ここから本文です
PROGRESSIVE ROCK ADDICT(旧)
新URLはこちら→ http://progressiverock.jp/

書庫全体表示

イメージ 1

ヴァーミリオン・サンズ(Vermilion Sands)のヴォーカリスト蝋山陽子が1991年にリリースした唯一のソロアルバム「SUNNY DAYS」。ヴァーミリオン・サンズの的場ひさしがギターでゲスト参加したりしていますが、作品全体としては、蝋山陽子がボーカル、フルート、キーボード、打ち込みなどのほとんどすべてを担当した私的なアルバム。

ヴァーミリオン・サンズの「ウォーターブルー」と並んで永く私の愛聴盤である本作は、牧歌的ながらどこか郷愁を誘うような「LOVE IS HERE」、イリュージョンを思わせるような哀愁漂う美しい「THE BIRD」など、曲とボーカルが素晴らしい内容です。ヴァーミリオン・サンズの公式サイト内にある「YOKO'S SOLO・COVER BAND PROJECTS 1990 - 1995」によると、「SUNNY DAYS」「THE BIRD」「MISTY BAY」は蝋山陽子がヴァーミリオン・以前に在籍していたバンドで演奏されていたオリジナル、「MORNING WAY」「LOVE IS HERE」はヴァーミリオン・サンズ時代に的場ひさしが作曲しながらヴァーミリオン・サンズの曲としてはレコーディングされなかった曲とのこと。「LOVE IS HERE」(「北本」あたりと雰囲気が近いような?)はもちろんそうですが、「THE BIRD」もヴァーミリオン・サンズにぴったりの曲で、これらの曲がヴァーミリオン・サンズでレコーディングされてれば、と好き勝手なことを思ってしまいます。すごくいいアルバムで大好きな作品なんですが、一般的に高い評価を得にくいのは、バックがカラオケ風で完成度が高いとは言えない点が理由かと。それが残念ではあり、さらに思うのは、今からでもバックだけ再レコーディング・・・なんてできないもんでしょうかねえ。ヴァーミリオン・サンズが海外でも未だに人気が高いことを思うと、出直しすればこっちも名盤の仲間入り間違いなし、のような?

<収録曲>
1.SUNNY DAYS
2.EDOM O'GORDON(トラッド)
3.MORNING WAY
4.LOVE IS HERE
5.THE BLACKSMITH(トラッド)
6.THE BIRD
7.THE DROWNED LOVER(トラッド)
8.MISTY BAY


この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事