1day,1page

ろんぐろんぐたいむはろう

全体表示

[ リスト ]

今回は変態な文体でお送りします。



私は少々議論らしいことができるので、ひょっとして批判されても蛙のツラなヤツと思われてるかもしれませんが、これでも繊細で傷つきやすいのです。無礼千万なコメントやら情緒皆無なトラックバック記事やら悪逆非道なはてブコメントなどよこされた日には、発作的になにをするか、自分でもわかりません。

そら「どんな批判にも毅然と対応します」とドーンと言えたらカッコええけど。想定外ってありますやろ。ふだんできることもようできんくらい滅多なことを想定外ちゅうんやし。そういうとこに落ちたら、みっとものうてもなんでも人間あわあわもがくしかないやん。しかたないやん。落ちた当人は必死ですえ。あんさんとうちが初対面やったらようこころくばりしておくれやす。できひんのはあんさんの咎でうちの落ち度やありまへん。

批判され傷つき通常の判断行動ができなくなった私の姿を醜態と呼びたいなら呼ぶがいい。追い詰められ醜態を晒す人間を嘲笑弾劾する君らの姿はさらに醜い。「批判されたくないならブログなどするな」だの「都合が悪くなったら記事を非公開にして逃げる卑怯な奴」だの「コメントを削除するなど幼稚で恥ずかしい行為だ」だのと、よくそんな反論のしようもない正論を賢人面で平然と公然と言えるものだな。君らには面映いという感覚がないのか。そういう話はせめてコソコソとパスワード付きの非公開スペースにでも行って仲間内で盛り上るくらい場をわきまえろ。完全勝利間近に肩透かしをくってつのった欲求不満を正論吐きと嘲笑とで代償しようとするその歪んだ精神。私の醜さなど比にならぬ醜さだ。見苦しい。
君らのような人間にかぎって「あたしのアドバイスを聞かないと地獄に落ちるよ」とのたまう細木数子風説教流儀をキモイウザイとこきおろすのだろう。君らの流儀となにが違うのか。お節介なうえに押し付けがましく相手から要らぬと拒絶されると呪いを掛けるその厚顔無恥さが。

あぁウザいわ、ほんま。わしは自分に正直にいく。理性が吹っ飛んだら、コメント削除・トラックバック削除・逆キレ罵倒・記事削除でトンズラくらい、平気でやるわい。悪いか、どあほ。
わしの理性が吹っ飛ぶポイント、書いとこか。ええか。







なに、読めないとな?
ははあ、それは御主の心眼が開いておらぬということでござる。
「自分ならばこれこれ」では駄目でござる。拙者は御主ではない。
慰真字根意志予云でござるよ。想像力でござるよ。我が文を読み想い測り慮らば容易きことでござるよ。

この地雷を踏む迂闊者が現れたとき、私がどう化けるか、我ながら見物ですな。ふっふっふ。

* * *

某所にて、「自分の記事へのネガティブな反応(辛辣な指摘・批判・罵倒・嘲笑など)にどう対応するか」というテーマの記事群を読んだ。半年ほど前だ。私のスタンスとは異なる、というより、ある軸において私の信念と対極に位置する記事がいくつかあり、強く印象に残った。

それいらい、政治力も知名度もない【個人の表現物】をことさら批判する行為を、私自身はどう考えるのか、ずっと自問自答している。
すべての批判行為を無意味だと退ける気はない。私自身、批判する側に立つことがある。その有用性を信じているからこそ、【個人の表現物】だと認識したうえで敢えて批判している。ただし、私は自分の批判が退けられたとき、けして相手の拒絶の態度を追批判しない。その点で、前出の記事は私の対極に位置していた。この記事では便宜上、「彼ら」と呼ばせていただく。

この記事は特定の記事への反論ではない。よってトラックバックもしない。これは彼らの記事の背景に流れる「間違いを犯した者・侵した者・冒した者は、どのように批判・追批判・集団批判・無限批判されようとも自業自得である」という峻酷な思想への反論だ。
彼ら自身、この思想を強く支持しているわけではないことを、私は知っている。実際、彼らは批判行為に加担せず傍観していることも多い。行き過ぎた集団批判行為などには嫌味を述べることもある。だが彼らは高みから言う、ネットで発言すれば批判されることは避けられない(確かに避けられない)、批判者には批判する自由がある(確かにある)、批判されるのは当人にそれなりの問題があるからだ(確かにあることがほとんどだ)。彼らは他人を批判して溜飲を下げるような人種ではけしてないのだが、この三つの論理を論理で覆す方法を知らないから、戦わずして長いものに巻かれている。彼らの舌は語りやすい話題を舐めまわすばかりで、なにも斬りはしない。

私は三つの論理を論理で覆す。簡単なことだ。
批判は正当・適切・妥当であってこそ有用なのであり、不当な批判は現実でもネット上でも許されることではない。批判の有用性は、批判者側が「自分の主張の内容と形態」を自己分析して個別に立証することであって、批判対象の非道ぶりや愚かさを盾にして言いつくろうものではない。Web環境や他の批判者の存在を指差して言いわけするものでもない。批判対象をよく観察し、状況をよくかんがみ、どうしても相手に届ける必要があると判断した内容を適切な文章と方法とで発信した、と【自分で】立証すべきことなのだ。
批判に冷静に対応できない、議論に未熟な、議論を望んですらいないブロガーを批判・追批判・集団批判するならば、その行為の正当性は厳しく問われるべきだ。誰によって? もちろん自分自身によってだ。他人は批判できるが自分には問えない者、自分自身にコミットできない者は、峻酷な思想の鎖に繋がれたまま生きてゆけばいい。それもひとつの自由だ。

昨年12月のブログ文化論争いらい、私はたくさんの言及(批判)リンク系ブログを見てきた。しかし彼らのコンテンツの背骨ともいうべきこの問題を真正面から取り上げ、論理的にかつ人の心の機微を汲み上げて深く議論した記事群を、私はついに見なかった(見ている範囲が狭すぎるのかもしれないが、仕方がない)。呼び水となりそうな記事はいくつかあったが、それに対する反応はお決まりの言いつくろい・言いわけパターンに終わるばかりで、言及リンクの輪は発展しなかった。彼らに、このテーマを深く議論する意思と能力と信頼関係は無いのだと、私は知った。

批判行為そのものを自己批判できない批判者達でかたちづくるブログ文化。広がりはある。しかし深さが無い。この栞で、終わりにする。彼らの文化を知るためのブログ巡りは、もうやめる。今後は自分が本当に読みたいものだけを読みに行く。

私はここに一里塚を置く。この記事で傷つく友人がいるかもしれないが、それでも自分のために書いた。
半年以上このテーマを抱き、繰り返し考え、表現できるカタチに至るまで手放さなかった、それだけが私の誠意だ。ただの自己満足だが、あなたに他にさしあげられる言葉はない。ごめんなさい。

この記事につなぎたい記事があるかたは、どのような内容であれトラックバックしていただいてかまわない。過去記事でもかまわない。言及リンクの有無など問わない。関連性の高さも要求しない。どこがどう関連しているかは、私がこちらから読みに行く(そのうえで関連性なしと判断したものは削除する)。


獅子吼不尽。虚空に吼えるのもまた楽しからずや。



※タイトルの意味を知りたいかたはコメント欄で吼えてください。そのほかなんでも吼えてください。

閉じる コメント(13)

自分なりに受け止めました。トラバしましたが言及リンクしていません。削除されるかドキドキです。首を洗って待っています。。。

2006/9/2(土) 午前 7:33 トンコ

顔アイコン

【トンコさん】トラックバックどうも〜(すんません、記事の文体がカタイのでビビらせてしまいましたか?^^;)そちらの記事、拝読しました。冒頭にある三つの制裁の図は、本当に恐ろしいですね・・・現代の日本であのような残虐行為が公然とまかりとおることはまずありません。だが私は、異質なもの・理解できないものを冷徹に排斥しようという心は誰のなかにもあって(もちろん私の内にも)、ネットではそれが特に表に出やすいと思います。「匿名性」がそれを助長するのですが・・・

2006/9/2(土) 午後 4:13 [ わたりとり ]

顔アイコン

【続き】一貫したHNを使い発言の責任を自ら負っているブロガーの批判行為と荒らしとを同列に論じてはならないし、私刑に加担するつもりで批判しているブロガーもいないと私は思っています。はじめは小さな波紋のはずが、いつのまにか制御できない渦となり結果的に誰かを殺してしまう・・・連続している現象ですよね。私達が論じるべきは「誰が悪いか」ではなく、起きかけた渦を素早く修める方法を見つけることだと思います。言論(議論)はそのように使われるべきだ、というのが私の信念よん。とまたカタイ話(笑)

2006/9/2(土) 午後 5:01 [ わたりとり ]

顔アイコン

【内緒さん】おぉ〜某所ではまいどです。再開っすか・・・実は、書く時間と気力の問題というより、キャラがみなさん外へ引っ越しちゃったもんで・・・残ってるのは私だけかもしれません。どないしょ^^;

2006/9/2(土) 午後 10:54 [ わたりとり ]

顔アイコン

わっ、一言メッセージに登場している。

2006/9/7(木) 午後 10:01 chargeup2003

顔アイコン

嬉しいことは素直に表現するのがここの流儀です。トラックバックありがとうござりまするるるるん(←悦びの歌)

2006/9/8(金) 午前 0:23 [ わたりとり ]

顔アイコン

批判への思うところを私も文章にしようと温めているのですが、最近批判する人、なされた批判の形への考察から「批判」(どんな形であれ)を気にかける自分への考察にシフトチェンジしています。いつも最終的にそこに動いてしまうとどんなことも結局評価基準の設定に行き着いてしまうというのが私の思考の穴なのかなぁと漠然と考えました。微笑まず、吼えず、苦悩す、という感じです。1番つまんない(笑)

2006/9/8(金) 午後 1:27 cho*chi*un

顔アイコン

【ちょっちぷんさん】微笑むと吼えるの間に横たわる苦悩・・・よくわかります(笑)私がブログに見出している価値は、認識と創発です。そこに至るための一形態として「相互批判」というスタイルはとても有効かもしれないと私は思った。だからこそ、あちらの文化を観察し続けたのです。本音を言えばね。だが、たいていの批判者は、ただ批判したいだけ、自分の技量より相手の度量ばかり問うのだとわかって、がっかりしたんですよ・・・。まあ、自分本位な失望ですけど・・・微笑んどけばよかったかのう・・・

2006/9/8(金) 午後 5:57 [ わたりとり ]

顔アイコン

【ちょっちぷんさんへ2】ごめん、上のコメント、ちょっちぷんさんの言葉と繋がっているつもりなんですが、私の自分語りに走ってますね。ちょっちぷんさんの仰る「評価基準の設定」の意味は、なんとなくわかります(たぶん)。相手の文章をよく読み、互いの評価基準を近い所において、お互いを映す鏡として「誠実な批判」を用いることは有効ではないかと思った、とこう言いたかったのです。・・・さらにドツボか??(汗)

2006/9/8(金) 午後 9:45 [ わたりとり ]

議論なのか、ディベートなのか、センス自慢のメタゲームなのか……異論が出た時の対処方法がそれぞれ変わってくるのでしょうね。議論(勝ち負けじゃなくフラットな立場で相手の考え方の仕組みを知る)をしているつもりの人とセンス自慢のメタゲームを弄している人がぶつかったときがやっかいかなぁ…と思います。ちなみに、「ディベート」は「メタゲーム」に容易に移行するのでは…何せどっちも「勝ち負け」だから。いや、いずれにしてもわたりとりさんの「怒りの構造」が何か分かったような気がしました…結構オレも似てたりして(?)。

2006/12/31(日) 午前 5:14 ナイジェル

顔アイコン

【ナイジェルさん】異論が出たときの対処の見極めか〜。重要ですね。逆に言えば、異論が出たときの「最初のレスポンス」は、その後のやりとりの方向性を決めかねない、ということか・・・白黒の決を取る「ディベート」を、より大きな議論(テーマ)の一部として組み込むことは有効だと思います(各論者が、そう認識していれば)。しかし議論の最終目標が「勝ち負け」だと。。。ナイジェルさんが仰るとおり、意地の張り合いか見得の張り合いか、どっちかになりやすいですね〜(笑)

2006/12/31(日) 午後 8:45 [ わたりとり ]

顔アイコン

この記事に何かを「つなげてみよう」と思いつつ、やっとというか今更ながらではあるのですが、一つの記事という形になりました。ご一読下されば幸いです。

2007/5/7(月) 午前 1:40 ナイジェル

顔アイコン

【ナイジェルさん】この時期にこの記事に、こんな濃い言及をいただけるとは・・・びっくりしました。ありがとうございます。感想は、そちらへ。

2007/5/7(月) 午前 11:57 [ わたりとり ]

開く トラックバック(3)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事