。
エントリーしてすぐには相変わらずのカゴカキダイ。

移動して中層では、
イメージ 1
イサキ、メジナ、ニザダイなど。
固まり群れ群れです。

クレパスでは、
イメージ 2
こちらでも群れ群れです。

往復して帰りにクレパス入ると。
イメージ 3
イサキからネンブツダイ群れにチェンジしてました。

今日は泳ぐスタイル。途中ウミガメも発見出来てみんなで見れました。


新浜。
水温20.2度。透明度5〜8m。
こちらも後半うねりが入ってきました。

入ってきました。
イメージ 4
ミノカサゴ。
他のコースにも新しい個体が見れてます。


三郎ゼムも群れてるけど。
イメージ 5
ネンブツダイ。
新浜もどんどん入ってきました。
他にもチャガラ群れもどんどん増えておりますが。
その中にサビハゼの幼魚が一緒にホバリングしている姿も。

砂地では、
イメージ 6
サツマカサゴ。
真っ白な個体。ヒレが開くと。
その裏は、きれいな色してるんですよ〜。

ダンゴウオは、大きいサイズがまだ見れてます。
時期も時期なので見たい方は、お早めに。

明日の予報は、くもり、北東の風。

この記事に

開く コメント(0)

2018.06.17

本日は、晴れ、北東の風。

朝は、海がまだ悪く。
時間の経過とともに弱まってきました。

三郎ゼム、新浜潜水。

三郎ゼム。
水温18.8度。透明度8〜10m。
浅場は、うねりやや。
深度とると落ち着きます。

エントリーしてみると。
イメージ 1
カゴカキダイ。
群れ群れです。。。
数が多くてとても驚きます。

マクロものでは、、
イメージ 2
キイロイボウミウシ。
とっても大きいサイズ。
他でもシロタエイロウミウシや普通種のウミウシなども目立ってます。

新浜。
水温20.2度。透明度8m。
うねり、流れとなく穏やかな海。
エントリーしてすぐには、ネンブツダイ群れ、チャガラ群れ活発に泳いでいる。
イメージ 3
どんどん増えてきてます。


手前では、
イメージ 4
ニジギンポ。
ビンの中に隠れているのはとても愛くるしいです。

今日の写真は、ゲストさんからいただきました。
いつもありがとうございました。

明日の予報は、くもり、南東の風。

この記事に

開く コメント(0)

2018.06.15

本日は、三郎ゼム、黒岩。
段々とうねりが入ってきました。

黒岩。
水温21.2度。透明度5〜8m。

イサキ、スズメダイ、メジナ、ニザダイなどが。
所々で群れが目立ち。

群れものは沢山見れてます。

けど今日は張り付きです。
マクロです。

イメージ 7
サガミコネコウミウシ。

イメージ 5
アオサハギ。

赤色の
イメージ 6
ワレカラ。

甲殻類では、
イメージ 4
ザラカイメンカクレエビ。

イメージ 2
ヨコシマカニダマシ。

イメージ 3
ベニツケガニ。
オス、メス仲良くっついている姿を。

コケギンポ類は多く。
ウミウシ類は、ガーベラミノウミウシ、サクラミノウミウシ、スミゾメミノウミウシなど一番目立ちます。


三郎ゼム。
水温19.6度、透明度5〜8m。

こちらでも張り付きです。

この時期に棚で見かける。
イメージ 1
オキナワベニハゼ。

それ以外でも
イメージ 8
ハゼ類は色々といますよ〜。


ウミウシ類では、
イメージ 9
ジボガウミウシ。

イメージ 10
シロタエイロウミウシ。

一休みしている所
イメージ 11
ミノカサゴ。

カレイの子供が棚の砂に擬態しているのが目立ちました。


明日の予報は、雨、北北東の風。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事