穴あき日記〜奈良漬のブログ

『中世物語資料と近世社会』(三弥井書店)近々出来します/ツイッターID:@NarazakeMiwa

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

幕末明治の頃の流行り唄に「ひとつとせ節」というのがある。
数え歌形式のもので、唄本(一枚摺から数丁の冊子本がある)として数多く作られた。
唄本を得意とする版元には江戸東京の吉田屋小吉や吉田栄吉などがいるが、地方にも小さな店がいろいろあったらしい。

たとえば小生の住む埼玉県下では、
・騎西の小林国吉
・騎西の稲橋アキ
・和土村(現・さいたま市岩槻区)の川島奥次郎
・大里郡妻留村(熊谷市、深谷市付近?)の高田亀吉
・浦和村(現・さいたま市)の小見野弥次郎
・田面沢村(現・川越市)の深野清七郎
など全く知らない版元が出している。
たぶん、卸売りなどをするかたわらで、唄本のような小冊子類を時々作っては頒布していたのではないかと想像する。
明治の本は版元の住所がしっかり記されてあるから、時間を作って現地に行き、あわよくば墓を探し出したい。

ちなみに、新潟に岡田信松という版元がいて、明治20年頃に集中的に10冊ほど唄本を出している。
新潟県中蒲原郡白根町というから、今の新潟市南区である。
僕の手元には「なすとかぼちやしんじよくどき(茄子と南瓜 心中口説) 上」という6丁から成る唄本がある。
これは他に伝本を聞かない珍本である。
内容はその名の通り、擬人化された茄子と南瓜の心中を歌ったもの。
巻末に「ほうねんまんさく(豊年満作)」と題した歌も収録されている。
新潟には、この他にも盛んに唄本を出していた版元が2、3ある。
瞽女唄といい、流行り唄といい、幕末明治期の越後の文化は面白い。

それはそうと、倉田隆延編『一ツトセぶし』(古典文庫)に「しんぱん女とうぞく三ヶ月お六」(明治27年)という面白い摺り物が収録されている。
刊記に福島県の上遠野(現・いわき市)の鈴木みの「著作兼発行」とあるから、この人が出版だけでなく、作詞もしたようだ。
原文は読みづらいので、適宜漢字を宛て、句読点を付けて載せておく(自分用)。

一ツトセ
広い御国(みくに)に名も高き、三ヶ月お六の物語、お話聞いても恐ろしいや。
二ツトセ
生れ故郷は仙台の北鍛冶町(まち)のま、おきつさん、五歳連れ子のお六さん、
三ツトセ
見れば優しき玉椿、小野小町か照手姫、年は十七、つぼみ花、
四ツトセ
世にも稀なるお六さん、母ときんじと三人で、父親、おきつを絞め殺し、
五ツトセ
いつまでこうしていられない。生まれし故郷をあとに見て、二本松さして急ぎ行く。
六ツトセ
無残や、母親おとしこそ、馴染みのきんじと娘にて、二人で母親刺し殺し、
七ツトセ
長くもいられぬ二本松、金の工面を一番と、質屋かんべい、忍び込み、
八ツトセ
やたらに家内を縛り付け、三千余りの金を取り、大阪さして急ぎ行く。
九ツトセ
ここは大阪北新地、今はおさととと名を変えて、林楼(はやしろう)にて芸者する。
十トセ
東京(とうきょ)麻布の華族さん、お六はお客の目を忍び、金革(きんかわ)時計を盗み取り、
十一トセ
今は大阪、立ち退いて、群馬、茨城、栃木県、三重、埼玉、滋賀県と、
十二トセ
二百九十と、九度(ここのたび)、二万と六千九百円(いん)、一年余りに盗み取り、
十三トセ
三界二界はごかいろで、吉原に名高き大文字屋(だいもんじや)白菊女郎(じょろ)と偽りて、
十四トセ
暫く勤めをしる(=する)うちに、馴染みのきんじを刺し殺し、殺した証拠は桜木と、
十五トセ
ここに川口大探偵(だいたんて)、合点の行かぬは白菊と、厳しく探偵致される。
十六トセ
ろくに知れないそのうちに、すぐにこの屋を逃げ出だし、横浜おもてに参られて、
十七トセ
しかし悪事は恐ろしや。外国生まれの大泥棒(おおどろぼ)、お六はその屋い(=へ)忍び込み、
十八トセ
早く鉄砲盗み取り、その屋、頭(かしら)を撃ち殺し、この場でお六は頭する。
十九トセ
国の難儀を思わずに、ここでも八十と四ヶ所で、金高(きんだか)一万二百円(いん)、
二十トセ
日本に稀ない(=なる)大泥棒(おおどろぼ)、人をかどをて外国い(=へ)売りてやるのが漏れ聞こえ、
二十一トセ
今は探偵六人で、上(かみ)の御用と声(こい)を掛け、お六はこの屋を逃げ出だし、
二十二トセ
日々(にちにち)悪事は篤くなる。二十と六年一月(いちげつ)の二十七日、その晩に、
二十三トセ
三更四更の夜中過ぎ、ここは大井の浜辺にて、またも三人斬り殺し、
二十四トセ
暫く東京(ときよ)で身を隠し、ここは東京(とうきょう)小網町(ちょ)で、かきがわ方にて匿いて、
二十五トセ
ここに名高き大探偵(だいたんて)川口さんの計らいで、かきがわ方にて召し取られ、
二十六トセ
牢屋へ入れられ、お六こそ、今は裁判まわされて、厳しくお調べ致されて、
二十七トセ
子細は一々白状(はくじょ)する。名高き大井の弁護でも、とても敵わぬこの度は、
二十八トセ
早く裁判きわまれば、処分は死刑の言い渡し。年は二十一、盛り花、
二十九トセ
苦労するのも心から、死刑は機械の梯子にて、昇りし間もなく首挟む。
三十トセ
三十二人を手にかけた、末代悪事の名を残す。皆さん、これ見て気を付けな。


戦前の殺人鬼としては、八つ墓村のモデルになった津山事件の都井睦雄が著名だが、このお六は残念ながらほとんど知られていない。
歌の終わりに「末代悪事の名を残す」とあるが、ウィキペディアに立項されるほど名は残らなかったのである。
しかし、大正7年(1918)に「三日月お六」という映画が製作されているから、当時はそれなりに話題になったようだ。
フィルムが残っていたら観てみたいものだ。

※実に久しぶりにブログを更新しました。今後も気が向いた時に書き綴ることがあると思います。どうぞよろしく。

この記事に

開く コメント(4)

07 お月様

   お月(つき)様(さま)
 
一 お月(つき)様(さま)ゑらひなお日(ひ)さんの兄(けふ)
  弟(だい)て三日月(みかづき)になつたり万(まん)丸(まる)に
  成(なつ)たり春夏秋冬(はるなつあきふゆ)日本中(につぼんぢう)を
  てらす
二 お月(つき)様(さま)若(わかい)ないつも年(とし)を
  とらないでくしのよふに成(なつ)たり
  鏡(かゞみ)の様(やふ)に成(なつた)り春夏秋冬(はるなつあきふゆ)
  日本中(につぼんぢう)をてらす
 
【釈文】
   お月様
一 お月様、偉いな、
   お日さんの兄弟で、
   三日月になつたり、真ん丸になつたり、
   春夏秋冬、日本中を照らす。
二 お月様、若いな、
   いつも年をとらないで、
   櫛のやうになつたり、鏡のやうになつたり、
   春夏秋冬、日本中を照らす。
 
※作詞 石原和三郎/作曲 納所弁次郎
  『教科適用 幼年唱歌』初編中巻(明治33年〈1900〉)
 
 
■『明治唱歌集』について
 

この記事に

開く コメント(1)

06 金太郎

   金太郎(きんたろう)
まさかりかついて金太(きんた)郎熊(くま)に
またがり御馬(おんま)のけいこはいし
どふはいどふ/\足(あし)から山(やま)の
山奥(おく)でけだ物(もの)あつめて角力(すもふ)の
けいこはつけよふ/\のこて/\

【釈文】
   金太郎
まさかり担いで金太郎、
熊にまたがり、御馬(おんま)の稽古。
はいしどふ、はいどふ/\。
足柄山の山奥で、
けだ物あつめて角力の稽古。
はつけよふ/\、のこて/\。
 
※作詞 石原和三郎/作曲 田村虎蔵
 オリジナルでは三行目「ハイ シイ ドウドウ」(リピート)。
 同じく末文「ハッケ ヨイヨイ ノコッタ」(リピート)。
 

 
■『明治唱歌集』について
 

この記事に

開く コメント(2)

   はやくめを
 
一早(はや)くめをだせ柿(かき)のたねださぬ
  とはさみでちよんぎるぞ早(はや)く
  ならぬか柿(かき)のみよならぬと
  はさみてちよんぎるぞ
一はちや玉子(たまご)やたちうすやかに
  をたすけてかたき打(うち)玉子(たまご)の
  ぢらいかはちのやりとふ/\
  さるめはつぶされた
 
【釈文】
   早く芽を
 
一 早く芽を出せ、柿の種、
  出さぬと、はやみでちよんぎるぞ。
  早くならぬか、柿の実よ、
  ならぬとはさみでちよんぎるぞ。
一 鉢や玉子や立ち臼や、
  蟹をたすけて、かたき打ち。
  玉子の地雷火、蜂の槍、
  とふ/\猿めはつぶされた。
 
※「さるかに」作詞:石原和三郎/作曲:納所弁次郎
 
 
■『明治唱歌集』について

この記事に

開く コメント(2)

04 かりかり(雁)

   かり/\
 雁(かり)/\わたれ大(おゝ)きな雁(かり)は先に(さき)小(ちいさ)
 な雁(かり)は跡(あと)に中(なか)よくわたれ

【釈文】
   かりかり
 雁々わたれ。
 大きな雁は先に、
 小さな雁は後に、
 仲良くわたれ。
 
 ※作詞 不詳/作曲 伊澤修二

 
■『明治唱歌集』について

この記事に

開く コメント(0)

全106ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事