憧れの和装花嫁

和装花嫁が好きなみゆきです。

お慶びの日

結婚式の日を『お慶びの日』とも言いますが、果たして花嫁にとって本当の『お慶びの日』なのでしょうか…? 昔の結婚式は親同士が相手を決め女性などは有無を言わさず結婚させられたのが多かったとも言われています。 極端な例では相手に顔を見るのが結婚式当日と言うのもあったようです。相手もわからず結婚式当日生まれて初めて白塗りのお化粧をさせられ、重い鬘をつけられなれない花嫁衣装を着付けられます。女に撮っては操を殿方に奪われる日。お慶びの日ではありませんね。 [ https://fashion.blogmura.com/kimono/ranking.html ]

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。


ブログリンク

更新

凌辱!和装花嫁−男姫みゆき−

荘厳〜華燭の淫典〜【質】初接吻

どの位の時間、花嫁専用車に揺られていただろう。花嫁専用車は滑り込むように停車した。どうやら目的の地に着いたようである。車中、旦那様が背中を支えてくれて...

未登録です


.


みんなの更新記事