ここから本文です
ワンダーフォーゲルの山紀行
18才から50年山を歩いています。全国あちこちの名峰や関西の山を四季歩いています。スキーも大好きです。

書庫全体表示

徳本峠

 気をもたせました。大チョンボというのはアイゼンを忘れたわけでもなく、歩くのを忘れたのでもなく、ルートの間違いでした。とても考えられないような間違いです。下の軌跡図で説明しましょう。
 
イメージ 1
 
 上(北)が梓川・明神方面です。徳本峠へは黒沢をまっすぐ南へ詰めていけばいいのですが、何故か左の谷に入り込んでしまいました。
 
イメージ 2
 
下山後撮った写真ですが、ここが明神から入ってきた幅広の道の終点です。あとで知ったことですが、左に見えている車は徳本峠小屋のボッカ用の車です。
 
イメージ 4
 
 幅広道の終点の横を流れている沢を黒沢と思い込み、ここを登って行ってしまいました。10年ほど前峠へ夏道を歩いたことがあり、明るい谷を詰めたという印象があって何となくまっすぐ行ってしまいました。正解は幅広道の終点から右にこの沢に架かる木橋を渡らなければなりません。それにしても踏み跡がないなあと思いましたが、「雪解けで踏み跡が薄れてしまったのだろう、こんなものか」と思い込んでいました。何でも思い込むことほど怖いことはありません。
 
イメージ 5
 
 最初の堰堤を越えると谷は雪面になってきます。
 
イメージ 6
 
 イメージ 7
 
 このあたりはまだおとなしいですが、この先で2番目の堰堤を高巻きます。一人の踏み跡があり40度前後の崩れやすい雪面をよじ登りました。前回きたときはこんな高巻きはなかった、おかしいとは思いながら高巻きます。小滝も見えているのでトラバース。谷がおとなしくなってきたので谷に降りましたが、崩れた沢の枝沢源頭の通過は滑落の危険があるのでザイルを出しました。ここでGPSを取り出しルートが外れていることに気がつきましたが、この先の谷はおとなしそうだし、時間の余裕もあるのでこのまま谷を詰めて稜線をめざすことにしました。
 
イメージ 8
 
 谷はおとなしくなりましたが、急峻になってきました。
 
イメージ 9
 
 谷が狭まり35度前後。雪の下は沢水が流れている音がします。しかし踏み抜くことはないのでアイゼンを利かせピッケルを突き刺し、横に引く力で引っ張り上げどんどん登っていきます。
 
イメージ 10
 
 小滝が現れ、源流の様相を見せてきたので、谷を離れて山腹に取り付きます。なかなか急峻です。時々踏み抜きます。融けた水が氷結し滑りやすいです。
 
イメージ 3
 
ちょっと傾斜が緩み稜線が近づいてきたようです。容量が一杯になりました(続く)。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

  • ワンゲルさんでもこんなことってあるんですか!
    思い込みって怖いですね。
    でも、ちゃんとフォローできる所が熟練者の凄いところですね。

    私みたいなものがルートをはずれるとパニクッてしまうので、最近、私はGPSを何度も見てルートの確認をするようにしています。

    ヨー君

    2011/5/7(土) 午前 0:36

    返信する
  • 顔アイコン

    なんども記事を読んで理解できました。間違いを
    私も思い込みでこう言うことをなんどもやってますね〜(T-T)
    どんまいどんまい!
    新しいルート発見ですね♪

    POT

    2011/5/7(土) 午前 6:01

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます
    地図でも入る場所見誤ったことがあります。
    地形図と合わないのだがと思いながら隣の尾根登っていました。
    次回登り直しになりました。

    [ 御池池守 ]

    2011/5/7(土) 午前 6:04

    返信する
  • 顔アイコン

    ヨー君。おはようございます。急峻でしたがさほど悪場はありません。ザイルを2回出した程度です。相方は大分心配したようです。何とか見通しを説明して歩いてもらいました。

    [ ワンダーフォーゲル ]

    2011/5/7(土) 午前 6:15

    返信する
  • 顔アイコン

    ポット様。時間的余裕があったので間違いに気付いてからも行けるところまで行こうと引き返すことは考えませんでしたね。残雪がそこそこ谷を埋めていたから登れたのでしょう。

    [ ワンダーフォーゲル ]

    2011/5/7(土) 午前 6:20

    返信する
  • 顔アイコン

    御池池守様。実は取り付きからルートを外してしまうということは台高山系の白髭岳でも経験しています。このときもブッシュこぎをして稜線に出てからルートに合わせることができました。誤ったと気づいた時にどういう判断をするかが大切です。慌てずパニクらないことですね。

    [ ワンダーフォーゲル ]

    2011/5/7(土) 午前 6:28

    返信する
  • おはようございます。大ハプニングと聞いて何事かと
    心配しておりました。ルートを間違えてしまったんですね。
    でも焦らず対処できたみたいですね。

    myself12345

    2011/5/7(土) 午前 9:26

    返信する
  • 顔アイコン

    にょきりん様。間違えたときにパニックに陥ってはダメですね。相方は大分参ったようですが、私は落ち着いて行動できました。やはりGPSのおかげです。

    [ ワンダーフォーゲル ]

    2011/5/7(土) 午後 5:06

    返信する
  • 顔アイコン

    徳本峠においでいただきありがとうございました。
    大変ご苦労様でした。
    すてきな写真やたのしいコメントを拝見させていただきました。
    よろしければ徳本峠小屋のホームページにリンクさせていただけませんでしょうか。
    (「峠の仲間」というコラム)
    拝見させていただいたブログをスタッフ一同励みにさせていただきます。
    また霞沢の挑戦のときにお目にかかれることを楽しみにしております。
    徳本峠小屋 支配人 岩本 削除

    [ 徳本峠岩本 ]

    2011/8/15(月) 午前 7:52

    返信する
  • 顔アイコン

    徳本峠岩本様。リンク了解です。私の失敗が何らかの参考になれば幸いです。

    [ ワンダーフォーゲル ]

    2011/8/17(水) 午後 11:00

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事