穴あき日記〜奈良漬のブログ

『熊楠と猫』発売中!/ツイッターID:@NarazakeMiwa

トップ

すべて表示

『擬人化と異類合戦の文芸史』

『擬人化と異類合戦の文芸史』(2017年8月) 伊藤慎吾著 三弥井書店刊行 A5判・並製・300ページ hoto: https://honto.jp/netstore/pd-book_28606427.html 楽天: http://books.rakuten.co.jp/rb/15059520/ 前近代における擬人化表現の文芸史としてまとめたもの。 前半は総論。 後半は異類合戦物を取り上げている。前近代の日本の文芸において、擬人化キャラクターが登場する物語文芸(物語性の強い絵画も含め)として異なる種類同士(魚介類vs植物、淡水魚vs海水魚など)の合戦物語が主流をなしてきたからだ。 序 擬人化の文芸史 擬人化の図像の型 近世擬人すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

6月17日、つまり明日ですが、「奈良絵本・丹緑本の〈稚拙美〉をめぐる動向」という発表をします。 お時間があれば、おいでください。 ■国学院大学国文学会 日時 6月17日(日)午後(大体、3時半ごろ) 会場 国学院大学130周年記念5号館 5202教室 https://www.kokugakuin.ac.jp/event/6 ...すべて表示すべて表示

「熊楠と猫」展

2018/6/7(木) 午前 11:08

半年ぶりです・・・ 色々ありましたが、間近な話題を1つ。 今、高円寺のギャラリーで「熊楠と猫」展が開催中です。 https://gallerykiya.jp/?p=2583 猫グッズも熊楠がらみの絵葉書、手ぬぐい、クリアファイル、マスキングテープ、扇子など、各種取り揃えております。 これは『熊楠と猫』(共和国刊)の出版に関 ...すべて表示すべて表示

『画図百鬼夜行』本文正誤

2017/12/28(木) 午前 0:22

近年、鳥山石燕の妖怪画の再評価が著しい。すでに90年代から小説、マンガ、ゲーム等のクリエーターたちがこれを用いる機会が増えてきた。これは1992年刊行の国書刊行会本と、2005年以降、版を重ねている角川ソフィア文庫本、さらにウィキペディアの拠るところが大きいだろう。 ところがよくよく本文を検証してみると、単純な翻刻ミスから内容的に看過できない誤読までい ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事