穴あき日記〜奈良漬のブログ

『中世物語資料と近世社会』(三弥井書店)近々出来します/ツイッターID:@NarazakeMiwa

トップ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

先月出した論文集の紹介です。
 
『室町戦国期の公家社会と文事』
 
序論
Ⅰ 室町戦国期の菅原家―人と文事
 一 室町戦国期の菅原家
 二 主要人物伝(東坊城秀長・東坊城長遠・五条為清・唐橋在豊・東坊城益長・高辻継長・五条為学・高辻長雅)
 三 十五世紀中葉の願文制作と儒家
 四 京都大学附属図書館所蔵『泰山府君都状』―翻刻と解題―
 五 戦国初期の儒者―高辻章長伝―
Ⅱ東坊城和長の文事
 一 東坊城和長の文筆活動(付・年譜)
 二 戦国初期の紀伝道と口伝・故実
 三 室町後期紀伝儒の祭文故実について
 四 室町後期における勧進帳の本文構成―明応五年醍醐寺勧進帳をめぐって―
Ⅲ 戦国期前後の言談・文事
 一 『看聞日記』における伝聞記事
 二 ものとしての天変―『看聞日記』の一語彙の解釈をめぐって―
 三 中世勧進帳をめぐる一、二の問題(付・中世勧進帳年表)
 四 三条西実隆の勧進帳制作の背景
 五 山科言継と連歌(付・龍門文庫所蔵『発句』翻刻)
 六 【翻刻】東京大学史料編纂所所蔵『山科言継歌集』
 
イメージ 1
 
室町戦国期の公家社会の文筆活動の実態とその背景を文章道の担い手菅原家を中心的に扱うことで明らかにしようとしています。
 
文学的営為のみならず、日々の政務や恒例行事に用いられる文章は単なる事務書類として理解されるべきものではありません。
そこには古来、詩文の形式や四六駢儷体に代表されるようなレトリックが応用されてきたのでした。
それらを作成する素養は同時に文芸活動の素養と共通の基盤の上に立っています。
この点について具体的な活動を見ていくことで公家の文筆活動の意義を明らかにしていくことが本刊行物の課題です。
 
公家の中でも紀伝道、すなわち文章道の中核を担ったのが菅原家でした。
古代律令制の確立以来、菅原家は代々文章博士を輩出してきました。
その後、家が複数に分岐し、家ごとに役割を分担しながら近世まで展開していきます。
朝廷の博士の家として、従来、陰陽道・明経道が解明されてきましたが、しかし一方で紀伝道は相応の評価がされて来ずに今日に至っています。
それは書籍のかたちで知識や思想の体系化を図ってこなかったこと、開放的な講釈活動を行ってこなかったことに主たる要因があるだろうと思います。
そこで本刊行物の内容では、その活動実態を、記録や文書等の収集・分析を通して把握しようとしました。
 
ほとんど店頭売りされない本ですorz
書店HPから購入できます。
またオンライン書店bk1でも入手できます。
学会の出店で見かけたりしたときにでも手にとってやってくださいませ。
 
 
なお、どうでもいいことですが、表紙デザインは前著につづいて著者自身が作りましたw
 
伊藤慎吾著
三弥井書店刊
平成24年2月10日発行
定価:8400円+税
ISBN:978-4-8382-3218-5
平成23年度日本学術振興会科学研究費補助金(研究成果促進費)交付図書
 
***古典的奈良漬***
いろいろ更新しました。

この記事に

開く コメント(4)

来月10日、愛媛大学で開催される研究会のご案内です。
ご関心のある方は是非御出で下さい。
以下、主催者からの案内状を転載します。
(レイアウトは奈良漬が勝手に変えましたw)
 
☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
 
第1回 愛媛古典文学研究会開催のおしらせ
 
 このたび、愛媛古典文学研究会では、『浄瑠璃御前物語』をテーマに、
日本女子大学の福田安典氏、國學院大學非常勤講師の伊藤慎吾氏のお2人を迎え、
下記の要領で第1回目の研究会を開催いたします。
ご関心のおありの方は、よろしくご参加ください。
 

             
日時 : 平成24年3月10日(土)  14時より
場所  : 愛媛大学 法文学部 本館演習室8
     松山市文京町3
         ※会場までのアクセス
        http://www.ehime-u.ac.jp/access/johoku/index.html
 
1.「『浄瑠璃御前物語』の原風景」
日本女子大学教授 福田安典
2.「浄瑠璃御前と侍女冷泉―キャラクターの特質をめぐって―」 
國學院大學非常勤講師 伊藤慎吾
 
       
連絡先:神楽岡幼子(愛媛大学法文学部)kagura★ehime-u.ac.jp
    小助川元太(愛媛大学教育学部)kosukegawa.ganta.me★ehime-u.ac.jp
 ★→@
☆:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::☆
 
「浄瑠璃御前と侍女冷泉」の要旨については、後日、本ブログに掲げます。
 
 
***異類の会・例会案内***
柿帷子と渋団扇〜貧乏神のイメージ(第26回例会)
http://irui.zoku-sei.com/

この記事に

開く コメント(0)

『鳥獣虫魚の文学史』第2巻「鳥の巻」(三弥井書店)が出ました。
イメージ 1
本書は日本の古典文学に見られる自然観を古代から近世に至るまで多面的に見ていくシリーズです。
第1巻「獣の巻」に続いて「鳥の巻」では『風土記』『万葉集』から馬琴の『南総里見八犬伝』『椿説弓張月』までいろいろな作品に出てくる鳥を通して面白い論が展開されています。
 
目次は以下の通りです―――
 
鳥の自由さと不自由さ
『風土記』に描かれた鳥
『万葉集』のひばり
『竹取物語』「燕の子安貝」
『伊勢物語』の都鳥(近藤さやか)
『蜻蛉日記』道綱鷹を放つ(吉野瑞恵)
『源氏物語』「雀の子を犬君が逃がしつる」
『今昔物語集』の「屎鵄」
『平家物語』富士川合戦の水鳥
鶯詠の変遷─夏鶯・冬鶯をめぐって
鷹百首
歌ことば「鴫の羽がき」
能「善知鳥」
『勧学院物語』の社会とキャラクター造形─高貴な雀の物語
『鴉鷺合戦物語』
『諸艶大鑑』の美面鳥
祇園南海「詠孔雀」
賀茂真淵の鷲詠
『絵本見立百化鳥』
『南総里見八犬伝』の大鷲
『椿説弓張月』の鶴
 
以上のように、かなり読み応えがあります。
ちなみに、このうち、やたらと長いタイトルの「『勧学院物語』の社会とキャラクター造形―高貴な雀の物語」は奈良漬が書いた論考ですw
擬人化ネタを展開しています。
 
ということで、宣伝を兼ねて紹介しました♪
 
 
***メディアコンテンツ研究会***
コミティア終了

この記事に

開く コメント(3)

今年の夏コミは昨日、今日と一般参加しました。
いずれも8時半前に開場待ちの列にならび、入場は約10時半。
ここ数日の猛暑ですっかり日に焼けました。
夏コミはまさしくサバイバル。
昨日だけでも熱中症で100人近く倒れたと、スタッフが言っていました。
僕も開場待ちの行列に並んでいる間に、去年よりもヤバいなと思うことがありました。
明日もご参加になる皆さん、ご注意ください。
 
 
さて、奈良漬のサークルは明日3日目に出展します。
本サークルのサイトでも告知しておりますが、ここでも紹介しておきます。
 
【ブース】東2ホール O−59b
【新刊】SUB & MINOR, vol.2
イメージ 1
新刊の内容は以下の通りです。

・ナツキの戦争〜『サマーウォーズ』再論〜
・不遜・不敬・そして下品
   〜『末摘花』に見る神仏・偉人いじり〜
・高橋留美子作品における妖怪像の変遷

【特集 女体化】
・女体化を愛でる
・コラム 駁雑の化する所なり
・よせてあげる身体
・俺の妖怪がこんなに可愛いわけがない
   ―妖怪の女体化にみる〈異形〉の部位―
・「入れ替わる魂」について
・男女入れ替わり映画のこと
・女体化作品・キャラクター解説

・コラム 男色批判者の弁
・コラム 応仁の乱と男色
・情報・評論系資料紹介
 
ではではよろしくお願いします。
 
なお、秘本衆道会さんの委託本も出ております。
あわせてお手にとってくださいませ。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1

『室町戦国期の文芸とその展開』


伊藤慎吾著
平成22年2月10日発行
定価8000円+税
三弥井書店
Amazon.co.jp
ISBN:978-4-8382-3191-1

目次

序論 中近世の狭間の文芸

機(語・謡・雑談
  1 三条西実隆の草子・絵巻読申
  2 戦国期山科家の謡本
  3 近世初期の公家衆と御伽

供_礁樵雹劼悗琉貭流
  1 『七草ひめ』考
  2 『石山物語』考
  3 『住吉の本地』考
  4 『菊の前』考―お伽草子から仮名草子へ―
  5 異本『土蜘蛛』絵巻について
    【翻刻】国立歴史民俗博物館所蔵『土蜘蛛』

掘‘猯紐本の制作
  1 奈良絵本の針目安
  2 奈良絵本の霞―その形式と意義―
  3 雲形と室内装飾―横型奈良絵本における彩色の一傾向について―

検,伽草子の周辺
  1 街談巷説―都鄙のうわさ話―
  2 神仏の〈噂〉―霊験の演出をめぐって―
  3 弁慶地獄破りの舞と道味
    【翻刻】自筆本「弁慶と炎魔王と問答の記」
  4 文之玄昌と『聖蹟図』
  5 語彙学習とお伽草子―『魚類青物合戦状』をめぐって―
    【翻刻】伊藤本『青物魚類合戦』

付録 近世前期お伽草子年表(慶長19年〜元禄16年)

この記事に

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事