穴あき日記〜奈良漬のブログ

『「もしも?」の図鑑 ドラゴンの飼い方』(実業之日本社)出来しました/ツイッターID:@NarazakeMiwa

トップ

すべて表示

『擬人化と異類合戦の文芸史』

『擬人化と異類合戦の文芸史』(2017年8月) 伊藤慎吾著 三弥井書店刊行 A5判・並製・300ページ hoto: https://honto.jp/netstore/pd-book_28606427.html 楽天: http://books.rakuten.co.jp/rb/15059520/ 前近代における擬人化表現の文芸史としてまとめたもの。 前半は総論。 後半は異類合戦物を取り上げている。前近代の日本の文芸において、擬人化キャラクターが登場する物語文芸(物語性の強い絵画も含め)として異なる種類同士(魚介類vs植物、淡水魚vs海水魚など)の合戦物語が主流をなしてきたからだ。 序 擬人化の文芸史 擬人化の図像の型 近世擬人すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

『画図百鬼夜行』本文正誤

2017/12/28(木) 午前 0:22

近年、鳥山石燕の妖怪画の再評価が著しい。すでに90年代から小説、マンガ、ゲーム等のクリエーターたちがこれを用いる機会が増えてきた。これは1992年刊行の国書刊行会本と、2005年以降、版を重ねている角川ソフィア文庫本、さらにウィキペディアの拠るところが大きいだろう。 ところがよくよく本文を検証してみると、単純な翻刻ミスから内容的に看過できない誤読までい ...すべて表示すべて表示

擬人化という翻訳語(2)

2017/9/30(土) 午前 11:03

鈴木棠三は「擬人的思考」と「擬人法」を次のように説く。 〈擬人的思考〉 「擬人的思考は、未開人にあってはごく普通に見られるもので、かれらは超自然的存在、またはその現象に対して、人格的生物つまり人またはその行為と同一視するのが常であります。文明人もかつてはこの段階を経過したのですが、文明の進歩とともに擬人的思考は一 ...すべて表示すべて表示

擬人化という語(1)

2017/8/29(火) 午後 10:04

現在の日本では、〈擬人化〉という語が過剰なほど使われるようになってきた。これは 2000 年以降の現象といえるだろう。 ただ、動物が人間に〈変身〉することも〈擬人化〉という語で表現する現状は、文化論や物語分析の文脈では適切でない。 さらにいえば、古くから文化人類学の分野では人間の姿で神が表されることを〈擬人化〉と表現されることが ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事