穴あき日記〜奈良漬のブログ

『中世物語資料と近世社会』(三弥井書店)近々出来します/ツイッターID:@NarazakeMiwa

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

『室町戦国期の文芸とその展開』


伊藤慎吾著
平成22年2月10日発行
定価8000円+税
三弥井書店
Amazon.co.jp
ISBN:978-4-8382-3191-1

目次

序論 中近世の狭間の文芸

機(語・謡・雑談
  1 三条西実隆の草子・絵巻読申
  2 戦国期山科家の謡本
  3 近世初期の公家衆と御伽

供_礁樵雹劼悗琉貭流
  1 『七草ひめ』考
  2 『石山物語』考
  3 『住吉の本地』考
  4 『菊の前』考―お伽草子から仮名草子へ―
  5 異本『土蜘蛛』絵巻について
    【翻刻】国立歴史民俗博物館所蔵『土蜘蛛』

掘‘猯紐本の制作
  1 奈良絵本の針目安
  2 奈良絵本の霞―その形式と意義―
  3 雲形と室内装飾―横型奈良絵本における彩色の一傾向について―

検,伽草子の周辺
  1 街談巷説―都鄙のうわさ話―
  2 神仏の〈噂〉―霊験の演出をめぐって―
  3 弁慶地獄破りの舞と道味
    【翻刻】自筆本「弁慶と炎魔王と問答の記」
  4 文之玄昌と『聖蹟図』
  5 語彙学習とお伽草子―『魚類青物合戦状』をめぐって―
    【翻刻】伊藤本『青物魚類合戦』

付録 近世前期お伽草子年表(慶長19年〜元禄16年)

この記事に


.


みんなの更新記事