RC AIRPLANE and GLIDER WATのブログ

フライトログをメインに書いていきます。たまにバイクネタを。
ニチモ 伊19のWTC製作中。
下側FRPが硬化したので張り合わせ部の整形とメカのレイアウトを考える。

中央部をバラストタンクとする。
バラストタンクに接続するシリンジのピストンとサーボをバウの区画に設置。
スターンの区画の後端に縦舵横舵のサーボを設置。
アンプx2、受信機、バッテリーもスターンの区画に入れるか。

イメージ 1

前後のバランスは錘と浮力体で取れるんじゃないかな。
バラストタンクの容量はどうするか。
考えてみます。といっても案はないので、作ってみてダメなら切った貼ったでバランス取りを
していくことになるんでしょうけど^^

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

ニチモ 伊19 WTC製作中

一般的にはRC潜水艦のWTCはアクリルパイプで作られているようですが、大戦時の潜水艦は細長くて
前後共先細り、しかも断面が船なのに小スケールと帰ては、細いパイプしか搭載できず。
なので、FRPでハル内側に沿ったケースを作ることにします。

上部ハルの天井部分には5个侶箚屬魍けて、水と空気が入れ替わるスペースを作ってみる。
WTCに十分な浮力が出来れば、浮上した時に喫水線を下げることが出来るのではないかと予想。
浮力が足りなければ、浮力体のスペースに出来るし。

上部ハルには5亳スチレンペーパーとバルサパテ、下部ハルには石粉粘土でキールとモーター部を
カバーする。マスキングと、PVA(洗濯のり)を3回重ね塗り。

イメージ 1


イメージ 2

樹脂が足りなかったので下部ハルだけ作業した。今回はサフェージングマット1プライとガラスクロス
4プライでやってみた。

イメージ 3

硬化中

この記事に

開く コメント(0)

呂500の推進モーターは4丱癲璽拭爾鮖箸い泙靴燭、伊19は同スケールながら約1.5倍の
大きさがあるので6丱癲璽拭爾砲靴討澆泙后
モーター交換時に角度調整を不要にする目的で、マウントとして内径6个離僖ぅ廚鮴瀉屐

イメージ 1


イメージ 2


イメージ 3

とりあえずここまで。

この記事に

開く コメント(0)

6/26の記事の後、7月後半にまた2-3日温箱に入れて更に矯正した。
この夏の強烈な暑さで温箱の中は最高73度まで確認。
合わせ面は全周かなりきれいになったのですが、やる気の問題でその後、2か月以上放置することに。
ただしその間、再変形することもなく。

今回はFRPでWTCを作るつもりです。
ハルの内側の突起物ははルーターで削り落とし

イメージ 2


イメージ 3

マグネットを4か所仕込むところまで。当初8か所にするつもりでしたが、磁力が強いので4か所に減らしても可かと。

イメージ 4


イメージ 5


イメージ 6


イメージ 1

この記事に

開く コメント(2)

月とリング

今夜は中秋の名月
うっすらリングが掛かっていたので撮影してみた

イメージ 1

ついでに拡大

イメージ 2

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事