RC AIRPLANE and GLIDER WATのブログ

フライトログをメインに書いていきます。たまにバイクネタを。
ニチモ 1/200 伊19 ラジコン化中で、バランス調整中で、ほぼ出来ました。

この後、艤装を行い再調整する予定。


この記事に

開く コメント(2)

バランス微調整用に、バウとスターンに各10gくらいを設置。
残りの58gを20gと38gに分けて、重心が取れるように前後逆の2パターンを設定してみた。

浮上時と水中サスペンド時の姿勢を比較する。

潜行してサスペンドさせるとバウ側に重い錘を設置した方が、重心があっているにもかかわらず
前下がりになることがわかる。
その後浮上させた姿勢がそれぞれ中央の画像で、錘の入れ替えによる姿勢の違いは見られない。
喫水線が高いので違いが出にくいのかもしれないが、こんな結果でした。

イメージ 1


イメージ 2

バウ側20gを少し減らし、スターン側は38gをWTC内に設置してバランスを取ってみる。
重心が少し後ろへ移動し、浮力中心が少し前へ移動することにはなるけれども。

この記事に

開く コメント(0)

2日間乾燥させて電源を入れたところ、特に異常は無いのでバランス調整を開始します。

第一段階として、サスペンドさせるための錘の量を決めること。

100g超から始めて7−8回目に77gでサスペンドさせることが出来ました。

イメージ 1

ネガティブタンク ピストンで浮力コントロールも出来て、上下に自由自在に動かせます。
童友社のUボートをポンプバラストで製作した時もそうでしたがピタッと静止させることは
できないですね。ジワリと上下どちらかに動きます。



とりあえずここまで。

この記事に

開く コメント(2)

ラジコン潜水艦のクラブJMSSのホームページhttp://www.jmss.jp/
の中に集中講座http://www.jmss.jp/kouza1.htm
のページがあり、中ほどに重心位置の決定という項目で重心位置や浮力中心の
調整法が書いてあります。

イメージ 1

今までは浮力のバランスしか考えてなかったのですが、今回は重心と浮力中心を見ながら
調整してみます。

手順は空中で重心を錘で調整した後、水上(水中かも)で浮力体を使ってバランスを取る、
ですが、
自分なりに細かく手順を考えてみる。

錘の量を決めるため、まずは水中でサスペンドする錘の量を見つける。
完成後の運用中にも微調整が必要になるだろうから、WTC外の前後に10gずつ配置。
残りのおもりを4等分くらいにして船体の外側に吊るしながら、重心を合わせる。
重心位置はバラストタンク前後長の中心あたりで。
それからは独自に考えてみましたが、水上と水中で浮力バランスを取るために浮力体を
追加せずに、錘のレバー比を変えることで重心位置を変えずに浮力中心を動かすことが
出来るのかもしれない。
バウの浮力が足りないとなったら、バウ先端に軽い錘を、スターン側は重心の近くに
重い錘を設置して重量と重心は変えず、浮力中心を前に移動させられるのではないか。

試しながら遊んでみよう。

ちなみに夕べ、バッテリーハッチのナットを締め忘れたまま水槽に入れてバウの空気室が
水没したので乾燥中です^^
ネガティブタンクピストンのサーボが壊れてなきゃいいが。

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

モーターとアンプ(ESC)の相性が悪く、低速回転が出来ない。
ゆっくりプロポのスティックを上げても、回り始めがすでに全開に近い。
微速前進ができなきゃスケールモデルじゃない、おもしろくない。

定格4Vのモーターに2セルリポなのでアンプのせいとは言えないが、低速では出力電圧が
低いはずなのにそれでもこのモーターには制御範囲が高すぎるのか。
2個のモーターは並列接続なので電流は半分。
抵抗を直列に入れることで、モーターに掛かる電圧をさげて、低回転を改善できるか実験してみました。

どれくらいの抵抗が良いのか分からないので、下の方から5種類購入して実験してみた。

イメージ 1

最初、0.5Ωを入れたが、全く変化がないようでした。
次に5Ωを入れたつもりが実は15Ωだったのですが、これがまた実にスムーズ。
微速前進なら、スケールスピードで可能な感じです。
これでいいかと思ったが、よく見たら15Ωの抵抗だったので5Ωと10Ωも試してみることに。
5Ωはまだ回り始めの回転が速いが、10Ωならまずまずスムーズで実用的か。
余計に電力を熱に変えるのもなんなので、10Ωを採用。
セメント抵抗ですがスーパーXで防水処理をしてモーターと並べて水冷にします。

イメージ 2




これで機能的には完成したので、とりあえずまたWTCを弾性エポキシで接合する。
まだバランスウエイトは入れていません。
外装は司令塔を接着した程度ですが、重量測定。バッテリー込みで337gでした。

イメージ 3


イメージ 4

あとはバランス調整です。

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事