渡り鳥

ケロウナの渡り鳥が宮崎の渡り鳥として復活しました!

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

一夜明けたカルガリーは曇っていた。
ここのホテルは朝食(バイキング)が付いているので、ホテルのレストランへ。
かなり混んでいたのか、ウェイトレスが少ないのか、サービスが悪い。
料理も期待はしていなかったが、注文したトーストも食べ終わるころにやってくる始末で、しかも、焦げ付いている。
オレンジジュースも空っぽのままだ。
まあ、予想通りと言えばそうなのだが・・・

さて、食事を切り上げ、気を取り直して本日の予定を伝える。
「今日は、恐竜を見に行きます!」
と言うことで、恐竜の街「ドラムヘラー」へ向けて出発。

この「ドラムヘラー」と言う街は、昔、炭坑のあった街で、近くの山の中から恐竜の骨が発見されてから「恐竜の街」と呼ばれるようになったらしい。
さらに、この町に恐竜博物館が出来てからは、太古に思いをはせる人々が後を絶たない。

カルガリーの町を出て、ひたすらに平らで真っ直ぐの道を走ること約2時間弱。
ドラムヘラーの街の手前にある「ホースシュー・キャニオン」に到着。
ここは「カナダのグランドキャニオン」とか「小さなグランドキャニオン」とも呼ばれているらしい。
平らな大地に忽然と、まるで地面が割れているかのように、その渓谷が走っている。
深さは50mほどだろうか・・・?

この渓谷は、氷河湖(氷河によって行き場を失った水が溜まって出来た湖)とその水が流れて出来た川の浸食によって出来た渓谷で、1万2千〜1万5千年前に・・・
などの説明が看板にあった。

写真
1   ひたすらに真っ直ぐな道
2、3 ホースシュー・キャニオン
4   看板

閉じる コメント(4)

カナダにも「キャニオン」があるのは知りませんでした。旦那様のお母さんがドラムへラーで生まれたそうです。一度は行ってみたいな。

2006/12/9(土) 午前 3:00 [ hhiihhoo ] 返信する

顔アイコン

何とまっすぐな道…魅力的。。 S2000でぶっ飛ばしてー(^。^)。 削除

2006/12/9(土) 午前 10:54 [ hira-me ] 返信する

顔アイコン

バブルスさん、毎度でーす!私としては、もっと時間をかけてドラムヘラー周辺を回りたかったのですが、カルガリーからの日帰りだったのと、恐竜博物館で時間を取られてしまったので回り切れませんでした。

2006/12/9(土) 午後 5:13 [ wat*ri*or*89* ] 返信する

顔アイコン

hira-me さん、まいど!この真っ直ぐな道、60kmくらい真っ直ぐだったと記憶しています。今だから白状しますが、ついウトウトして船漕ぎながら運転していました。(怖)

2006/12/9(土) 午後 5:16 [ wat*ri*or*89* ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事